ニュース

第25回東京国際映画祭が閉幕、「もうひとりの息子」がグランプリ&監督賞をW受賞!(2012.10.29)

第25回東京国際映画祭が10月28日(日)に閉幕し、ロレーヌ・レヴィ監督によるフランス映画「もうひとりの息子」が東京サクラグランプリと最優秀監督賞に輝いた。3本目の長編作品となったレヴィ監督は、この作品でイスラエルとパレスチナ問題を背景にふたつの家族の物語を描いており、クロージングセレモニーで「監督賞と東京サクラグランプリの両方をいただけるなんて、本当に素晴らしい一日となりました。クルーや脚本家の二人にもこの場を借りて感謝します。そしてイスラエルとパレスチナの子供たちにこの映画を捧げます!」と喜びを語った。

映画祭を振り返り、コンペティション部門の国際審査委員長を務めたロジャー・コーマン氏は「どれも素晴らしく、映画の力を示す作品群でした。そのひとつひとつが私たちを楽しませ、私たちに情報を与え、様々なことを学ばせてくれました。それぞれが世界の異なる国、異なる文化背景で綴られたものでしたが、人間性という共通のテーマが描かれていました。たとえ国は違っても、私たちは平等な関係にあるのです。そして素晴らしい人間であることを願うのです」とコメント。また、5年間に亘り映画祭チェアマンを務め、グリーンカーペットをはじめとするエコロジーのコンセプトを映画祭に取り入れてきた依田巽氏は「5年の任期の間、お世話になったエコロジー関係者の皆様に感謝申し上げます。また、ロジャー・コーマンさんを筆頭に、第25回目に相応しい素晴らしい審査委員をお迎えでき、本当に嬉しく思います」と語り、次期の映画祭代表となる(株)角川書店の椎名保氏を紹介した。

セレモニー終了後には審査委員と受賞者による記者会見が行われ、総評としてロジャー・コーマン氏は「1000本もの応募作品の中から、映画祭スタッフがこの15本の作品を選び出し、非常に素晴らしい運営ぶりを見せてもらいました。グランプリは、ここまで満場一致で決断が下されるのかと思うほどで、今まで多くの映画祭に参加してきましたが、こんなにスムーズな映画祭は珍しかった。『もうひとりの息子』は人間の葛藤の中に、明るさや希望があり、ぜひ作品賞にということになりました」と語り、滝田洋二郎氏は「満場一致ではありましたが、それぞれが個人的に好きな作品があったのは事実です。15作品を観ていて、世界中の人たちがそれぞれの問題を抱えていて、それは生活の困窮であったり、愛情の問題であったりと、全体を通して社会的に疲弊していると強く感じました。困難があればあるほど、それを克服しようとする。僕自身も前向きになる映画を作りたいし、映画の力を信じたいと思いました」とコメントした。

日本映画・ある視点部門の作品賞を受賞した「GFP BUNNY-タリウム少女のプログラム-」の土屋豊監督は、会見の席で「タイトルが『タリウム少女の毒殺日記』に変更されました」と明かし、その経緯について「インディー映画を取り巻く状況を改善しようと勉強会を開いているのですが、そこで『GFP』が覚えづらいと言われ、タイトルを変えた方がいいのではということになりました。映画祭での2回目の上映後に観客に決めてもらおうと、2択で挙手してもらって決まりました。皆さんに参加してもらうことで違った配給・宣伝をしていきたいと思っています」と明かし、現在、配給・宣伝にかかる200万円をクラウドファンディングにより集めていることも明かした。

また、「もうひとりの息子」でグランプリと監督賞をW受賞したロレーヌ・レヴィ監督は「今回の受賞は、自分が見せたかったことを、人々と分かち合えたということだと思い、素晴らしいことだと感じています」と語り、昨年度グランプリに輝き、日本でもヒットを記録している「最強のふたり」に続くフランス映画の受賞ということについては「『最強のふたり』ほど成功はできないかとは思いますが、それぞれの映画にはそれぞれの道があり、美しいものだと思います」と持論を述べた。
今年の映画祭の動員数は、劇場動員が3万9786人(上映本数112本、総上映回数278回)、TIFFCOM及び共催/提携企画動員が15万7300人、グリーンカーペット・アリーナ等のイベント動員が約4万8000人と盛況のうちに終了した。コンペティション部門、TOYOTA Earth Grand Prix、並びにアジアの風部門、日本映画・ある視点部門、各賞受賞作は次のとおり。

《コンペティション》
▽東京サクラグランプリ=「もうひとりの息子」(ロレーヌ・レヴィ監督)
▽審査員特別賞=「未熟な犯罪者」(カン・イグァン監督)
▽最優秀監督賞=ロレーヌ・レヴィ監督(「もうひとりの息子」)
▽最優秀女優賞=ネスリハン・アタギュル(「天と地の間のどこか」)
▽最優秀男優賞=ソ・ヨンジュ(「未熟な犯罪者」)
▽最優秀芸術貢献賞=パンカジ・クマール(「セテウスの船」撮影監督)
▽観客賞=「フラッシュバックメモリーズ3D」(松江哲明監督)
《TOYOTA Earth Grand Prix》
▽TOYOTA Earth Grand Prix=「聖者からの食事」(ヴァレリー・ベルトー/フィリップ・ウィチュス監督)
▽審査員特別賞=「ゴミ地球の代償」(キャンディダ・ブラディ監督)
《アジアの風》
▽最優秀アジア映画賞=「沈黙の夜」(レイス・チェリッキ監督)
▽アジア映画賞 スペシャル・メンション=「兵士、その後」(アソカ・ハンダガマ監督)、「老人ホームを飛びだして」(チャン・ヤン監督)、「ブワカウ」(ジュン・ロブレス・ラナ監督)
《日本映画・ある視点》
▽作品賞=「タリウム少女の毒殺日記」(「GFP BUNNY タリウム少女のプログラム」から改題、土屋豊監督)
《TIFF特別感謝賞》
▽TIFF特別感謝賞=レイモンド・チョウ氏

公開情報 公式サイト:http://2012.tiff-jp.net/ja/

バックナンバー

ページのトップへ