ニュース

「フランケンウィニー」ビリビリ感電記者会見で箕輪はるかの髪の毛が!!(2012.12.03)

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」、「アリス・イン・ワンダーランド」など、ユニークでファンタジックな世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで、世界中の映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督の最新作「フランケンウィニー」の来日記者会見が12月3日(月)に行われ、バートン監督とプロデューサーのアリソン・アバッテが登壇。主人公が通う学校をイメージしたセットに登場した監督は「学校はいつも僕を不安にさせるところだったな。あまりいい生徒じゃなかったからね」と笑ってみせた。

本作は、孤独な少年ヴィクターと“禁断の実験”によって甦った愛犬スパーキーとのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こす冒険ファンタジー。バートン監督自身の“少年時代の愛犬との思い出”を背景にしているということから、最も個人的に作りたかった作品だといい、手作り感がぬくもりを生み出すストップモーション・アニメーションを白黒の世界で描き出している。

本作の製作に至った経緯について、数々のストップモーション・アニメを手掛けてきたアバッテプロデューサーは「『コープスブライド』を撮り終えた時に、ティムとエグゼクティブ・プロデューサーのドン・ハーンから『またストップモーション・アニメをやろう!』と言われ、タイミング的にも技術的にも最大限の力で表現出来ると思ったの。ティムの映画はどれも奇妙な世界観を持っているけど、全ての作品の中心にあるのは大きくて温かい心。今回も奇妙なキャラクターたちが出てくるけど、人間らしい繊細さや温かさがある。ストップモーション・アニメは映像作家である彼のそういったビジョンを純粋に表現できるメディアだと思います」と明かした。

キャラクターを1秒間に24コマ動かさなければならないという大変な作業が伴うストップモーション・アニメを選択した理由についてバートン監督は「この作品の本当のヒーローはアニメーターたち。一つのショットに2つ以上のキャラクターが存在することもあるので、本当に大変だったと思う。子供の頃からストップモーション・アニメのようなことはやっていたんだけど、今は技術も発展してアニメが作りやすくなり、コンピューターのプログラムで作ることも可能になっている。でもストップモーション・アニメは芸術媒体として特別で素晴らしく、忍耐力も必要だが、作品を観ればその努力も報われると思う」と語った。

映画の中では主人公ヴィクターが愛犬を生き返らせてしまうが、これについて監督は「これはファンタジー映画だからね。実際に僕が死んだ犬を生き返らせるか?それはNOだよ(笑)。ただ、愛するものとの絆や、精神的な繋がりを伝えたいと思ったんだ」と明かし、「登場するキャラクターたちは、全て実際の人たちを参考にしているんだ。学校にいたフシギちゃんやおかしな先生たち、みんな教室からの思い出によって作りあげたんだ」とコメント。

その後、特別ゲストとして映画に登場する“ニュー・オランダ小学校”の奇妙なクラスメイトにどこか似ているハリセンボンの箕輪はるか、オリエンタルラジオの藤森慎吾、中田敦彦が登場。箕輪は声優としても本作に参加しているが、中田から「はるかさん、エドガーに似せるために前歯が死んじゃって」と言われると、「これ、前から!前から死んでる!」と言って会場を笑わせた。そして監督へのクリスマスプレゼントということで、スパーキーを甦らせる禁断の実験を披露。3人で手を繋いで電気を体に通し、スパーキー・リースを光らせるという体当たりな実験に挑み、見事成功。「ベリー・ストロング・エレクトリカル・ショック!!」と中田が監督に訴えるも、いまいち痛さが伝わっていないのか、監督も苦笑い。最後に静電気発生装置で髪の毛が逆立った箕輪と共に写真撮影に応じた監督は「日本の皆さんにぜひこの作品を楽しんで欲しい」とアピールした。

公開情報 ディズニー配給「フランケンウィニー」は2012年12月15日(土)からディズニーデジタル3D/2D同時公開
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/

バックナンバー

ページのトップへ