ニュース

「フランス映画祭2011」で皆さんに元気を!リュック・ベッソン監督来日(2011.06.23)

今年で19回目を迎える「フランス映画祭2011」の記者会見とオープニングセレモニーが6月23日(木)に有楽町朝日ホールで行われ、今回の映画祭団長であり、オープニング作品「アーサー3(仮題)」の監督でもあるリュック・ベッソン氏が登壇した。昨年までの5年間にわたり開催されていた六本木ヒルズから、今年は有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇(レイトショー)に会場を移行。毎年、フランス映画界から監督や俳優陣が来日し、気軽にサインに応じる姿などが見られる人気の映画祭だ。

今年は東日本大震災の影響もあり、映画界も海外からのゲストが激減しているが、会見に出席したレジーヌ・アッチョンド ユニフランス代表は「こういう時だからこそ映画を楽しんで欲しい。今年は思い切り笑っていただこうとコメディ作品を数多く用意しました」とアピール。リュック・ベッソン監督も「30年来付き合いがある日本の人々に対し、変わらない友情と気持ちを表そうと思い来日しました。苦しい時や厳しい時にこそ、真の友人が誰なのかわかるという格言もある。私たちは大した支援が出来ないが、フランス映画祭で少しでも皆さんに喜んでもらえたらと思う」と語った。

また、今回の震災について「日本の人々は素晴らしい落ち着きと威厳のある姿で世界の人々に感銘を与えた。フランスで同じことが起これば、世紀のパニックとなっただろう。みんな冷静さを失い、トマトを投げ合っていたんじゃないかと思う。教訓を与えてくれてありがとう」と独特のユーモアでコメント。

「実を言うと、フランスの原子力発電もひどい状況なので、事故が起こらなければいいと思っているが、数年以内に起こるのではと危惧している。日本人と同じ冷静な態度を見せられたらと思っている」と話し、「楽しい話に話題を変えよう」と映画祭についても言及。「今回の上映作品は素晴らしい作品ばかり。私が監督した『アーサー3』は、12歳以上の人たちは見てはいけない作品だが、大人が観ても楽しい作品なので、子供たちに許可を得て入場して欲しい」とフレンチ・ジョークを飛ばした。

また、「『アーサー3』もエコロジーが大切なテーマとなっており、これから私たちの地球を引き継ぐ子供たちに、正しいメッセージを残すのは大切なことだと思う。子供にいくら地球の大切さを諭そうとしても聞いてもらえないので、言うことをやめて、映画に大切なメッセージを託している。3部作の最後の作品となるが、この10年間をかけて非常に楽しく製作できた。少しでも皆さんが元気の出るような作品を携えて来日できたことを嬉しく思う」と締めくくった。

なお、今回の映画祭では、東日本大震災の支援活動として、公益財団法人CIVIC FORCEを通じて、入場料収益の一部を寄付することも明らかにされている。

公開情報 2011年6月23日(木)から6月26日(日)まで、有楽町朝日ホール(メイン会場)、TOHOシネマズ日劇(レイトショー)で開催
公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2011/

バックナンバー

ページのトップへ