ニュース

二宮初の時代劇、マゲ姿に嵐メンバーも太鼓判(2010.07.05)

『大奥』(アスミック・エース、松竹配給)のクラックアップ会見が5日、グランドハイアット東京で行われ、主演の二宮和也、柴咲コウほか、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、和久井映見、阿部サダヲ、金子文紀監督らが出席。人気俳優が一同に介したとあり、多くのマスコミが会場をうめつくした。

原作は、白泉社「メロディ」で連載中のよしながふみの同名人気コミック。謎の疫病により男の人口が激減し男女の役割が逆転した大奥を舞台に、一人の女将軍に3000人の美男が仕える世界に渦巻く、野望・悲哀・嫉妬・策略・そして愛といった濃密なドラマを絢爛豪華に描きだす。

これが初の時代劇となる二宮だが、「ジャニーズ事務所が男女逆転大奥みたいなものなので、すんなり入れました」と役作りでは苦労しなかったという。マゲ姿も好評で「周りのみなさんからマゲが似合ってるといわれて。嵐のみんなも“やっぱり似合うね”って言ってくれました。少なくとも相葉くんよりは似合うんじゃないかな(笑)」と自信を見せた。一方、女将軍・吉宗を演じた柴咲は役を演じるにあたり「“吉宗は絶対の人”といわれていたしセリフも強気なので、カメラの前では小さい自分を隠し、余計なことは考えずに突き進んだ」という。また初共演の二宮について「気さくで敷居が低く、やり易かった」と話すと、堀北「自分の気持ちを作るのが難しいシーンでも、二宮さんは優しく待っていてくれて感謝している」、大倉「二宮さんは合間に好きな女の子のタイプを聞いてきたりして和ませてくれた」、玉木「監督と二宮くんがいい雰囲気の現場を作ってくれた」と、皆一同に二宮の心遣いをベタぼめした。

また、映画初出演となる大倉は「撮影初日はいきなり玉木宏さんとの芝居で。テレビで見たことあるな~と思い、テレビを見てるのか本当に一緒にやっているのか分からない感じだった」とクランクイン時の緊張した様子を語ると、和久井は「佐々木蔵之介さんから胸ぐら捕まれて、めちゃめちゃ怒られるシーンで始まってドキドキでした」と話した。しかし、撮影初日を緊迫のシーンからスタートさせた出演者たちは他にも多く、玉木は「蔵之介さんとのラブシーンから撮影が始まったが、そこにリアルさを出そうと、監督に「声はどうしますか?」と聞いたら、「そこはいい」と言われました(笑)」と衝撃の告白。また、「二宮とのキスシーンが初日だった」という中村に対し、感想を聞かれた二宮は「やわらかくて温かかった(笑)。今まで(キス)される側が多かったが、する側ははじめてだったので…。27歳のおじさんですから、若手にグイグイいくのは申し訳ない気持ちで、4,5回やりましたけど謝りたおしてました」と撮影を振り返った。

 一方、もし今自分の性別が逆転したらという問いに、二宮「出産。子供を産むと強くなると聞いたことがあるし」、柴咲「一人旅。危ないところにもいってみたい」と語る中、「美しい男というキャスティングのくくりの中に選ばれたことが光栄」と本作出演を大いに喜ぶ阿部サダヲは、なぜか「バレーボールの浅尾美和になりたい」と回答し、会場を沸かせていた。

公開情報松竹、アスミック・エース配給「大奥」は10月1日(金)全国ロードショー

バックナンバー

ページのトップへ