ニュース

「仮面ライダー オーズ&ダブル」製作会見(2010.09.27)

仮面ライダーWとオーズと並ぶ吉川晃司と山本太郎 仮面ライダーWとオーズと並ぶ吉川晃司と山本太郎

「仮面ライダーW」と、「仮面ライダーオーズ」が巨大な敵仮面ライダーと激闘する「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE」の製作発表記者会見が、9月26日に行われた。

平成仮面ライダー10周年プロジェクト〈秋の陣〉として“次の10年に向けた新たなるシリーズの第1作”をコンセプトに制作された「仮面ライダーW」と、それに続く「仮面ライダーオーズ/000」がタイアップを組み、壮大な〈MOVIE大戦〉を繰り広げる。2010年スタートのテレビドラマ版「仮面ライダーオーズ/000」まで仮面ライダーシリーズ5作を連続でパイロット演出を担当している田崎竜太監督は、本作について、「人と人との出会いのように、仮面ライダー同士を出会わせたらどうなるかというのが『MOVIE大戦』の根幹でした。また、ライダーの中心をえぐった内容なので『CORE=核』とタイトルをつけました。楽しいお正月映画になっています。」と作品への思いを紹介した。

ストーリーにちなんでウエディング姿の2組も一緒に ストーリーにちなんでウエディング姿の2組も一緒に

本作は3つのストーリー構成。
ストーリー1の「W編」には、昨年12月12日公開「仮面ライダー×仮面ライダー ダブル&ディケイドMOVIE大戦2010」に登場したハードボイルドな仮面ライダー「仮面ライダー スカル」を演じた吉川晃司を迎え、スカルの“ビギンズナイト”ともいえる物語が語られる。この過去のストーリーについて、吉川は「ナイショ」といたずらっぽく答えたものの、作品全体については「けっこう面白い展開になっています」と太鼓判を押した。また吉川が演じるもう一方の役どころ、鳴海荘吉の娘・亜希子を演じた山本ひかる(メリッサ(2役)は「吉川晃司さん演じる荘吉さんとの親子の絆、ライダーの絆、また今回結婚するということで夫婦の絆といろんな絆が描かれています」。そして主役の仮面ライダーWは、「二人で一人の仮面ライダー」で、菅田将暉は「ドラマの終盤ではシリアスが多かったので映画ではWらしいコミカルな演技ができてよかったです」、桐山漣は「オーズとWの同時変身も見所です。」と語った。また仮面ライダーアクセルに変身するエリート警視の照井竜を演じた木ノ本嶺浩は、ストーリー中で亜希子と結婚することになっており、「今回結婚と聞いてついにそこまで来たか、と思いました。Wならではのコメディ、シリアスがちりばめられています」と笑顔でコメントした。また荘吉の相棒マツ(松井誠一郎)を演じた山本太郎は、「俳優人生19年でやっとライダーに仲間入りしました。ハリウッドのオファーを蹴ってこの映画に参加しました」と会場の笑いを誘いつつも、相棒という役所について聞かれると、「吉川さんにも温かく迎えられ、息を合わせようと意識せずとも相棒を演じることができました。」としっかり答えていた。

ストーリー2の「オーズ編」では、新しい仮面ライダーが登場するのに加えて、織田信長のミイラが〈ホモンクルス=人造人間〉として蘇るというドラマが描かれる。仮面ライダーオーズに変身する火野映司を演じた渡部秀は、「W、スカルと三大ライダーが共演する見ごたえある作品です」。火野に変身する力を与えた幹部怪人のアンクを演じた三浦涼介は「出演場面は少ないですが、どれだけアンクを出せるか頑張りました」。またアンクが体を乗っ取った泉刑事の妹、泉比奈を演じる高田里穂は「ドラマの撮影と同時進行だったので大変だと思いましたが意外と大丈夫でした」。記憶喪失で倒れていたところを助けられ、映司と一緒に生活することになった青年ノブナガを演じる大口兼悟は「デビュー作の『仮面ライダー555』以来、またライダー作品に携われてうれしいです」。明智光秀の子孫でバレリーナの明智よしのを演じた彩也子は「映画初出演で緊張の連続でしたが頑張りました」とそれぞれコメントした。

そして、ストーリー3の「MOVIE大戦」では、過去の仮面ライダーたちの記憶を利用した恐ろしく巨大なエネルギー体の仮面ライダーが登場。〈仮面ライダーコア〉と名乗る敵ライダーに、オーズとWが挑む。

また会見の始めでは、劇中のストーリーになぞらえて、「W編」に出演する照井竜(仮面ライダーアクセル)役の木ノ本嶺浩と鳴海亜希子役の山本ひかる、「オーズ編」に出演する火野映司(仮面ライダーオーズ)役の渡部秀と泉比奈役の高田里穂のカップルがタキシードとウェディングドレスに身を包み、結婚式の入場曲とともに登場する華やかなパフォーマンスを行った。

公開情報 東映配給「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」は2010年12月18日(土)から全国公開

バックナンバー

ページのトップへ