ニュース

「G.I.ジョー バック2リベンジ」最強の刺客!イ・ビョンホンが韓国から中継会見(2012.04.25)

2009年夏に全世界で大ヒットを記録したハイパーアクション「G.I.ジョー」の続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」の今夏公開が決定!前作でテロ組織コブラの冷酷な暗殺者“ストームシャドー”を演じ、ハリウッドデビューを果たしたイ・ビョンホンが、4月25日(水)、韓国からの緊急中継会見に出席。今回の会見は当初、韓国のみで行われる予定だったが、「日本でこの作品を待っているファンのためにも、本作にかける熱い思いと新映像を届けたい!」というイ・ビョンホンの希望から中継が実現した。

「G.I.ジョー」は、ハズブロ社による人気アクション・フィギュアから派生したTVアニメを基にした作品で、世界征服を企む悪の組織“コブラ”と世界各国から集められた地上最強の機密部隊“G.I.ジョー”の戦いを描き出している。本作では、“G.I.ジョー”が国を裏切ったとされ、映画開始5分で全滅するという衝撃のスタートを迎える。

生き残った数名のメンバーが助けを求める伝説の初代“G.I.ジョー”こと、司令官ジョー・コルトンを演じるのはブルース・ウィリス。彼との初共演についてイ・ビョンホンは「寡黙で近寄りがたいイメージがあったのですが、とても礼儀正しく、周りへの気遣いから時に冗談を言ったり、自分から話しかけたり。1時間もしないうちに皆と仲良くなっていたので、素敵な人だと思いました」と明かした。また、「ダイ・ハード」シリーズのジョン・マクレーン役のイメージが強いウィリスだが、「オリジナルのG.I.ジョーのメンバーとしてのカリスマ性や見事なアクション、タフさは、ジョン・マクレーンにも負けない素晴らしさだった。彼の活躍はもちろん楽しんでいただけると思う」と太鼓判を押した。

前作でビョンホン演じる“ストームシャドー”は死んだかのように思われたが、今回も因縁のライバルである最強の戦士“スネークアイズ”と再びバトルを繰り広げる。「続編だったので、今回はキャラクターを新しく作っていく必要が無く、やりやすかった。やはりストームシャドーとスネークアイズの対決はG.I.ジョーのファンにとって興奮し、期待しているシーンだと思う。我々にとっても緊張し、時間をかけ、力を込めたシーンになった」と自信をのぞかせ、見どころについては「今回は、よりストームシャドーにフォーカスしているので、どうしてこんなに苦悩し、復讐に燃えているのかが描かれています。彼の内面の葛藤や悩みなど、ドラマの部分にも注目して楽しんでもらえたら」とアピール。

また、前作に引き続き日本でキャンペーンが行われる際には来てもらえますか?と質問されると「必ず行きます!」と即答し、「前回はレッドカーペットの前に、シエナ・ミラーが『ビョンホンは日本で凄い人気なんですって!』と来日メンバーに話していて、凄くプレッシャーを感じてしまって。でも実際に会場の90%くらいは僕のファンが来てくれていて、キャストもスタッフも気絶しそうなほど驚いていました」と当時の様子を語った。

最後に日本のファンへ向けて「自分の出演作を面白いと言うのは気恥ずかしい気もしますが、間違いなく前作を上回る面白さに手応えを感じています。必ず来日しますので、期待して待っていてください!」と笑顔で締めくくった。

また、この日は約10分間に及ぶフッテージ上映も行われ、ストームシャドー復活の瞬間や、史上最高峰のヒマラヤでのバトルなど、迫力のアクションシーンが披露された。

公開情報 パラマウント配給「G.I.ジョー バック2リベンジ」は2012年8月10日(金)から丸の内ルーブル他全国で公開
公式サイト:http://www.gi-j.jp/

バックナンバー

ページのトップへ