今週の映画ランキング2月17日~2月18日

1位NEW(-)グレイテスト・ショーマングレイテスト・ショーマンFOX 1週目
2位DOWN(1)今夜、ロマンス劇場で今夜、ロマンス劇場でワーナー 2週目
3位DOWN(2)祈りの幕が下りる時祈りの幕が下りる時東宝 4週目
4位DOWN(3)不能犯不能犯ショウゲート 3週目
5位STAY(5)羊の木羊の木アスミック・エース 3週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

ニュースニュース一覧

ヒュー・ジャックマン、思わず涙のキアラ・セトルを優しくフォロー!「グレイテスト・ショーマン」来日記者会見(2018.02.14)new


昨年の「ラ・ラ・ランド」「美女と野獣」のヒットに続きますように!
ハリウッドのメジャースタジオがオリジナルのミュージカル作品として23年ぶりに発表し、全米でもロングラン・ヒットを続けている「グレイテスト・ショーマン」主演のヒュー・ジャックマンと、アカデミー賞主題歌賞にもノミネートされている“This Is Me”を歌い、劇中でもパフォーマーとして人気を博すキアラ・セトルが来日し、2月14日(水)に記者会見を行った。ヒューは開口一番「オハヨウゴザイマス!Happy Valentine’s Day!」と元気に挨拶し、「日本では女性から男性にチョコをあげる日みたいだけど、まだ貰ってないな」とキアラをチラリと見やると、キアラも「あげないわよ〜」と息の合った掛け合いを見せた。
  • 石井岳龍監督、綾野剛主演で 「パンク侍、斬られて候」映画化(2018.02.14) new
    芥川賞作家・町田康が2004年に発表した「パンク侍、斬られて候」が宮藤官九郎脚本、石井岳龍監督、綾野剛主演で映画化され、東映配給により6月30日から全国公開される。(2月12日付 日刊興行通信より)
  • 『今夜、ロマンス劇場で』が初登場1位を獲得!『マンハント』は4位スタート(2月3日-2月4日)(2018.02.13)
    今週の映画動員ランキングは、『今夜、ロマンス劇場で』(ワーナー)が、土日2日間で動員12万6000人、興収1億6600万円をあげ初登場1位に輝いた。2月12日(祝・火)までの3日間の累計は、動員19万3000人、興収2億4800万円となっている。稲葉直人プロデューサーが長年あたためてきたオリジナル企画を、綾瀬はるかと坂口健太郎の共演で描くロマンティック・ラブストーリー。
  • 新人男優賞の山田涼介は仕事の都合で登壇できませんでした7分以上に及ぶ大スピーチで大林宣彦監督が会場を沸かす!「第91回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式(2018.02.13)
    日本で最も歴史のある映画賞「第91回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月12日(月)に行われ、「あゝ、荒野」で主演男優賞と助演男優賞を共に受賞した菅田将暉とヤン・イクチュンはキスする仕草を見せ会場を沸かせた。昨年は多忙な1年を過ごした菅田だが「ありがたいことに『菅田君とやりたい!』と言って下さる方々の目を見ると、幸せで『是非!』となってしまう。体も元気なので頑張っていきたい」と決意を新たにし、ヤンも自身が監督・主演した「息もできない」以来のキネ旬での受賞ということで「家にあるトロフィーとこのトロフィーを結婚させようと思う」とお茶目に語り、「日本映画の歴史の1ページに残る作品に出演できたことを噛み締めています」と喜びを表現した。
  • 安田顕主演で 「愛しのアイリーン」実写映画化(2018.02.09)
    「ザ・ワールド・イズ・マイン」などで知られる新井英樹のコミック「愛しのアイリーン」(スターサンズ配給)が、吉田恵輔監督、安田顕主演で実写映画化され、2018年秋に全国公開される。(2月7日付 日刊興行通信より)
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」ラインナップ発表(2018.02.07)
    3月15日から19日までの5日間に亘り合宿の宿ひまわり他で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」のラインナップ発表会見が2月2日に札幌グランドホテルで行われた。(2月5日付 日刊興行通信より)
  • みきゃんも応援!佐野岳が「陸王」に続いてランナー役に!「ふたつの昨日と僕の未来」製作発表会見(2018.02.06)
    「瀬戸内海賊物語」「海すずめ」と自身の出身地である愛媛を舞台に映画を手掛けてきた大森研一監督が、新たに愛媛県新居浜で現実世界とパラレルワールドを奔走しながら自分の生きた方を見つける若者の姿を描いたオリジナルファンタジー「ふたつの昨日と僕の未来」の製作発表会見が2月6日(火)に行われた。主演の佐野岳をはじめ、ヒロインの相楽樹、主題歌を担当する水樹奈々、そして大森監督が登壇し、石川勝行 新居浜市長と愛媛県のゆるキャラ“みきゃん”も激励に駆け付けた。
  • 周防正行監督最新作は“活劇”がテーマ(2018.02.06)
    東映(株)は、周防正行監督が“活劇”をテーマに4年ぶりに手掛ける最新作の製作・配給を行うことを発表した。(2月4日付 日刊興行通信より)
  • 『祈りの幕が下りる時』が2週連続1位!『羊の木』が2位、『不能犯』が3位など新作3本がランクイン(2月3日-2月4日)(2018.02.05)
    今週の映画動員ランキングは、『祈りの幕が下りる時』(東宝)が、土日2日間で動員13万6000人、興収1億7700万円をあげ2週連続の1位となった。1日のサービスデーもあった平日の稼働もよく、2月4日までの累計では動員58万人、興収7億2200万円を突破している。『羊の木』(アスミック・エース)は、土日2日間で動員9万5000人、興収1億2900万円をあげ2位でスタートを切った。
  • 「第8回ロケーションジャパン大賞」決定(2018.02.02)
    観光庁が推進する「テーマ別観光」のひとつとして採択されている「ロケツーリズム」の取り組みを評価する「第8回ロケーションジャパン大賞」の受賞作品と地域が発表され、グランプリには映画「探偵はBARにいる3」×北海道札幌市が輝いた。また、観光庁「第1回ロケツーリズムアワード」も決定し、授賞式で発表される。(1月31日付 日刊興行通信より)





「グレイテスト・ショーマン」(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation/「今夜、ロマンス劇場で」(C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会/「祈りの幕が下りる時」(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会/「不能犯」(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会/「羊の木」(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

ページのトップへ