ニュース

東北地方太平洋沖地震への“鎮魂と慈悲”というテーマを掲げ「ブッダの素顔展」開催(2011.03.30)

「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」の公開に併せ、3月31日から4月17日まで東京タワーフットタウン3階のTOWER GALLERY333で開催される「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展―手塚治虫と四大巨星(スター)―」の記者会見が3月30日(水)に行われ、画家としても活躍する片岡鶴太郎、工藤静香、八代亜紀が出席した。絵画展ではこの他、映画のイメージアートを担当した岡野玲子、原作の手塚治虫、そして今回の会見にはスケジュールの都合上出席が叶わなかった石坂浩二による絵画が展示される。

今回の企画は、全日本仏教会と花まつり推進の一環として、4月8日を「ロータスデー」(日本記念日協会公認)というネーミングで、より多くの人に周知を図るため、各企業と様々なイベントを行うというものだったが、東北地方太平洋沖地震の発生とそれに伴う電力需給状況の悪化、被災者への配慮から、東京タワーの特別ライトアップやJR東日本による旅行企画、4月8日に行われる予定だった「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」の全国一斉試写会などが中止となった。そのような状況の中で、「ブッダの素顔展」は“鎮魂と慈悲”という新たなテーマを加え開催されることが決まり、著名人4名の絵画がこの日披露された。

「仏陀」というタイトルで作品を描いた片岡鶴太郎は「東映の岡田社長からブッダの絵を描いてみないかと言われ、大きなテーマだったので、まずブッダを知らなければならないと思い、手塚先生の原作やあらゆる資料を集め、数ヶ月かけて勉強しました。その中で3月11日の震災があり、ブッダを描くことと5月の映画の公開は偶然では無く、ミッションだと思いました」と語った。また、「信念の光」というタイトルで描いた工藤静香は「最初に浮かんだアイデアが、お釈迦様が瞑想している時に嵐が来て、蛇がお釈迦様を守るため傘になったというもので、コブラを一緒に描くことで人を想う気持ちが表わせると思いました。お釈迦様の手は天と地を表わしていて、コブラは地を這う生き物だったので、天を舞うワシも描こうと思いました。そしていつも泡を描いてしまうのですが、それを命として描き入れました」と作品について説明。そして、今回2点作品を描いた八代亜紀は「日本が大変なことになっており、私は歌と大好きな絵を描くことで少しでも被災している方の心の癒しになればいいと思っています。ブッダは無償の愛を与える親であり子供。八代亜紀のブッダを描かなければいけないと思い、これから修行をはじめるブッダの姿にしました」と語った。

片岡と八代は、京都の太秦映画村でも開催される今回の展示会後は、各作品を自らの展覧会で展示し、全国の人々に見て欲しいと話し、工藤は「地震で被災した地方で飾っていただける場所があればと思う。この絵が皆さんの力になれば」と明かした。また急遽、それぞれの絵画のポストカードを作成して開催会場にて販売し、その収益を東北地方太平洋沖地震で被災した人々への義援金として寄付することも決定した。

公開情報 東映/ワーナー・ブラザース共同配給「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」は5月28日(土)から全国公開
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/

バックナンバー

ページのトップへ