今週の映画ランキング10月11日~10月12日

1位NEW(-)ふしぎな岬の物語ふしぎな岬の物語東映 1週目
2位NEW(-)近キョリ恋愛近キョリ恋愛東宝映像事業部 1週目
3位DOWN(1)るろうに剣心 伝説の最期編るろうに剣心 伝説の最期編ワーナー 5週目
4位DOWN(2)蜩ノ記蜩ノ記東宝 2週目
5位NEW(-)映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ東映 1週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

全米映画ランキング10月10日~10月12日

1位STAY(1)ゴーン・ガールFOX 2週目
2位NEW(-)ドラキュラ ZEROユニバーサル 1週目
3位NEW(-)Alexander And The Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Dayディズニー 1週目
4位DOWN(2)Annabelleワーナー 2週目
5位NEW(-)The Judgeワーナー 1週目

ニュースニュース一覧

妻夫木聡、夜な夜な公園で野球の練習!?「バンクーバーの朝日」完成報告会見(2014.10.15)


チーム・バンクーバー朝日!!
第33回バンクーバー国際映画祭にて、最も観客から支持を得た作品に贈られる“観客賞”を受賞した「バンクーバーの朝日」の完成報告会見が10月15日(水)に行われ、主演の妻夫木聡をはじめ、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、石井裕也監督が登壇した。亀梨、石井監督と共に同映画祭に出席した妻夫木は「実際に映画を鑑賞された現地の方達の反応を見て、この物語を受け入れてくれたんだなと思えました。心底この作品をやって良かったなと思ったし、それを通り越して生きていて良かったなと感じる一時でした。」と挨拶した。
  • 宮沢りえが「紙の月」主演で山路ふみ子女優賞を受賞(2014.10.17) new
    11月15日から公開される「紙の月」(松竹配給)主演の宮沢りえが、「第28回山路ふみ子女優賞」を受賞した。(10月16日付 日刊興行通信より)
  • 京都国際映画祭「クリエイターズ・ファクトリー」の作品選定(2014.10.17) new
    10月16日から開催中の「京都国際映画祭」は、「クリエイターズ・ファクトリー」(映像部門)の応募作145作品の中から6作品を選定、10月19日10時から予選上映会と優秀賞発表及び授賞式を大江能楽堂で開催する。(10月16日付 日刊興行通信より)
  • 「第27回東京国際映画祭」日本を代表する“七人の監督”を選出(2014.10.16)
    10月23日から31日まで開催される「第27回東京国際映画祭」は、“SAMURAI(サムライ)”賞を今年新設したことから、第一線で活躍する監督たちを本映画祭から改めて世界に発信していこうと、日本を代表する“七人の監督”を選出、李相日、大友啓史、中島哲也、羽住英一郎、三池崇史、山崎貴、吉田大八の7名が選ばれた。(10月15日付 日刊興行通信より)
  • (左から)高橋監督、篠崎監督、廣木監督、塚本監督「第15回東京フィルメックス」開催、今年のオープニング作品は塚本晋也監督の「野火」(2014.10.15)
    11月22日から30日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される「第15回東京フィルメックス」のラインアップ発表会が10月15日に行われた。オープニング作品には「第71回ヴェネチア国際映画祭」でワールド・プレミア上映された塚本晋也監督の「野火」が決定、塚本監督は「選んで頂いて非常に光栄」と挨拶した。クロージング作品はデヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作「マップ・トゥ・ザ・スターズ」が上映される。
  • 吉永小百合主演「ふしぎな岬の物語」が初登場1位!!山下智久がツンデレ教師を演じる「近キョリ恋愛」は2位にランクイン!(10月11日-10月12日)(2014.10.14)
    吉永小百合が自身初の企画を務めた主演作『ふしぎな岬の物語』(東映)が初登場1位を獲得。全国286スクリーンで公開され、土日2日間で動員15万2311人、興収1億7680万6300円をあげた。
  • 「東京国際ファンタスティック映画祭復活2014」開催決定(2014.10.14)
    (株)ニッポン放送と(株)東急レクリエーションは、新宿ミラノが今年12月31日をもって閉館することに伴い、オールナイトイベント「東京国際ファンタスティック映画祭復活2014」を12月12日に開催する。(10月13日付 日刊興行通信より)
  • 「第1回京都国際映画祭」出品作品と上映スケジュール決定(2014.10.10)
    10月16日から19日までよしもと祇園花月、イオンシネマ京都桂川で開催される「第1回京都国際映画祭」の出品作品と上映スケジュールが決定した。初日にはオープニングセレモニーが祇園甲部歌舞練場で行われ、期間中に上映される作品から国内外の俳優や監督、アート部門に参加するアーティストや作品関係者が出席し、中島貞夫実行委員長による開会宣言や作品紹介、牧野省三賞をはじめとする各賞の授賞式が行われる。また、吉本興業グループで映画に関わる全般の業務を行う新会社「KATSU‐do」による映画「at HOME」のオープニングプレミア上映も決定している。(10月9日付 日刊興行通信より)
  • 羽田空港でショートフィルム上映イベント開催(2014.10.09)
    ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)は、第27回東京国際映画祭との提携企画として、10月の土日祝日限定で羽田空港国際線旅客ターミナル内に新設された「TIAT SKY HALL」でショートフィルム上映イベント「シネマトラベル presented by SSFF&ASIA」を開催している。(10月8日付 日刊興行通信より)
  • TOHOシネマズ、新大分駅ビルに劇場オープン(2014.10.09)
    TOHOシネマズ(株)は、新大分駅ビル「JR おおいたシティ(アミュプラザおおいた)」内に「TOHOシネマズ大分(仮称)」(10スクリーン、約1800席)を2015年春にオープンする。(10月8日付 日刊興行通信より)


ワーグナー



「ふしぎな岬の物語」(C)2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会/「近キョリ恋愛」(C)「近キョリ恋愛」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社/「るろうに剣心 伝説の最期編」(c)和月伸宏/集英社 (c)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会/「蜩ノ記」(C)2014「蜩ノ記」製作委員会/「映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」(c)2014 映画ハピネスチャージプリキュア!製作委員会

ページのトップへ