ニュース

都会の真ん中に“もののけ島”登場!「friends もののけ島のナキ」完成報告会見(2011.10.31)

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ等の山崎貴監督が、20年来の盟友・八木竜一監督と共に実写映画のノウハウと最新のCG技術を融合させて完成させた3DCGアニメ「friends もののけ島のナキ」の報告会見が10月31日(月)に行われた。山崎監督が子供の頃から何度も読み返し、映画化を切望していた浜田廣介の童話「泣いた赤おに」をベースに、個性豊かなもののけたちの生活、人間の子供ともののけたちの友情をコミカルに描きつつ、ラストには衝撃と感動の結末が訪れる。この日は、物語の舞台となる“もののけ島”をイメージした毛利庭園に、声優を務めた香取慎吾、山寺宏一、YOU、加藤清史郎、そして山崎監督と八木監督が登壇した。

暴れん坊の赤おに・ナキを演じた香取慎吾は「新しい映画というか、日本の映画もここまで来たな!という感じで、日本の誇りでもあるアニメが3DCGとして新しい時代の一歩を踏み出しました!」とキャラクター同様元気に挨拶。「新しいと言えば、新しい会見の形すぎるな!」と毛利庭園の真ん中に浮かぶ島での会見にやや疑問を感じている様子で、「“もののけ島”と“島の上”つながり。(六本木ヒルズの)ビルが“もののけ岩”ということみたいですが・・・。ここでやる意味あるのでしょうか?」とコメントするも、気を取り直し「とっても楽しい映画になっています。僕はアニメや漫画の実写化に出演する機会が多いのですが、こんなにステキなお話の絵本を、新しくCGアニメとして子供たちに知ってもらえたら嬉しい。知らぬ間に涙腺がホロッと緩んでしまい、友情や人と人との繋がりとかを忘れてしまった人にはピッタリの映画になっています」とアピール。

周りからの人望も厚い青おにのグンジョーを演じた山寺宏一は「普段は自分がどうだったか気になって、客観的に観られないのですが、最後に泣いてしまいました。もし自分が参加していなかったら、こんなに悔しいことはないと思えるくらい凄い映画。僕は宮城県出身で、震災の後、友情の大切さやいろんなことを感じたこの年に、この映画が公開されることが本当に嬉しいです」と挨拶。続いて、ネコのもののけのミッケを演じたYOUは「最初に作業に入った時は、下書きみたいな状態で、あれから3年も経ったんだねなんて、さっきみんなで話してました。絵の迫力や音が素晴らしくて、日本の懐かしい感じもあって、いろんな年代の人に楽しんでいただけるのではないでしょうか」と語った。

そして、山崎監督は「いつかCGアニメに携われたらと思っていました。僕は立ち上げなどを担当させてもらい、基本的には八木監督が現場で指揮を取ってくれて、八木監督の才能が世に出ることを祈っていたので、上手い作品と合わさって嬉しい。世界に対抗できる一級品のアニメができました。山寺さんもおっしゃってたとおり、こんな年だからこそ友情の素晴らしさを見つめ直していただきたい」と語った。

一方の八木監督は「すごく現場は大変でしたけど楽しかった。どんどん映画ができていく様が見られて、キャストさんからのいい声もいただけました。主題歌が『Smile』なので、笑顔でいることの大切さをお客さんに感じてもらえたら嬉しい」と挨拶した。

北米からの上映オファーも来ていることから「アカデミー賞で長編アニメーション賞を狙いますか?」と司会からズバリ質問されると、山崎監督は「いきましょうか!頑張れると思いますよ」と自信をのぞかせ、香取も「その時は僕も山寺さんも行きましょう」と喜んだものの、山寺は「英語で吹き替えられちゃってるかもよ」と返し、香取はガッカリ。

また、この日はハロウィーンということから、もののけやお化けの存在を信じているか質問されると、ナキの子供時代を演じた加藤清史郎が「香取さんと映画で共演した時に、口裂け女の話をされて、『ホテルのドアをトントン叩いて来るよ』と言われて、怖くて眠れませんでした。今でも信じています」と話すと、香取は「言ったことすら覚えてなくて、全部ひっくるめてスミマセン」と謝罪。最後にもう一度気を取り直し、香取は「ホッと心が温まる映画で、もののけたちを通じて人間の絆を感じられる作品です」と締めくくった。

公開情報 東宝配給「friends もののけ島のナキ」は2011年12月17日(土)3D全国公開(2D版同時公開)
公式サイト:http://www.friends-movie.jp/

バックナンバー

ページのトップへ