ニュース

「おまえ次第〜私の奴隷になりなさい・第3章〜」ヒロイン決定(2018.05.14)

今夏公開される「おまえ次第〜私の奴隷になりなさい・第3章〜」(角川配給)のヒロイン・繭子役に、新人の杉山未央が抜擢された。

数々の官能小説を発表してきたサタミシュウによる原作を映画化した「私の奴隷になりなさい」の続編「ご主人様と呼ばせてください〜私の奴隷になりなさい・第2章〜」では、ヒロイン・明乃役に行平あい佳、複数の女性を調教する目黒役に毎熊克哉が決定。「第3章」では、幼い頃から憧れていた女優になるため東京農大を中退した異色の新人・杉山未央が、目黒との出会いで官能に目覚め、ご主人様の奴隷として華開き、精神的に自立していく繭子を演じる。「第2章」に引き続き監督を務める城定秀夫は、杉山について「はじめて会った時から不思議な雰囲気をまとった女性でした。その掴みどころのない魅力は作中の目黒という男が繭子という女に感じたそれだったのだと思います。魔性の女というのは本来彼女のような女性なのかもしれません」とコメント。杉山も「私にとって初の映画作品で、とても大切なものになりました。撮影では体当たりで演じるシーンが多く、初めてのことだらけで不安もあったのですが、スタッフや共演者の皆様のおかげでリラックスでき、楽しく撮影に挑めました」と語っている。脚本は「LAST LOVE/愛人」等の監督でもある石川均、制作は「愛の渦」等の制作プロダクション「ステアウェイ」が担当。今年2月から3月にかけて撮影が行われ、6月初旬の完成を目指し、現在ポストプロダクション中。

(5月10日付 日刊興行通信より)

バックナンバー

ページのトップへ