ニュース

映画祭・映画賞

  • 第39回藤本賞は「新聞記者」製作の河村光庸氏(2020.06.22)

    「第39回藤本賞」の選考結果が6月15日に発表された。2019年4月から2020年3月までの1年間に劇場公開された映画を対象に選考が行われ、「藤本賞」には「新聞記者」製作の河村光庸氏が輝いた。(6月18日付 日刊興行通信より)
  • 国連UNHCR協会が「世界難民の日」配信型音楽・映画イベントを開催(2020.06.18)

    特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は、国連の定める「世界難民の日」である6月20日から世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守る支援を呼びかけ、共感の輪を広げる配信型の音楽・映画イベントを開催する。(6月16日付 日刊興行通信より)
  • 「We Are One:A Global Film Festival」プログラム決定(2020.06.01)

    世界21の映画祭が参加する10日間のデジタル映画祭「We Are One:A Global Film Festival」(YouTube特設サイトで5月29日〜6月7日開催)のプログラムが発表された。(5月28日付 日刊興行通信より)
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」オンラインで9月開催(2020.05.28)

    8月28日の開幕へ向けて準備を進めていた「第30回 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」はオンライン開催に変更され、9月以降で日程が改めて調整されることが決定した。(5月26日付 日刊興行通信より)
  • 松竹が「#リモート映画祭」開催&短編映画募集(2020.05.14)

    映画製作100周年を迎えた松竹(株)は、「#リモート映画祭」を開催し、7月31日まで在宅でリモート制作した短編映画を募集している。(5月12日付 日刊興行通信より)
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」6月4日から開催(2020.03.30)

    米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」(SSFF&ASIA)が6月4日から14日まで都内複数の会場で開催される。WEBではオンライン会場を設置し、開催に先駆け5月27日から配信を開始、112の国と地域から集まった作品の中から厳選なる審査で選ばれた約200作品を無料上映又は配信する(一部有料イベント有り)。(3月26日付 日刊興行通信より)
  • 第40回ポルト国際映画祭で「ゴーストマスター」が最高賞(2020.03.17)

    カルチュア・エンタテインメント(株)と(株)TSUTAYAが主催する「TSUTAYA CREATORS‘ PROGRAM」の第2回準グランプリ作品であるヤング ポール監督「ゴーストマスター」が、2月25日から3月8日まで開催されていた「第40回ポルト国際映画祭」でオフィシャル・ファンタジー部門の最優秀作品賞を受賞した。(3月15日付 日刊興行通信より)
  • 第43回日本アカデミー賞、「新聞記者」が最優秀作品賞はじめ3冠(2020.03.11)

    第43回日本アカデミー賞授賞式が3月6日、グランドプリンスホテル新高輪で開催され、「新聞記者」が最優秀作品賞に輝き、同作に出演した松坂桃李が昨年の最優秀助演男優賞に続き最優秀主演男優賞を、シム・ウンギョンが外国人として初めて最優秀主演女優賞を獲得した。(3月9日付 日刊興行通信より)
  • 「第70回ベルリン国際映画祭」金熊賞は「ゼア・イズ・ノー・イーヴル」(2020.03.04)

    「第70回ベルリン国際映画祭」が3月1日(現地時間)に閉幕し、前日に行われた授賞式で最高賞の金熊賞にはイランのモハマド・ラスロフ監督作「ゼア・イズ・ノー・イーヴル(英題)」が輝いた。(3月2日付 日刊興行通信より)
  • “埼玉ポーズ”で記念撮影!

    グランプリは「翔んで埼玉」×埼玉県!「第10回ロケーションジャパン大賞」授賞式(2020.02.20)

    国内の映画・ドラマの舞台やロケ地を応援する雑誌「ロケーションジャパン」は、この1年で最も地域を盛り上げた作品と人、ロケ受入れに尽力した都道府県・市町村を表彰する「第10回ロケーションジャパン大賞」の授賞式を2月20日(木)に開催。グランプリには、映画「翔んで埼玉」×埼玉県、準グランプリには連続テレビ小説「なつぞら」×北海道十勝エリアが選出され、各賞受賞の市区長村代表や作品関係者、全国のフィルムコミッション関係者が集まり、盛大に開催された。
  • 「第92回アカデミー賞」は「パラサイト 半地下の家族」が作品賞はじめ最多4冠(2020.02.12)

    「第92回アカデミー賞」授賞式が2月9日(日本時間10日)にLAのドルビー・シアターで開催され、ポン・ジュノ監督作「パラサイト 半地下の家族」(ビターズ・エンド配給)が作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた。(2月10日付 日刊興行通信より)
  • おめでとうございます!

    「裸の映画が1位でいいの?」に拍手喝采!「第93回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式(2020.02.12)

    日本で最も歴史のある映画賞「第93回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月11日(火)に行われ、日本映画第1位に輝いた「火口のふたり」で主演女優賞を受賞した瀧内公美をはじめ各受賞者が登壇した。結婚を控えながら昔の恋人との再会で束の間の欲望に身を委ねていくヒロインを演じた瀧内は「お世話になった前事務所を退所して、これからどうしていこうかな?と思っていた時に、こういう作品をいただけて、現事務所の吉住社長にも『おもいっきりやるんだよ!』と背中を押していただきました」と同作へ挑戦した経緯を明かした。
  • 「第33回東京国際映画祭」は10月31日から10日間開催(2020.02.10)

    「第33回東京国際映画祭」(TIFF)は、2020年10月31日から11月9日まで六本木ヒルズ、日比谷エリア他を会場に10日間に亘り開催され、併設マーケットの「TIFFCOM2020」は11月4日から6日までの3日間、ザ・プリンスパークタワー東京をメイン会場として開催されることが決定した。(2月6日付 日刊興行通信より)
  • 「2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン」決定(2020.02.06)

    (株)キネマ旬報社が発表する「2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画第1位に「火口のふたり」、外国映画第1位に「ジョーカー」、文化映画第1位に「i‐新聞記者ドキュメント‐」が決定した。(2月4日付 日刊興行通信より)
  • 「第74回毎日映画コンクール」日本映画大賞に「蜜蜂と遠雷」(2020.01.24)

    毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催による「第74回毎日映画コンクール」の受賞作品と受賞者が決定し、日本映画大賞には石川慶監督作「蜜蜂と遠雷」が輝き、監督賞、スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)と合わせて3冠を獲得。阪本順治監督作「半世界」も女優助演賞(池脇千鶴)、脚本賞、録音賞で3冠に輝いた。(1月22日付 日刊興行通信より)

1 |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ