ニュース

芦田愛菜×ダコタ・ゴヨ、日米奇跡の名子役が揃って登場!!「リアル・スティール」来日会見(2011.11.30)

ハリウッドを代表する大ヒットメーカー、スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが、ヒュー・ジャックマンを主演に迎えて贈る感動のアクション・エンターテインメント「リアル・スティール」の来日会見が30日に行われ、ショーン・レヴィ監督と共に、スピルバーグから「奇跡の子役!」と絶賛された主人公の息子役ダコタ・ゴヨが出席。会見終盤に、日本が誇る人気子役・芦田愛菜が花束ゲストとして登場すると、ダコタ君は「今まで会った女の子の中で一番カワイイ!!」とメロメロの様子だった。

本作は、人間の代わりに高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の世界を舞台に、人生に挫折した元プロボクサーの父と、母を亡くした息子が、旧式ロボット“ATOM(アトム)”との運命の出会いによって、失われた父子の絆やプライドを取り戻していく姿を描く。

メガホンを取ったのは「ナイト・ミュージアム」で世界中を魅了したショーン・レヴィ監督。笑いの中に人生の真実や感動を浮かびあがらせる手腕を誇る彼が、今回、父子の絆を力強く感動的に描き出し新境地を開く。監督は「もちろんスケールの大きさや視覚的スペクタクルにもこだわったが、特にこだわったのはハートや魂の部分。父と子のストーリーが一番重要と毎日自分に言い聞かせ撮影をしていた」という。また、ロボットのシーンにも大変なこだわりがあったようで、実際に大きなロボットを作ってリモコンで操作する撮影とCGとの組み合わせにより創り上げた。「ロボットに関しては、どこがCGでどこが本物か分からないと言ってもらえることが、僕にとって一番嬉しい。ダコタとATOMのシーンは、本物の作ったロボットが演技をしていて、だからこそ臨場感ある真実味のあるシーンを創り出すことができた。実際のシーンはまるで2人の役者による演技のようで、ロボットを作ったことによって魔法が起こったように感じた」と語った。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」など数々の役柄を演じてきたヒュー・ジャックマンが、人間臭い“負け犬”ヒーロー的な父親役に挑戦しているのも本作の見所の一つだが、ヒューをキャスティングした理由について監督は、「誰から見ても元ボクサーと信じられるいい肉体をしているという理由もあるが、スクリーンに登場すると誰もが彼を好きになってしまう。例えダメな役でも、共感でき、ずっと見ていたいと思わせる魅力を持っている。撮影中のヒューは『僕いじわるすぎない?』と心配していたが、タフでいじわるなほど最後に彼が心を入れ替えることが、より効果的に映ると説得した」と撮影を振り返った。

一方、ヒュー演じる主人公と10年ぶりに再会し、反発しながらも次第に絆を深めていく息子・マックス役を熱演したダコタ君は現在12歳。開口一番「コンニチワ~」と日本語で挨拶し、「東京は最高!ディズニーランドやシーにも行けて楽しかった!」と来日の喜びを嬉しそうに語る子供らしい姿が印象的だったが、そんなダコタについて監督は、「オーディションで最終候補の何人かをスピルバーグに見てもらった時、『もっと演技力だけでない、何か特別なものを持った本物がいるはず。応援したくなるような、心を鷲掴みにされるリアル感が欲しい』と言われ、その後ダコタに会った時、まさにスピルバーグが言うとおりの子が見つかったと思ったよ」と絶賛。マックス役抜擢を家族との夕食中に知らされたというダコタは、「嬉しくて嬉しくて、イスから転げ落ちそうになった」と笑顔で明かした。また尊敬する俳優を聞かれると、「共演したヒューは皆がナイスガイと言うが、本当に素晴らしい人でとっても優しかった。彼も尊敬する俳優の1人。他にもジョニー・デップやレオナルド・ディカプリオを尊敬している」と語り、「将来はマーベルコミックや乗馬が好きなので西部劇にも出てみたい」と、今後の目標を嬉しそうに話した。

また、本作のテーマである“父子の絆”にちなみ、「プライベートで大切にしている絆はあるか」と問われたダコタ君。ちょっと難しい質問だったからか、考え込んでしまっているダコタ君に対し監督が「今日はここにお母さんが見にきているんだから、お母さんって言わなきゃ!」とツッコまれると、すかさず「家族です!いつも僕のそばにいて支えてくれます!」と照れながら答えた。監督は「現代は技術革新が進み、twitterやfacebookなどが蔓延しているが、それこそまさに、人が他の人と関わりたい、自分の声を伝えたい、聞いて欲しいという欲求の表れなのではないか。まさに今こそ絆を描く時代だと思う」と熱い思いを語った。

会見には、実際に撮影でも使われたロボット“ATOM”が登場し、会場を盛り上げた。

公開情報 ディズニー配給「リアル・スティール」は12月9日(金)から全国公開
公式サイト:http://disney-studio.jp/movies/realsteel/

バックナンバー

ページのトップへ