ニュース

阿部寛、主演映画「カラスの親指」の完成披露会見で、村上ショージを一刀両断!(2012.08.16)

直木賞作家・道尾秀介の本格ミステリー初の映画化「カラスの親指」の完成披露会見が8月16日(木)に行われ、主人公のサギを生業とする凸凹コンビ、タケとテツを演じた阿部寛と村上ショージ、原作者の道尾秀介が登壇。村上は阿部に対し「撮影中、『この人むっちゃかっこいいなぁ』『こういう人とコンビ組んだら楽しんだろうなぁ』と思っていました」と明かし、「これからもずっとタケ&テツとして歩んでいきたい」と何度もコンビ結成を懇願するも、阿部は「自信ないです」「お断りします」とあっさりと交わし、劇中同様に息のあったコンビぶりを見せた。

悲しい過去を背負い、サギ師になったタケと、成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師、テツ。そんな2人の元に、ある日3人の若者が転がり込み、5人の奇妙な共同生活が始まる。しかし、タケが過去に起こしたある事件により、負けっぱなし、逃げっぱなしだった5人が人生を賭け、一世一代の大計画を企てる。共演は石原さとみ、能年玲奈、小柳友。

サギ師のタケを演じた阿部は「台本を読んだ時、すごく面白い作品だと思いました。人間の奥深いところまで描かれている原作を、今回伊藤匡史監督という大きな作品は初めての監督が、こだわりにこだわって撮った映画です。5人のユーモラスな共同生活を楽しみにして頂き、また色々などんでん返しや、サギがしかけられている部分もあるので、騙されないように、気の抜けない楽しい作品になっています」とアピール。今年、主演映画が立て続けに公開され、「麒麟の翼 劇場版・新参者」で刑事役を、「テルマエ・ロマエ」でローマ人役を熱演した阿部だが、「テツという役は人間味というか、普通の人間サイズの人が集団の中に入って群像劇を繰り広げている。みんな一生懸命生きている中で、前向きな温かい気持ちが描かれている作品で、現場の雰囲気、力の抜けた感じをそのまま出せて、全体的にこの作品を包む温かさにつながっている。前の2作とはちょっと違うものが出来たなと思っています」と手ごたえを語った。

一方、テツを演じた村上は「原作を読み、こんな大役をいただいていいのか心配でした。自分のセリフも沢山あったので、やり遂げられたこと、参加できたことが今でも信じられない。作品やキャストの凄さに大きなプレッシャーを感じつつも、死ぬまでに代表作ができたのが嬉しい。例え吉本をやめることになっても、この作品があるからいいかというくらい、素晴らしい映画に参加できました」と思いもひとしおの様子。特に阿部に対しては「阿部さんに会えるだけで嬉しかったし、役に入っていく姿を目の当たりにして、とてつもない人だなと感じました。阿部さんが演じたタケは、僕の人生で言えば、‘さんまさん’のような存在。この人がいないと今の自分はいなかったのでは?という関係性を感じた」と役と自身を重ねた。

原作者の道尾は、「撮影現場を訪れた時、セットを見て、間取りから、畳の汚れ具合から、何から何まで僕のイメージどおりで驚きました。小説の中にはそうした描写を一言も書いていないので、イメージを汲み取って作ってくれたんだなぁと思い、絶対いい映画になると感じました」と明かす。また、「映像作品は小説のライバルと思っているので、小説を書く時は映像化できないものという前提で書いていますが、試写を見て、過不足無く映像化されていて、こんなにいい物語を書けていたんだと映画のおかげで改めて実感でき、感謝しています。こんなに声を出して笑って、ボロボロ泣いた映画は久しぶり」と太鼓判を押した。

どんでん返しや、痛快なサギの手口も見所な本作にちなみ、会見のラストには村上ショージへのどっきりを敢行。村上による本作の全国プロモーション行脚の旅が言い渡され、阿部から「僕は忙しいんで代わりにお願いします。テツ一人で行って来てください!」と激励されると、村上は「一番暇な僕が行くしかないです…阿部さんが言うなら!」と、のぼりを手にプロモーションの旅へと出発した。

公開情報 20世紀FOX/ファントム・フィルム配給「カラスの親指」は2012年11月23日(金・祝)全国公開
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/crow/

バックナンバー

ページのトップへ