ニュース

「ツーリスト」プロモーションで来日!ジョニー・デップがお隣さんの日も近い?!(2011.03.03)

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが初共演を果たした「ツーリスト」の来日記者会見が3月3日(木)に行われ、約1年ぶり8度目の来日となるジョニー・デップと監督のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが登壇。今回、来日が叶わなかったアンジェリーナ・ジョリーを彷彿とさせる、日本で“かっこいい女優No.1“にも選ばれたことのある真矢みきが特別ゲストとして登場し、「最初はロマンスから段々ミステリーに入り、途中これってコメディ?と思っていたら、またミステリーになって、最後の大どんでん返しの後は究極のロマンスに辿り着つきました」と作品を語り、華を添えた。

ジョニー・デップは、ヴェネチアへ向かう車中で見知らぬ美女エリーズと出会い、陰謀とロマンスと危険が織り成す罠にはまってゆくアメリカ人観光客フランクを演じており、これまで得意としてきた強烈なキャラクターではなく、ごく普通の一般男性を演じたことについて「フランクはハイパーノーマルな人間だけど、普通の中に潜む奇妙さみたいなものを出せるのではないかと思った」と語り、共演したアンジェリーナ・ジョリーについては「いろんな側面を持った女性で、素晴らしい女優で才能もあり、どんな役でも演じられると思う。地に足が着いていて、ショックを受けてしまうくらい素晴らしい母親だよね。パパラッチに囲まれてもクールに対応して、僕が同じ状況なら何をするかわからないよ」と絶賛。

また、ドナースマルク監督は「この作品は思い描いているものと違う驚きがずっとある映画で、ジョニーとアンジェリーナにも常に驚きを感じていた。よく殺人を犯した人間の隣人が『あの人は普通の人だった』と言うことがあるけど、そういった普通でありながらクレイジーにも成り得る部分を見せてくれたと思う。この映画は娯楽作品だけど、芸術作品を期待する人も驚くような微妙な演技を見せてくれている」と明かした。

「ツーリスト」にちなんで、旅の時にいつも持って行くものは?と聞かれると、ジョニー・デップは「いつも金貨を持っているよ。旅先では何が起こるかわからないからね。じゃないと僕の金歯を取り出さなければならなくなってしまいそうだから」と本気なのか冗談なのか。また、撮影を行ったヴェネチアについては「素晴らしい場所だった。僕が家を買ったという噂があったけど、誰か他の人が買って僕のフリをしていたんじゃない?日本も来る度に素晴らしい人たちと出会え、魅惑的な発見があるので、もし良い物件があったら教えて」と記者陣に語りかけた。(お隣さんがジョニー・デップ一家という日が来るかもしれませんよ。)

前作「善き人のためのソナタ」以来2度目の来日となったドナースマルク監督も「もし続編があれば日本で撮りたいな」と話し、ゲストとして登場した真矢みきには「続編に、ぜひ出演していただきたい」と早くもラブコールを送っていた。

公開情報 ソニー・ピクチャーズ配給「ツーリスト」は3月5日(土)よりTOHOシネマズ日劇他全国公開
公式サイト:http://tourist-movie.jp/

バックナンバー

ページのトップへ