ニュース

「八日目の蝉」「最後の忠臣蔵」が最多11部門「第35回日本アカデミー賞」優秀賞発表(2012.01.16)

日本アカデミー賞協会は「第35回日本アカデミー賞」正賞15部門の各優秀賞の他、新人俳優賞、会長特別賞などを1月16日(月)に発表。選考対象は、2010年11月28日から2011年12月10日までに東京地区の商業映画劇場で2週間以上継続して公開された有料映画で、作品賞には「八日目の蝉」(11部門12受賞)、「最後の忠臣蔵」(11部門受賞)、「ステキな金縛り」(10部門受賞)、「大鹿村騒動記」(8部門受賞)、「探偵はBARにいる」(7部門受賞)が決まった。なお、授賞式司会は関根勤と、昨年「悪人」で最優秀主演女優賞を受賞した深津絵里が務める。

本年度から日本アカデミー賞協会会長に就任した東映(株)代表取締役社長の岡田裕介氏は「昨年は大きな震災の中で映画界も苦難の道を歩んできましたが、粒揃いの作品が揃ったかと思っています。第一次選考では、68%の会員が投票してくださり、60%を超えたのは初のことで、関心が高まっていることが伺え、授賞式も盛り上がると思います」と挨拶。

3年連続で司会を務める関根勤は「おめでたい席なので、なるべく楽しい雰囲気を出したいと思っています。一昨年、昨年と少しずつ楽しい方向に取り組んできたので、今年は3年目ですので結果を出したいです。見て下さっている方々に『あぁ、楽しかったな』と思われるようにしたい」と授賞式に向けて抱負を語り、人生初の司会を務める深津絵里は「昨年は『悪人』での受賞で沢山の方々からお祝いの言葉をいただいたと共に、『来年の司会は大丈夫ですか?』と心配の声をいただきました。上手にこなすことは出来ないかもしれませんが、関根さんの足を引っ張らないよう、ステキで和やかな授賞式に出来るよう、精一杯頑張ります」と意気込んだ。

授賞式は本年3月2日に開催される。当日は日本テレビ系列28局で21時からテレビ放送され、ラジオではニッポン放送で22時から放送される予定。

【作品賞】「大鹿村騒動記」、「最後の忠臣蔵」、「ステキな金縛り」、「探偵はBARにいる」、「八日目の蝉」

【アニメーション作品賞】「映画 けいおん!」、「コクリコ坂から」、「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」、「豆富小僧」、「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」

【監督賞】阪本順治「大鹿村騒動記」、新藤兼人「一枚のハガキ」、杉田成道「最後の忠臣蔵」、成島出「八日目の蝉」、三谷幸喜「ステキな金縛り」

【主演男優賞】大泉洋「探偵はBARにいる」、堺雅人「武士の家計簿」、原田芳雄「大鹿村騒動記」、三浦友和「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」、役所広司「最後の忠臣蔵」

【主演女優賞】井上真央「八日目の蝉」、長澤まさみ「モテキ」、中谷美紀「阪急電車 片道15分の奇跡」、深津絵里「ステキな金縛り」、宮崎あおい「ツレがうつになりまして。」

公開情報 公式サイト:http://www.japan-academy-prize.jp/

バックナンバー

ページのトップへ