ニュース

小栗「もう一度自分たちの国を考えるきっかけになれば」 『グスコーブドリの伝記』完成報告会見(2012.04.04)

宮沢賢治の原作を、1985年公開の名作アニメ『銀河鉄道の夜』のチームが再集結しアニメ映画化した「グスコーブドリの伝記」の完成報告会見が4月4日(水)に行われ、声優キャストの小栗旬、忽那汐里、柄本明と、杉井ギサブロー監督が出席。この日は主題歌に小田和正の『生まれ来る子供たちのために』が決定したことも発表され、小栗は「この映画のために作った曲ではないのに、まさに作品を集約したような歌ですごい!」と、名曲とのコラボレーションに感動の様子だった。

美しいイーハトーヴの森を舞台に、厳しい自然と向き合う主人公ブドリが、自分を生かしてくれた両親や、働くことの大切さを教えてくれた赤ひげ、様々な知識を教えてくれたクーボー博士などとの出会いを通して成長し、突然訪れた天災から故郷と大切な人を守るため、ある決断をする愛と勇気を描いた長編ファンタジーアニメ。

主人公ブドリの声を担当した小栗は「子供の頃に見た『銀河鉄道の夜』の(主人公)ジョバンニの印象が強かったので、オファーが来たときはうれしい反面、大丈夫かなぁという不安もありました」と語るも、「大好きな『タッチ』シリーズの杉井監督とお会いできるのがとにかく嬉しかった。最初怖い方なのかと思っていたんですが、あまりに物腰の柔らかい方でびっくりしました」と杉井監督の素顔を明かした。ブドリの妹・ネリの声を担当した忽那は声優初挑戦。「普段の地声が低いので、監督から最初『とにかく幼く』と言われ不安でしたが、画面と向きあう作業は新鮮で、集中でき楽しかった」と振り返り、出来栄えについては「スクリーンから聞こえてくる自分の声を聞いて恥ずかしかった」と初々しいコメント。一方、本作の鍵を握るクーボー博士役兼ナレーションも担当した柄本は「実は声の仕事というのはあんまりやったことないんですが、監督が作られた世界の中で導かれながらやりました。まぁ、特になにも考えてませんね。なんとなく、雰囲気で」とベテランならではの余裕のコメントで会場を沸かせた。

宮沢賢治作品2作目となる杉井監督は、企画から5年の歳月をかけて本作を製作。「ようやく誕生し、やはり嬉しいですよね。子供が産まれるとこういう感じなのかな。キャスト・スタッフがそれぞれ宮沢賢治の世界を自分の中に取り込んで参加してくれて、世界を広げてもらったという思いが強いです。全キャストみなさん声がぴったりで、それぞれがアニメのキャラクターを一人前にしてくれて、人の声の力、言霊を感じました。私は‘スタート’と‘OK’を言っただけで何もしてません。」と声優陣を絶賛。また、「昭和初期に込めた宮沢賢治の想いは、今の時代に価値がある。せっかくこの時代に彼の作品を映画化するので、丁寧に作り上げることで、世界中の人に見てもらえる映画にしたい」と、公開までにさらにグレードアップさせることを明かした。それを受け小栗も「すごくメッセージ性があって、監督がずっと思い描いてきたものが、映画館の中で広大な世界感となって広がっていく作品。宮沢賢治の世界も含め、日本人らしさが詰まっているので、この作品を観て、もう一度自分たちの国を考えるきっかけになれば」と作品をアピールした。

公開情報 WB配給「グスコーブドリの伝記」は2012年7月7日(土)丸の内ピカデリー他全国公開
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/budori/

バックナンバー

ページのトップへ