ニュース

作品ニュース

  • 黒木華&野村周平主演で「ビブリア古書堂の事件手帖」映画化(2017.11.15)

    累計640万部を突破する三上延のミステリー小説を三島有紀子監督が主演に黒木華、野村周平を迎えて実写映画化する「ビブリア古書堂の事件手帖」(FOX配給)が2018年に全国公開される。(11月13日付 日刊興行通信より)
  • 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」全国32劇場で一斉先行上映実施(2017.11.10)

    12月15日から全国公開される「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(WDS配給)は、「プレミアム・ナイト 前夜祭 特別上映」として、前日の14日18時半から全国の32劇場、1万3537席(限定)で、カウントダウン特別映像と本編(2D字幕)の一斉先行上映を実施する。(11月8日付 日刊興行通信より)
  • 日向寺太郎監督最新作「こどもしょくどう」クランクアップ(2017.11.07)

    日向寺太郎監督4年ぶりの新作「こどもしょくどう」(パル企画配給)が10月12日にクランクアップし、2018年冬の劇場公開を目指していることが明らかとなった。(11月2日付 日刊興行通信より)
  • 平野紫耀主演で「ういらぶ。」映画化決定(2017.10.26)

    累計発行部数100万部を超える星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」がジャニーズJr.のユニット“Mr.KING”のメンバーとして活躍する平野紫耀主演で映画化され、2018年にアスミック・エース配給で公開される。(10月24日付 日刊興行通信より)
  • 「スター・ウォーズ」アナザー・ストーリーのタイトル決定(2017.10.23)

    12月15日から「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(WDS配給)が公開されるが、アナザー・ストーリーとしてハン・ソロと相棒チューバッカの若き日の冒険を映画化するアナザー・ストーリーのオリジナル・タイトルが「ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(原題)」(WDS配給)に決定し、2018年に全国公開される。(10月19日付 日刊興行通信より)
  • 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」日本語吹替版&主題歌決定(2017.10.17)

    11月18日から新宿バルト9他全国で公開される「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(ギャガ配給)の日本語吹替版上映が決定し、その主題歌を世界的三味線奏者の吉田兄弟が担当する。(10月15日付 日刊興行通信より)
  • 三木聡監督、阿部サダヲ主演「音量を上げろタコ!」製作決定(2017.10.16)

    アスミック・エースは、三木聡監督・脚本、阿部サダヲ主演、吉岡里帆ヒロインのオリジナル映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の製作を発表し、2018年に公開する。(10月12日付 日刊興行通信より)
  • 邦画初の“カルテット主演”で「虹色デイズ」映画化(2017.10.13)

    「別冊マーガレット」連載の水野美波による累計300万部を超える人気少女コミック「虹色デイズ」が佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星の主演で映画化され、松竹配給により2018年夏、全国公開される。(10月11日付 日刊興行通信より)
  • 山田洋次監督「家族はつらいよ」第3弾製作決定(2017.10.11)

    山田洋次監督による人気シリーズ3作目「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」(松竹配給)の製作が決定し、2018年5月に公開される。(10月9日付 日刊興行通信より)
  • 「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」宮沢りえが声優で参加(2017.10.04)

    12月2日から全国公開されるムーミンの新作パペットアニメ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」(東映配給)でムーミントロールの声を宮沢りえが担当することが決定した。(10月2日付 日刊興行通信より)
  • 「君の名は。」ハリウッドでJ・J・エイブラムスが実写映画化(2017.10.02)

    東宝は興収250億円超のヒットを記録した新海誠監督作「君の名は。」の実写映画化権を米パラマウント・ピクチャーズとバッド・ロボットに許諾し、両社と共に実写化に向け開発を進めていることを発表。(9月28日付 日刊興行通信より)
  • 「アバター」続編4作品の同時製作がスタート(2017.10.02)

    2009年に公開され、全世界興収1位に輝き続けているジェームズ・キャメロン監督作「アバター」に続く4本の続編「the Avatar Sequels」の同時製作が発表され、9月25日にカリフォルニア州マンハッタン・ビーチで同時撮影を開始した。(9月28日付 日刊興行通信より)
  • 深田晃司監督、ディーン・フジオカ主演「海を駆ける」来年5月公開(2017.08.28)

    「淵に立つ」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督が主演にディーン・フジオカを迎え、彼の第2の故郷であるインドネシアを舞台に完全オリジナル脚本で描くファンタジー「海を駆ける」(東京テアトル配給)が2018年5月に全国公開される。(8月24日付 日刊興行通信より)
  • 「銀魂」が中国の1万2000スクリーンで9月公開決定(2017.08.23)

    7月14日から公開中の「銀魂」(WB配給)は8月20日までの累計で動員264万4234人、興収34億8022万4800円を記録。中国での公開日も9月1日に決定し、実写邦画作品としては史上最大規模となる8000館、1万2000スクリーン以上での公開となる。(8月21日付 日刊興行通信より)
  • 「あさがくるまえに」イメージソングに秦基博(2017.08.21)

    9月16日からヒューマントラストシネマ渋谷他全国で順次公開されるカテル・キレヴェレ監督最新作「あさがくるまえに」(リアリーライクフィルムズ、コピアポア・フィルム配給)のオフィシャル・イメージソングに秦基博の「朝が来る前に」が決定した。(8月17日付 日刊興行通信より)

1 |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ