ニュース

EXILE・AKIRA、徳井、又吉、ジャルジャルの主演作ほか、世界各国のヒット作が揃う!第4回沖縄国際映画祭プログラム発表会見(2012.02.21)

今年で4回目を迎える沖縄国際映画祭のプログラム発表会見が2月21日に行われ、EXILEのAKIRAをはじめ、チュートリアル・徳井義実、ピース・又吉直樹、ジャルジャル、平成ノブシコブシ、木村祐一、スリムクラブらが出席。司会を務めた藤井隆の不自然すぎる丁寧な語り口に、「藤井さん、そんなしゃべり方でしたっけ?」(又吉)、「そのNHKっぽい感じ、なんなんですか?」(徳井)、「キャラ作りこみすぎですよ!やめてもらっていいですか(笑)」(ジャルジャル)と、後輩芸人らが次々にツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

沖縄国際映画祭は「Laugh&Peace(笑いと平和)」をコンセプトに2009年に誕生。吉本興業の協賛の下、同社所属のタレントが監督・出演する作品が多数出品され、開催中は国内外から多数のゲストが現地を訪れ、年々大きな盛り上がりを見せている。今年は、海人(うみんちゅ)賞グランプリを競う「Laugh部門」、「Peace部門」にそれぞれ13作品、計26作品がエントリー。「Laugh部門」には、ジャルジャル、又吉、山口智充ら芸人たちの主演作や、全米大ヒット作「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」、アジア各国のヒット作などが出品。「Peace部門」には、AKIRA、徳井の主演作をはじめ、アニメ「ももへの手紙」、中村義洋監督作「ポテチ」、そして本年度アカデミー賞10部門ノミネートの「アーティスト」など、どちらも世界各国選りすぐりの作品が集まった。また、特別上映作品では「ドキュメンタリー部門」の新設や、世界最大の移動式スクリーンによる屋外上映など新たな試みを実施。昨年急逝した坂上二郎、原田芳雄、森田芳光監督の特集上映も行われる。さらに、初の女性向けイベント『“ちゅらイイ”GIRLS UP!ステージ』が新たにスタートし、土屋アンナら人気モデルやタレントを招いたファッションショーなどが開催される。

登場するなり、その日一番のフラッシュを浴びたEXILEのAKIRAは、主演作『ワーキング・ホリデー』で突然現われた息子と暮らすことになる元ヤンキーでホスト役を演じたが、「父親役は初めてで、子役の子と共に現場でとにかく絆を深め、作品の中で一緒に生きていきました。撮影で使われたホストクラブが偶然にも、以前グループに入る前に行ったことのあるお店だったので、コールにすんなりと入りこめました(笑)」と明かした。『莫逆家族 バクギャクファミーリア』主演のチュートリアル・徳井は、肉体を改造し、頭を黄金色に染め上げて暴走族の元総長役に挑んだが、「メインの格闘シーンで2月に丸々3日びしょ濡れだったことがあって、芸人の仕事もキツイことが多いですが、体力的に今までで一番辛かった」と撮影を振り返った。『タバコイ ~タバコで始まる恋物語~』で主演を務めたピース・又吉は、普段吸わないタバコを吸いながらの撮影を「のどの薬で何とか乗り切りましたが、最初はちょっとむせました」と話すと、藤井が「どんな感じでむせましたか?」と無茶ぶり。とまどいながらも、むせてみる又吉を完全に無視する藤井に会場は大爆笑となった。『営業100万回』で二度目の映画主演となったジャルジャルは「今回僕ら役ということで、役作りも特にすることなく、自分たちのままでお芝居させてもらっています!自然な演技は逆に難しかったですが、台本にないことも言える良さもありました」と話すと、藤井から「やはりコントで鍛えられた感性と、バラエティで活躍するアドリブ性で映画にぶつかったということでしょうか」と真面目すぎるコメント返し。「いつもの藤井さんじゃない!」と又吉に続きかなりとまどった様子だった。

続いて、毎年参加している木村祐一と平成ノブシコブシが登場。平成ノブシコブシの吉村が「毎年賑わっていて、『吉村、今年も来てくれたのか!』というエールもあり...嘘つきました(笑)」とテンション高めに話す一方、相方の徳井は「去年、呼ばれなかったんですよ」とまさかの事実を悲しそうに明かした。ビーチステージイベントに出演する‘かりゆし58’とスリムクラブは共に沖縄県出身。‘かりゆし58’の前川真悟は「沖縄の海と空に囲まれて歌が歌えて、それを沢山の人が囲んでくれるのは幸せの一言に尽きる!新曲はこの映画祭を受けての曲で、自由なイメージや素晴らしい作品を作りたいという映画の情熱やピュアな思いが、国境を越えて自分の故郷に来てくれる喜びを歌にしました」と熱いコメント。スリムクラブも「沖縄の方は賑やかが好きなので、毎年ものすごく盛り上がるんです!親族が多いので、どんなにスベってもやりやすいし心強い」と、それぞれ地元愛にあふれたコメントを披露した。

公開情報 第4回沖縄国際映画祭は3月24日(土)から31日(土)まで、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターをメイン会場に開催
公式サイト:http://www.oimf.jp/

バックナンバー

ページのトップへ