ニュース

  • 「マジンガーZ」45年の時を経て映画で復活(2017.6.23) new

    今年、画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が45年の時を経て「劇場版マジンガーZ(仮題)」(東映配給)として映画で復活する。(6月21日付 日刊興行通信より)
  •  政治的風刺や社会的メッセージも込めています

    「未来少年コナン」の女の子バージョン!? Netflixオリジナル映画「オクジャ/okja」来日記者会見(2017.6.22)

    第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門への正式出品で注目を集めたポン・ジュノ監督によるNetflixオリジナル映画「オクジャ/okja」の来日記者会見が6月22日(木)に行われた。2100人以上の候補者からヒロインに抜擢された13歳のアン・ソヒョンは「はじめまして。ミジャ役を演じたアン・ソヒョンです」と日本語で挨拶し、「2100分の1ではなくて、20分の1の間違いなんじゃないかと思うくらい自然に決まった感じがしています。公開されてからの方が、その実感がジワジワ来るのかも」と笑顔でコメントした。
  • 五代様を生み出した監督と共に

    詐欺師と俳優は似ている!?ディーン・フジオカ主演「結婚」日本外国特派員協会会見(2017.6.21)

    直木賞作家・井上荒野の同名恋愛小説を、ディーン・フジオカを主演に迎えて実写化した「結婚」の記者会見が日本外国特派員協会で6月20日(火)に行われた。NHK連続テレビ小説「あさが来た」の演出でフジオカの魅力を引き出した西谷真一監督との3度目のタッグとなり、監督と共に登壇したフジオカは「この作品に出演しようと思ったのは、西谷監督の思い描く役に全力で応えたいと思ったからです。ポストプロダクション段階の映像を観たら、撮影当時に抱いていた作品の印象と違うものになっていて、驚きでもあり、とても満足しています」と自信をのぞかせ、終始、流暢な英語とユーモアを交えて会場を沸かせた。
  • エイベックス×松竹×エブリスタが新作開発プロジェクト「エブリスタジオ」創設(2017.6.20)

    エイベックス・ピクチャーズ(株)、松竹(株)、(株)エブリスタの3社は、“次世代”型原作の創出を目的とした新作開発プロジェクト「エブリスタジオ」を創設し、第1弾企画として「投稿小説」をテーマにしたオリジナルの学園小説を7月1日から募集する。(6月18日付 日刊興行通信より)
  • 『22年目の告白−私が殺人犯です−』が2週連続1位!『こどもつかい』は4位に、『劇場版 魔法科高校の劣等生 〜』は5位に初登場!(6月17日-6月18日)(2017.6.19)

    今週の映画動員ランキングは、先週1位スタートを飾った『22年目の告白−私が殺人犯です−』(ワーナー)が、土日2日間で動員18万7000人、興収2億6200万円をあげ2週連続で1位をキープ。
  • 「第30回東京国際映画祭」で原恵一監督特集実施(2017.6.19)

    10月25日から11月3日まで開催される「第30回東京国際映画祭」では、日本のアニメーションをより世界へと発信していく特集企画を今年も実施し、アニメ公開100周年という記念の年に国内外から注目を集める原恵一監督の特集上映を行うことを決定した。(6月15日付 日刊興行通信より)
  • 塚田僚一初主演映画「ラスト・ホールド!」2018年公開(2017.6.16)

    人気グループ「A.B.C‐Z」の塚田僚一初主演映画「ラスト・ホールド!」(松竹配給)の製作が決定し、2018年に全国公開される。(6月14日付 日刊興行通信より)
  • キネカ大森で「韓国映画“夏祭り”〜さよならCJEJ〜」開催(2017.6.15)

    今夏をもって営業を終了するCJ Entertainment Japanの作品の中から沢山のファンに愛された作品を軸にした特集上映「韓国映画“夏祭り”〜さよならCJEJ〜」が6月17日から2週間、キネカ大森で開催される。(6月13日付 日刊興行通信より)
  • 『22年目の告白−私が殺人犯です−』が初登場1位!『昼顔』は2位スタート(6月10日-6月11日)(2017.6.12)

    今週の映画動員ランキングは、『22年目の告白−私が殺人犯です−』(ワーナー)が、土日2日間で動員23万3500人、興収3億2100万円をあげ初登場1位を飾った。
  • 北海道ニセコの大自然の中で撮影します

    内山理名がシングルマザーとして奮闘する姿を描く「single mom 優しい家族。」製作発表会見(2017.6. 9)

    元衆議院議員であり劇団マツモトカズミ主宰の松本和巳が長編監督デビューする「single mom 優しい家族。」の製作発表会見が6月9日(金)に行われ、松本監督をはじめ、主演の内山理名、木村祐一、長谷川葉音が登壇した。シングルマザーの主人公・空愛美を演じる内山は「台本を読んで、同じ女性として胸が苦しくなり、悩んでいる女性たちの少しでも支えになればと思いました。私はシングルマザーではないけれど『気持ちがわかるよ。一人じゃないよ。』と伝えられたら」と挨拶した。
  • 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」興収10億円突破(2017.6. 9)

    5月12日から公開中のマーベル・スタジオ最新作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(WDS配給)は、6月5日までの累計成績が動員66万2169人、興収10億0361万0200円となり、前作より7日早い公開25日間で興収10億円を突破した。(6月7日付 日刊興行通信より)
  • ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場が「ScreenX」導入(2017.6. 8)

    ユナイテッド・シネマ(株)は運営する「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」に、日本初となる3面(正面+左右側面)上映システム「ScreenX」を導入し、7月1日公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(WDS配給)から実施する。(6月6日付 日刊興行通信より)
  • 「美女と野獣」公開42日間で興収100億円突破(2017.6. 6)

    4月21日から全国375館(743Sc)で公開中の「美女と野獣」(WDS配給)が6月1日までの42日間で動員719万4465人、興収100億0770万9200円を記録し、「アナと雪の女王」「アリス・イン・ワンダーランド」の37日間に次ぐディズニー史上2番目に早いスピードでの興収100億円突破を達成した。(6月4日付 日刊興行通信より)
  • 仮面ライダーエグゼイドと宇宙戦隊キュウレンジャーの面々が勢揃い

    正式タイトルも決定!夏の二大ヒーロー「仮面ライダーエグゼイド/宇宙戦隊キュウレンジャー」製作発表会見(2017.6. 5)

    夏休み恒例の2大ヒーロー映画「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」の製作発表会見が6月5日(月)に行われ、レギュラーキャスト陣が勢揃いした。両作品の舞台が“VR空間”と“大宇宙”ということで、この日は、1億4000万個の星を映し出し、「最も先進的なプラネタリウム」としてギネス世界記録に認定された多摩六都科学館プラネタリウムで会見が開かれ、PlayStationVR×「劇場版 仮面ライダーエグゼイド」のコラボレーションも発表された。
  • 『美女と野獣』が7週連続1位!『LOGAN/ローガン』が2位に、『花戦さ』が3位に初登場(6月3日-6月4日)(2017.6. 5)

    今週の映画動員ランキングは、『美女と野獣』(ディズニー)が、土日2日間で動員21万6000人、興収3億600万円をあげ、7週連続1位を達成。公開から7週連続での動員ランキング1位は、洋画実写作品としては「アバター」(2009年12月23日公開、最終興収156億円)に並ぶ記録。

1 |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ