ニュース

4月8日を「ロータスデー」として登録!「手塚治虫のブッダ」公開記念イベント等各種発表(2011.03.07)

東映は、ワーナー・ブラザースと共同配給する「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」(5月28日公開)の公開に併せ、全日本仏教会と花まつりの推進に努めており、釈迦の誕生日である4月8日を“しあわせの日“「ロータスデー」として日本記念日協会に登録し、それに伴う各種イベントの発表記者会見を3月7日に行った。

4月8日は仏教の祖であり、人々を「しあわせ」へ導く釈迦の誕生日(花まつり)として古来より祝われている。また、「ロータス」=「蓮」は、泥の中で美しく咲く姿が仏の叡智や慈悲の象徴とされていることから、この日を「し(4)あわ(8)せを分かち合い、感謝する日」とし、その象徴を「蓮」として「ロータスデー」という名称で認知を広めようと今回の企画が立ち上がった。

主なイベントとしては、ロータスデーを記念した東京タワーの特別ライトアップと点灯式や、「ブッダの素顔展~手塚治虫と四大巨星」と題した無料展示会の実施。また、専用臨時列車で行く成田山新勝寺花まつり体験ツアーなど。その他、伊藤園、はせがわ、禅ドーナツ、エルセーヌがロータスデー応援企業として各種展開を行い、ティ・ジョイ系列のシネコン16劇場では4月8日に「手塚治虫のブッダ」の一斉試写会が実施される。

東映の岡田裕介社長は「何故日本においてブッダの生誕日であり花まつりである4月8日の認知が低いのかと、この日を記念日として広めていこうということで、東映とワーナー、そして日本電波塔とJR東日本という大スポンサーがメインとなってイベントを展開していきます。『ブッダの素顔展』では石坂浩二さん、片岡鶴太郎さん、工藤静香さん、八代亜紀さんという4大スターに仏画を描いていただいており、東京タワーでのオープニング展示後、関西では東映の映画村でも見ていただこうと思っています。4人の方には手塚先生の描かれたブッダとも違うイメージで描いて下さると期待しています」と語った。

「ブッダの素顔展」に参加するアーティストからもコメントが届いており、石坂浩二は「『ブッダの素顔』とは見る人のための言葉で、心がブッダに近づけるような絵、その人のブッダが浮かぶような絵を描きたい」とコメントしている。

公開情報 東映/ワーナー・ブラザース共同配給「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」は5月28日(土)から全国公開
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/

バックナンバー

ページのトップへ