ニュース

「もう2度とロンを演じられないのは悲しいな」ハリポタ最終章・前編公開直前来日会見(2010.11.18)

両手に花、ハーマイオニーごめんね 両手に花、ハーマイオニーごめんね

約10年にわたり続いてきた人気シリーズの最終章・前編「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」公開目前となる11月18日(木)、ロン・ウィーズリー役のルパート・グリント、ジニー・ウィーズリー役のボニー・ライト、ルーナ・ラブグッド役のイバンナ・リンチが来日し、記者会見に出席した。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」では、世界中から愛されているキャラクターたち全てが物語の完結を迎える重要な展開が盛り込まれていることから、シリーズの多くのファンのために最良の方法が検討され、前後編の2部作として制作された。PART1は、ハリー、ロン、ハーマイオニーに課せられた使命であるヴォルデモード抹殺の鍵を握る“分霊箱”を見つけ出すところから物語が始まるが、闇の力がしっかりと結ばれたはずの3人の絆を引き裂いていく。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」以来6年5ヶ月ぶり2度目の来日となったルパートは「日本は大好きな国の一つになっているよ」と挨拶。「長い時間をかけてロンも僕も成長してきた。今回僕らは制服も着ていないし、ホグワーツも出てこない。大人の感覚で、今までとは違うダークな物語になっているし、ハリーやハーマイオニーとの関係も変わって、嫉妬したり、精神的に追い詰められたり、複雑な部分が大変だった」と撮影を振り返り、「この10年、正に僕の人生は『ハリー・ポッター』だったから、その前の生活は思い出せないくらい大きな意味を持っているよ。もう2度とロンを演じられないと思うと悲しくて、撮影の最終日には空しい気持ちでいっぱいだった」と名残惜しい様子。

ロンの妹役でありハリーの恋人という重要な役を演じてきたボニーは「このシリーズに参加した時は9歳で、何も映画のことがわからず、毎日学んで経験の日々でした。同じ年代の子たちが一緒に成長して、一丸となって作品を作ってきた、そんな現場は他には無いし、素晴らしい思い出。シリーズを担当してきた監督やスタッフからもインスピレーションを受け、多くのことが学べたので、これからの人生にも役立てていきたい」と今後にも前向きな発言。

また、第5章「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の公開オーディションで、1万5000人の応募者の中からルーナ役に選ばれたイバンナは、「大好きな作品の一員として入った時は緊張したけど、みんなが温かく迎えてくれて、自分の名前が映画の最後にクレジットされているのを見て誇らしかった。原作者のJ・K・ローリングにも『ルーナが大好きです』と伝えたら、『あなたならできる』と自信を与えてもらった」と、自身も同シリーズとルーナの大ファンであることを明かした。

最後にルパートは「昨日も空港でファンの子たちが出迎えてくれて、プレゼントや手紙をくれたり、熱意を感じて嬉しかった」と語り、「相撲を見にいってみたいな」と打ち明けたが、来日中はスケジュールがビッシリの模様。公開初日には3人で丸の内ピカデリーでの舞台挨拶を行い、20日(土)には大阪、21日(日)には名古屋でも登壇して最終章の幕開けを盛り上げる予定。なお、PART2の公開は2011年7月15日(金)に決定している。

公開情報 ワーナー・ブラザース配給「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」は2010年11月19日(金)から丸の内ピカデリー他全国公開
公式サイト:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/hp7a/

バックナンバー

ページのトップへ