ニュース

会見

  • 東京フィルメックス「映画の未来へ」

    オープニングは万田邦敏監督最新作「愛のまなざしを」に決定!「第21回東京フィルメックス」ラインナップ発表会見(2020.09.24)

    10月30日から11月7日までTOHOシネマズシャンテ他で開催される「第21回東京フィルメックス」のラインナップ発表会見が9月24日(木)にオンラインで行われ、市山尚三ディレクターが概要を発表した。オープニング作品は審査員長も務める万田邦敏監督が主演に仲村トオルを迎えたスリリングなラブストーリー「愛のまなざしを」、クロージング作品はエリア・スレイマン監督が昨年のカンヌ国際映画祭でW受賞した「天国にちがいない」に決定した。
  • 仲良し兄弟を演じた二宮&妻夫木

    見たことのない二宮和也の姿が見られる!?「浅田家!」完成報告会(2020.09.15)

    「湯を沸かすほどの熱い愛」で映画賞を総なめにした中野量太監督最新作「浅田家!」の完成報告会が9月14日(月)に行われ、中野監督をはじめ、主演の二宮和也、共演の妻夫木聡、風吹ジュン、平田満、黒木華、菅田将暉、原案の浅田政志氏が登壇した。無茶で自由奔放ながらどこか許せてしまう人間性溢れる実在の人物に初挑戦した二宮は「楽しくなったり、泣けたり、心が温かくなる作品ができました!」と自信を見せた。
  • 撮影真っただ中の皆さん!

    橋爪功がコロナ報道に提案!「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」製作発表会見(2020.03.16)

    生きているうちに人生の整理を行い、新たな気持ちで残された次の人生に臨む“終活”をテーマにした「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」の製作発表記者会見が3月16日(月)、作品の要となる大原夫妻の金婚式の撮影現場で行われた。葬儀社で大原家の終活を手助けする主人公・菅野涼太を演じる水野勝をはじめ、キッチンカーを経営する大原家の娘・大原亜矢役の剛力彩芽、菅野の上司・桃井梓役の松下由樹、夫との生活に不満を持つ妻・大原千賀子役の高畑淳子、7年前に定年退職した典型的な亭主関白の夫・大原真一役の橋爪功、そして香月秀之監督が登壇した。
  • リングの上でガッツポーズ!

    三吉彩花が華麗なハイキックで全日本プロレスを圧倒!「犬鳴村」公開直前スペシャル会見(2020.02.05)

    九州に実在する日本最凶の心霊スポットを、ホラー映画の第一人者である清水崇監督が完全オリジナルストーリーで映画化した「犬鳴村」の公開直前スペシャル会見が2月5日(水)に行われ、清水監督、主演の三吉彩花をはじめ、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香が登壇。この日は、歴史ある帝国ホテルにプロレスのリングが登場し、“最凶映画”「犬鳴村」VS“最強集団”「全日本プロレス」と題し、“最恐”の称号を賭けたデッドヒートが繰り広げられ、場外乱闘したプロレスラーたちに三吉がハイキックを食らわせるなど迫力の試合を見せた。
  • プリキュアたちに囲まれて!

    平田広明が“おじキュア”を演じる!?「ヒーリングっど プリキュア」「映画プリキュアミラクルリープ」合同会見(2020.01.28)

    2月2日からABCテレビ・テレビ朝日系列で毎週日曜朝8時30分に放送される「ヒーリングっど プリキュア」と、3月20日から全国公開される「映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」の合同記者会見が1月28日(火)に行われた。最新作は“思いやりと絆”をテーマに、ヒーリングアニマルと共に地球を手当てする“癒しのプリキュア”が大活躍。会見にはメインキャストの悠木碧、依田菜津、河野ひよりと、映画で時を司るキャラクターを演じたゲスト声優の平田広明と子役の稲垣来泉が巨大時計の中から登場し、直近3世代のプリキュア13名も勢揃いした。
  • 司会を務めるお二人!

    「翔んで埼玉」が最多12部門で受賞!「第43回日本アカデミー賞」優秀賞発表(2020.01.15)

    「第43回日本アカデミー賞」正賞15部門の各優秀賞の他、新人俳優賞、協会特別賞などが1月15日(水)に発表され、作品賞には「翔んで埼玉」(12部門受賞)、「閉鎖病棟−それぞれの朝−」(11部門受賞)、「キングダム」(8部門受賞)、「蜜蜂と遠雷」(6部門受賞の他、新人俳優賞2名)、「新聞記者」(6部門受賞)が決定した。授賞式は3月6日(金)に開催され、フリーアナウンサーの羽鳥慎一が、昨年「万引き家族」で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラと共に授賞式を盛り上げる。
  • 現実には起こらないことを願うばかり。

    中村倫也が佐藤浩市から誕生日に貰ったものは!?「サイレント・トーキョー」製作発表会見(2019.12.24)

    聖なる東京の夜に起きた未曾有の事件を描く「サイレント・トーキョー」の製作発表会見が12月24日(火)に行われた。劇中で連続爆破テロ事件の標的となる渋谷での会見となり、タイトルそのままの静寂に包まれたようなモノクロの東京と特注の巨大クリスマスリースをバックに、主演の佐藤浩市をはじめ、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼、波多野貴文監督が登壇。事件現場に現れる謎の男・朝比奈を演じた佐藤は「謎の男なので、あまりしゃべれなくて・・・」と困った様子。波多野監督は「“今そこにある危機”と感じていただけるような作品にしたい」と意気込みを見せた。
  • 「ターミネーター」でも「2001年宇宙の旅」でもない日本の近未来!

    大沢たかおが走って、逃げて、アクションに体当たり!「AI崩壊」完成報告会見(2019.12.17)

    「22年目の告白−私が殺人犯です−」の入江悠監督が主演に大沢たかおを迎え、“10年後の日本”を描く完全オリジナルのサスペンス超大作「AI崩壊」の完成報告会見が12月17日(火)に行われ、入江監督、大沢をはじめ、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和が登壇した。AI開発者の主人公・桐生浩介を演じた大沢は「息もつけないくらい次々にトラブルが起こり、予想もつかない物語と凄いスケールが2時間で押し寄せてきて、こういう感じは久々だなと思いました」と挨拶した。
  • アダム・ドライバーが来日しなくて残念・・・

    完結編で全てが明らかになる!?「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」来日記者会見(2019.12.12)

    2015年の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から始まった新たなるサーガだけでなく、42年に及ぶスカイウォーカー家の物語を締めくくる完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の来日記者会見が12月12日(木)に行われ、脚本も手掛けたJ.J.エイブラムス監督をはじめ、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ プロデューサー、共同脚本のクリス・テリオが登壇した。
  • 令和の新たな7日間戦争!

    北村匠海、芳根京子が支え合った2日間戦争!?「ぼくらの7日間戦争」完成報告会見(2019.11.20)

    1985年から“ぼくら”シリーズとして出版が続き、累計発行部数2000万部を超える宗田理の原作小説をアニメーション映画化した「ぼくらの7日間戦争」の完成報告会見が11月20日(水)に行われ、声優を務める北村匠海、芳根京子、鈴原達央と村野佑太監督が登壇した。この日は物語が展開される廃工場風のスタジオで会見が行われ、映画にも登場するタイの灯篭・コムローイが灯されるなか北村は「ワクワクしますね。彼らもこんな気持ちだったのかなと不思議な感じがします」と語り、芳根も「アニメの世界観に飛び込めた感じがして嬉しいです」と笑顔を見せた。
  • 吹替版でも一生に一度の体験をお届けします!

    葵わかなが主人公ヴィクトリア役に!「キャッツ」日本語吹替版制作発表会見(2019.11.18)

    1981年のロンドン初演以来、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を豪華キャストで映画化する「キャッツ」の日本語吹替版制作発表会が11月18日(月)に行われ、主人公ヴィクトリア役の葵わかなをはじめ、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、森崎ウィン、大貫勇輔、大竹しのぶがキャストとして発表され、吹替版音楽プロデュースを担当する蔦谷好位置も登壇し、本国版ではジェニファー・ハドソン扮するグリザベラが歌う名曲「メモリー」を高橋が蔦谷のピアノ演奏と共に熱唱した。
  • 更に進化したターミネーターにT-800はどう立ち向かうのか!?

    リンダ・ハミルトンは「I’ll Be Back」にひと苦労!「ターミネーター:ニュー・フェイト」来日記者会見(2019.11.06)

    「ターミネーター2」の正統な続編となる「ターミネーター:ニュー・フェイト」の来日記者会見が11月5日(火)に行われ、アーノルド・シュワルツェネッガーをはじめ、久々のカムバックを果たしたサラ・コナー役のリンダ・ハミルトン、共演のマッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナが登壇した。この週末に公開された全米をはじめ世界24カ国で初登場1位となり、日本公開も期待が高まる中、シュワルツェネッガーは「日本には何度も来日しているが、毎回帰り際にはI’ll Be Backと言っているよ。素晴らしい映画ファンたちがいる国に、また戻って来られて嬉しい」と名台詞を交えて挨拶した。
  • どんな日本が描かれるのでしょうか?

    アリシア・ヴィキャンデル&小林直己共演!Netflix映画「アースクエイクバード」記者会見(2019.10.29)

    10月28日に開幕した「第32回東京国際映画祭」の特別招待作品として上映されるNetflix映画「アースクエイクバード」の記者会見が10月29日(火)に行われ、ウォッシュ・ウェストモアランド監督、主演のアリシア・ヴィキャンデル、共演の小林直己が登壇した。日本で3ヵ月間に亘り撮影を行ったこともあり、アリシアは「ニホンニ、モドッテコラレテ、ウレシイデス」と日本語で挨拶し、監督も「日本に来た外国人がどんな気持ちなのか、きちんと描くことが出来たと思う」と自信をのぞかせた。
  • 市山氏、中川監督、広瀬監督、田中氏

    オープニングはロウ・イエ監督最新作「シャドウプレイ」に決定!「第20回東京フィルメックス」ラインナップ発表会見(2019.10.10)

    11月23日から12月1日まで有楽町朝日ホールをメイン会場に開催される「第20回東京フィルメックス」のラインナップ発表会見が10月10日(木)に行われ、市山尚三ディレクターが概要を発表し、コンペティション部門で上映される「静かな雨」の中川龍太郎監督、「つつんで、ひらいて」の広瀬奈々子監督も登壇した。オープニング作品はロウ・イエ監督がスタイリッシュな映像で描くミステリー「シャドウプレイ」、クロージング作品はウェイン・ワン監督が韓国系アメリカ人の家族を描く新たな傑作「カミング・ホーム・アゲイン」に決定した。
  • 安藤氏、山田監督、久松氏

    第32回東京国際映画祭オープニング作品「男はつらいよ お帰り 寅さん」記者会見(2019.10.03)

    本年の東京国際映画祭でオープニング作品として上映される「男はつらいよ お帰り 寅さん」の記者会見が日本外国特派員協会で10月3日(木)に行われ、山田洋次監督と共に東京国際映画祭の久松猛朗フェスティバル・ディレクター、「Japan Now」部門の安藤紘平プログラミング・アドバイザーが登壇した。山田監督は「自分でも驚きながら、一体どんな映画になるのだろうと期待しながら作りました。この映画を作るために50年もの歳月が必要だったんだなと、長生きしたからこういう映画ができたんだなと感じています」と明かした。

1 |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ