今週の映画ランキング9月15日~9月16日

1位NEW(-)プーと大人になった僕プーと大人になった僕ディズニー 1週目
2位DOWN(1)MEG ザ・モンスターMEG ザ・モンスターワーナー 2週目
3位NEW(-)ザ・プレデターザ・プレデターFOX 1週目
4位DOWN(2)検察側の罪人検察側の罪人東宝 4週目
5位DOWN(3)銀魂2 掟は破るためにこそある銀魂2 掟は破るためにこそあるワーナー 5週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

全米映画ランキング9月14日~9月16日

1位NEW(-)ザ・プレデターFOX 1週目
2位DOWN(1)死霊館のシスターワーナー 2週目
3位NEW(-)A Simple Favorライオンズゲート 1週目
4位NEW(-)White Boy Rickソニー 1週目
5位DOWN(3)クレイジー・リッチ!ワーナー 5週目

ニュースニュース一覧

『プーと大人になった僕』が初登場1位を獲得!『ザ・プレデター』は3位、『響 −HIBIKI−』は6位に初登場(9月15日-9月16日)(2018.09.18)


今週の映画動員ランキングは、『プーと大人になった僕』(ディズニー)が、土日2日間で動員24万5000人、興収3億3200万円をあげ初登場1位を飾った。初日から9月17日(祝・月)までの4日間累計では、動員44万1000人、興収5億7900万円をあげる好スタートとなった。
  • 中島京子原作「長いお別れ」中野量太監督が映画化(2018.09.21) new
    直木賞作家・中島京子の「長いお別れ」を、「湯を沸かすほどの熱い愛」で日本アカデミー賞主要6部門を含む国内の映画賞計34部門を受賞した中野量太監督が映画化し、アスミック・エース企画・制作・配給により2019年に全国公開されることが決定した。(9月19日付 日刊興行通信より)
  • 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」興収80億円を突破(2018.09.19)
    7月13日から公開中の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(東宝東和配給)は、9月13日までに動員538万9928人、興収80億0151万1700円をあげ、洋画としては昨年公開の「美女と野獣」以来となる80億円突破となり、現時点で本年度洋画ナンバー1となった。(9月17日付 日刊興行通信より)
  • 伊原六花主演で「明治東亰恋伽」映画化決定(2018.09.17)
    2011年に携帯アプリ配信版からスタートし、劇場アニメ化、舞台化もされている明治の偉人たちとの出会いと恋を描いたタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム「明治東亰恋伽」が2019年にドラマ放送&配信され、その後、映画化も決定した。(9月13日付 日刊興行通信より)
  • 「イオンシネマ津南」11月9日グランドオープン(2018.09.14)
    イオンエンターテイメント(株)は、三重県津市に開業するショッピングモール「イオンモール津南」に新しいブランドデザインを採用したシネマコンプレックス「イオンシネマ津南」(9スクリーン、1341席)を11月9日にグランドオープンする。(9月12日付 日刊興行通信より)
  • アニメから飛び出てきたような衣装の声優陣!“本国”にボヤきっぱなしの大泉洋が超ひねくれ者に!「グリンチ」吹替版製作発表会見(2018.09.13)
    「怪盗グルー」シリーズや「ペット」「SING/シング」と次々とヒットアニメーションを世に送り出し、大人気キャラクター“ミニオン”も生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作「グリンチ」の吹替版製作発表会見が9月13日(木)に行われ、大泉洋、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆、宮野真守が登壇。吹替を担当するグリンチそっくりの緑色のスーツで登場した大泉は「こんなにみんな服装をキャラクターに寄せてくるとは!僕なんかグリーンバックに緑の服で透けてるんじゃない?『ひねくれ者がピッタリだよね!』と言われて若干複雑な気持ちですよ」と初っ端からボヤきを炸裂させた。
  • 広瀬すず主演コメディ「一度死んでみた(仮)」製作決定(2018.09.13)
    CMプランナーであり、「ジャッジ!」「犬と私の10の約束」など映画の脚本も手掛ける澤本嘉光によるオリジナル脚本作品「一度死んでみた(仮題)」(松竹配給)の製作が決定し、広瀬すずが初のコメディ映画主演を務め、堤真一、吉沢亮が共演することが明らかとなった。(9月11日付 日刊興行通信より)
  • 「第75回ベネチア国際映画祭」金獅子賞は「ローマ(原題)」(2018.09.12)
    8月29日から開催されていた「第75回ベネチア国際映画祭」が9月8日に閉幕し、「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン監督の最新作で、Netflix制作による「ローマ(原題)」が最高賞にあたる金獅子賞を受賞した。(9月10日付 日刊興行通信より)
  • 『MEG ザ・モンスター』が初登場1位を獲得!『累−かさね−』は9位スタート(9月8日-9月9日)(2018.09.10)
    今週の映画動員ランキングは、『MEG ザ・モンスター』(ワーナー)が、土日2日間で動員18万3000人、興収2億8900万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では動員23万8000人、興収3億7000万円を突破し、好調なスタートを切っている。
  • 「京都国際映画祭2018」で「多十郎殉愛記」ワールドプレミア上映(2018.09.07)
    「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに10月11日から14日まで開催される「京都国際映画祭2018」の開催概要発表会見が9月3日、会場の一つでもあるよしもと祇園花月で行われ、中島貞夫監督の29年ぶりとなる新作「多十郎殉愛記」をクロージング作品としてワールドプレミア上映することが発表された。(9月5日付 日刊興行通信より)





「プーと大人になった僕」(C)2018 Disney Enterprises, Inc./「MEG ザ・モンスター」(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC./「ザ・プレデター」(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved./「検察側の罪人」(C)2018 TOHO/JStorm/「銀魂2 掟は破るためにこそある」(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

ページのトップへ