ニュース

庵野秀明監督が館長を務める「特撮博物館」開催!巨神兵の短編映画も公開(2012.05.10)

7月10日より東京都現代美術館で開催される「館長 庵野秀明 特撮博物館-ミニチュアで見る昭和平成の技-」の記者発表会が5月10日(木)、六本木のニコファーレで行われた。この展覧会では、ミニチュア特撮を心から愛し、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズ等の創作に大きな影響を受けたという庵野秀明監督が館長となり、数々の映画やテレビで使用された貴重なミニチュアやデザイン画など約500点を一堂に集めて展示する。

この日の会見は、ニコニコ動画で生放送され、会場を取り囲む大型モニターにはバーチャル観客8000人がリアルタイムでコメントを発信しながら進められ、忘れさられてはならない技術とその面白さを後世に伝えたいという庵野秀明監督、その強い想いに賛同した副館長の樋口真嗣監督、そしてプロデューサーを務めるスタジオジブリの鈴木敏夫氏が登壇した。

庵野監督が自らディレクションを務めたTVスポットが上映されると「わかる人にはわかるCMです」と自信をのぞかせ、「僕等が子供の頃に見ていた特撮映像をもう一度再発見しようと、その当時使われていたミニチュアを文化遺産として後世に残したいと思いました。ほとんど今はCGになり、それもいいのですが、ミニチュアには切り取った映像の面白さがある」と今回の展覧会開催に当たっての思いを語った。

そもそもどういった経緯で企画されたのかについて鈴木プロデューサーは「2010年に庵野君から『鈴木さんはジブリ美術館を成功させている。俺にも考えがある。特撮の博物館を作りたい』と相談されてね。特撮の技術はこのままだとCGのお蔭で無くなってしまうから、それに係わった人や会社が現存する今、何らかの形にしたいということだったんですよ。ジブリ美術館の隣に土地があるはずだから、そこはどうか?と言われて」と話すと、「いや、それは鈴木さんが『土地がある』と言ったんじゃないですか」と庵野監督とやや記憶のずれが。

気を取り直し鈴木プロデューサーは「(ジブリとしては)現代美術館で毎年、日本テレビさんが中心となって展覧会をやっているので、そこで特撮博物館をやればいいと思ったんです。今どこに何があるのか現状の把握にもなるし、多くの人に楽しんでもらえるのでは」と語ると、庵野監督も「いろんな会社の倉庫を見せてもらい、どこにどのくらいミニチュアが残っているか、その技術を持つ人がどのくらい今も仕事をしているのか、手探りでやってきました。今やらないと、もうできなくなる。今集めるのが最後だという気持ちでした」と明かした。

また、特撮の魅力について聞かれた樋口監督は「一言で言うのは難しい。本物じゃないものを本物に見せるというのは、すごくやり甲斐のあることで、ただの木の板をどうすると本物のビルのように見せられるのか探求できるところ。よくジブリのアニメの背景画は『これだけ描かれているなら実写でもいいんじゃないか?』と言われますが、再構築することで本物より本物らしくなるんだと思う」と実写では描ききれないものがあるという見解。

庵野監督も「現実の中に空想を紛れ込ませられるところが魅力。アニメは全部が絵なので最初から虚構だけれど、特撮は現実の中に異物が紛れているのが面白い。特撮やアニメを見ていなかったら、こういう仕事に至っていなかったと思うし、これで仕事ができて、食べられるのは幸せなこと」と嬉しそう。

会場には1961年の「モスラ」に登場した東京タワーを再現したミニチュアや、1968年の「マイティジャック」に登場するMJ号のミニチュアなどが飾られ、今回の博物館のポスタービジュアルにもなっている“巨神兵”のミニチュアも披露された。これは、企画・庵野秀明、監督・樋口真嗣によるスタジオジブリの最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」として上映される。“巨神兵”といえば、「風の谷のナウシカ」に登場するキャラクターで、この実写化について宮崎駿監督は快諾したということだが、庵野監督は「『ナウシカは出すなよ』と言われました」と明かし、鈴木プロデューサーは「一切、宮さんには見せてないんだけど、後戻りできないところで見せようかなと思ってます」と笑った。

最後に庵野監督は館長として「僕等が子供の頃にみていたものの面白さを可能な限り集めて、良い展示になってきている。実際に見てもらわないとわかってもらえない。この東京タワーも板金の技術で出来ていて、今は失われつつある凄いものを多くの人に見てもらって、『いいな』と思った人には続けていって欲しい。現代美術館で展示するということは美術品ということなので、文化庁からもミニチュアの保存や特撮に対する助成金を回してもらえたら」と大きな野望も明かした。

なお、展覧会では「特撮美術倉庫」や「ミニチュアステージ」など、映画制作現場をイメージした会場を作り、特撮の魅力に迫る。そして短編映画「巨神兵東京に現わる」は、宮崎駿が生み出した“巨神兵”が実写としていかに映像化されるのか、ファンならずとも多くの人にとって期待の映像となることは間違いない。

開催情報 2012年7月10日(火)~2012年10月8日(月・祝)、東京都現代美術館 企画展示室1F、B2F
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

バックナンバー

ページのトップへ