ニュース

会見

  • 驚きの世界最小ポスターも披露!

    赤血球役の永野芽郁が白血球役の佐藤健に守ってもらってキュン!「はたらく細胞」製作発表会(2024.06.11)

    細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定が話題を呼んだ清水茜による漫画を、武内英樹監督が実写映画化する「はたらく細胞」の製作発表会が6月11日(火)に行われ、W主演を務めることが明らかとなった赤血球役の永野芽郁、白血球役の佐藤健、そして武内監督が登壇した。永野は「やっと私たちが演じることをお伝えできて嬉しい」と笑顔を見せ、佐藤も「話をしたくてウズウズしていました。笑って泣ける王道のエンターテインメントを楽しみながら、理科の勉強もできる、孫に見せたい作品ができました!」と自信を覗かせた。
  • 家族写真の雰囲気で撮影!

    大泉洋が妻役の菅野美穂の笑い声をパワースポットと絶賛!「ディア・ファミリー」家族決起会見(2024.04.24)

    世界で17万人もの命を救っている"命のカテーテル"誕生に隠された23年間に及ぶ家族の愛の実話を映画化した「ディア・ファミリー」の家族決起会見が4月24日(水)に行われ、大泉洋、菅野美穂、福本莉子、川栄李奈、新井美羽、月川翔監督が登壇した。晴れていれば明治記念館の庭で写真撮影も行われる予定だったが、雨男で知られる大泉は開口一番「安定の雨です。雨はデフォルトなので当たり前。逆に幸先がいい。私のやる気と共に雨脚が強くなっています!」と言って笑い、菅野も「クランクインも確か雨でした。雨降って地固まるでございます!」とチームワークの良さを見せた。
  • ゴジラ×サイコスリラー×アニメーション×SF学園ゾンビ!

    上白石萌歌がアンバサダーを務める新進気鋭監督のオムニバス映画「GEMNIBUS vol.1」製作発表会見(2024.04.23)

    東宝が新たに手掛ける才能発掘プロジェクト「GEMSTONE Creative Label」初となる劇場公開作品として、4人の新進気鋭監督により創り出された短編オムニバス映画「GEMNIBUS vol.1」の製作発表会見が4月23日(火)に行われ、公式アンバサダーを務める上白石萌歌と共に上西琢也監督、平瀬遼太郎監督、ちな監督、本木真武太監督、そして各作品のプロデューサー陣が登壇した。上白石は「新しい才能が芽吹く瞬間に立ち会えて光栄ですし、4人の監督の作品を発信する手助けになれたら」と笑顔で挨拶した。
  • “天下一”アルティメットヒーローエンターテイメント!

    “偉人ジャーズ”に浜辺美波も大興奮!「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作報告会(2024.04.22)

    ビジネス小説としては異例のヒットとなった眞邊明人の同名小説を映画化した「もしも徳川家康が総理大臣になったら」の製作報告会が4月22日(月)に行われ、浜辺美波、赤楚衛二、GACKT、観月ありさ、竹中直人、野村萬斎、武内英樹監督が登壇した。歴史上の錚々たる偉人たちが登場するということで、“アベンジャーズ”ならぬ“偉人ジャーズ”に対面した主演の浜辺は「撮影現場で初めてお衣装の皆さんを見て、テレビを見ている感覚というか、豪華すぎて、不思議な感覚で、待ち時間もボーっと眺めていました」と明かした。
  • 皆さんにどう感じてもらえるか楽しみ!

    恐ろしい福士蒼汰に絶望していた松本まりか!?「湖の女たち」完成報告会(2024.04.16)

    吉田修一による“現代の黙示録”とも言うべき同名小説を、大森立嗣の監督・脚本で映画化した「湖の女たち」の完成報告会が4月16日(火)に行われ、大森監督、W主演を務めた福士蒼汰、松本まりかが登壇した。監督は映画化の経緯について「原作の書評をお願いされ、頭の片隅では映画化したい思いがあったんですが、難しそうだなと。吉田さんから書評のお礼の手紙をいただき、『大森監督が映画を作ってくれたらな』とあり、ちゃんと映画化に向けて考え出しました。戦後から続く負の部分を描いていますが、湖を見る2人の描写が素晴らしく、映画として出来るかなと思いました」と明かした。
  • 山田監督の「音楽×青春」の集大成となる映画!

    主人公3人の声優も発表!山田尚子監督待望の最新作「きみの色」製作報告会(2024.03.18)

    興収19億円のヒットを記録した「映画けいおん!」(11年)や、第40回日本アカデミー賞での優秀アニメーション作品賞をはじめ国内外で高い評価を獲得し、興収23億円をあげた「映画 聲の形」(16年)などを手掛けた山田尚子監督最新作「きみの色」の製作報告会が3月18日(月)に行われた。初解禁となるスペシャルPVが披露され、山田監督と企画から携わっている川村元気プロデューサーが登壇して制作の経緯などを明かし、1600人を超えるオーディションから主人公3人に抜擢された鈴川紗由、高石あかり、木戸大聖も登壇した。
  • 雨男に囲まれて・・・

    間宮祥太朗&佐藤二朗が川栄李奈のネタバレを阻止!「変な家」変な報告会(2024.02.13)

    白い仮面をかぶった謎のクリエイター・雨穴(うけつ)の「これは、ある家の間取り図です。あなたにはこの家の異常さがわかりますか?」というナレーションから始まる動画を基にした映画「変な家」の変な報告会が2月12日(月)に行われ、W主演となる間宮祥太朗、佐藤二朗をはじめ、川栄李奈、DJ松永(Creepy nuts)、石川淳一監督が登壇した。会場にはスモークが焚かれ、集まったファン400名が見えず困惑しながら登場した間宮は「本来は完成披露する会ですが、今日は皆さんに(映画は)見せないという変な宣伝をしています」と挨拶し、その後もネタバレ禁止のトークに四苦八苦した。
  • スケールが大きすぎて苦労した出演者たち

    大泉洋が主演の自分よりカッコいい長尾謙杜をいじりまくる!「室町無頼」製作発表会見(2024.02.12)

    直木賞作家の垣根涼介が自らの力で時代を切り拓いた“アウトロー=無頼”たちを描いたアクション巨編の映画化「室町無頼」の製作発表会見が2月11日(日)に行われ、主演の大泉洋をはじめ、長尾謙杜、松本若菜、北村一輝、柄本明、堤真一、入江悠監督が登壇した。日本史上初めて武士階級として一揆を起こし、歴史書にただ一度だけその名を留める主人公・蓮田兵衛を演じた大泉が掛け軸を高らかに掲げてタイトルコールを行い、「戦国時代の直前、カオスの時代と聞いただけでもワクワクする。時代を変えた熱い男たちの物語です!」とアピールした。
  • 寒さの中、おつかれさまでした!

    竹内涼真が極寒の中、ファンに熱くアピール!「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」ゴーレムアライバルイベント(2024.01.15)

    2021年1月に日本テレビとHulu共同製作ドラマとしてシーズン1の放送がスタートしたシリーズの最後を飾る「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」のゴーレムアライバルイベントが1月15日(月)に行われ、約4年に亘り主人公・間宮響を演じてきた竹内涼真をはじめ、高橋文哉、堀田真由、板垣李光人、黒羽麻璃央、窪塚愛流、橘優輝、須賀健太、吉田鋼太郎、菅原伸太郎監督が登壇。極寒の中、会場に集まったファンへのグリーティングを行った竹内は開口一番「さむーい!」と叫び、ゴーレムたちを撃退すべくキャノン砲を発射するも強風に煽られたテープが登壇者に絡みつくハプニングでスタートした。
  • 体重10キロ増量で、馬ぞりに引きづられるシーンにも挑んだ山崎

    「原作にリスペクトを持って演じた」と山崎賢人がアピール!「ゴールデンカムイ」完成報告会(2023.12.20)

    累計発行部数2600万部を超える野田サトルの人気コミックを映画化した「ゴールデンカムイ」の完成報告会が12月20日(水)に行われ、主演の山崎賢人をはじめ、山田杏奈、矢本悠馬、工藤阿須加、柳俊太郎、大谷亮平、玉木宏、久保茂昭監督、松橋真三プロデューサーが登壇した。"不死身の杉元"と呼ばれる元陸軍兵・杉元佐一役の山崎は「やっと完成が報告できることを嬉しく思います。杉元という生命力が強く、心優しい男を演じさせていただきました」と挨拶した。
  • 三谷ワールド全開のサスペンス・コメディ!

    三谷幸喜監督・脚本×長澤まさみ主演!「スオミの話をしよう」製作報告会(2023.12.13)

    国民的脚本家・演出家・映画監督として沢山の笑いと感動を届けてきた三谷幸喜が監督・脚本を務め、主演に長澤まさみを迎える最新作「スオミの話をしよう」の製作報告会が12月13日(水)に行われた。監督作品としては興収36.4億円を記録した「記憶にございません!」以来5年ぶり、9本目となる新作について三谷監督は「コメディだとかミステリーだとか恋愛ものだとか、作った側が言うのは違う気がしていて、お客さんが観て判断することだと思うんですね。それを踏まえた上で、僕の新作が一体どういう作品なのかお話するんですが、5つの顔があります。それをご説明したいと思います」と語り始めた。
  • ダンディさは相変わらず!

    8年ぶりにタカとユージが復活!「帰ってきた あぶない刑事」製作発表会見(2023.11.01)

    1986年にTVドラマが開始され、軽妙なトークと激しいアクション、他の刑事ドラマとは一線を画すオリジナルな世界観でファンを魅了し、愛され続けてきた「あぶない刑事(デカ)」が復活し、「帰ってきた あぶない刑事」として2024年5月24日(金)の公開が決定。その製作発表会見が11月1日(水)に行われ、主演の舘ひろし、柴田恭兵をはじめ、浅野温子、仲村トオルが登壇した。舘は「『さらば』と言ってニュージーランドに行ったんですが、また帰ってきちゃいました」と言って笑い、柴田も「タカとユージが出会って37年。相変わらずチームワークが良くて、とっても素敵な映画が出来上がりました」と自信を見せた。
  • サイコパスVSシリアルキラーの攻防!

    亀梨和也はサイコパス?三池崇史監督からも太鼓判!「怪物の木こり」完成報告会(2023.10.31)

    2019年の第17回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介の同名小説を、三池崇史監督が主演に亀梨和也を迎えて実写化した「怪物の木こり」の完成報告会が10月31日(火)に行われ、三池監督、亀梨をはじめ、共演の菜々緒、吉岡里帆、染谷将太が登壇した。目的のためには殺人すら厭わない狂気のサイコパスを演じた亀梨は「どんなサイコパスにしようか定めてから撮影に入ろうと思い、皆で一つの答えを持ちながら挑めて心強かった」とし、三池監督は「原作の魅力を損なわず、映画的に加速させた。バイオレンスではあるが、ヒューマンドラマの意外性を楽しんでもらえたら」と挨拶した。
  • ノンストップファミリーサスペンス!

    佐々木蔵之介が「キャー!」の大歓声に驚き!「マイホームヒーロー」制作発表(2023.10.18)

    10月24日からMBS/TBSドラマイズム枠で放送が始まり、来春には映画化も控える「マイホームヒーロー」の制作発表イベントが10月17日(火)に開催され、主演の佐々木蔵之介をはじめ、共演の高橋恭平(なにわ男子)、齋藤飛鳥、木村多江が登壇した。ドラマの1話&2話を鑑賞した観客を前に登場したキャストたちは大歓声に迎えられ、佐々木は思わず「こんな感じですか?」と戸惑いつつも、「ドラマは放送で観るもので、先行してお客様と共有できる機会はそんなに無いので、凄くドキドキしましたが、歓迎して貰えて嬉しいです」と笑顔を見せた。
  • 父で俳優の奥田瑛二とのコラボ作品も準備中!?

    フェスティバル・ナビゲーターの安藤桃子監督も登壇!「第36回東京国際映画祭」ラインナップ発表会見(2023.09.27)

    10月23日(月)から11月1日(水)まで開催される「第36回東京国際映画祭」のラインナップ発表記者会見が9月27日(水)に行われた。今年は新型コロナ感染症の位置づけが5類に移行してから初の開催となることから更なる飛躍を目指し、上映作品数は前年より25%増の219本、海外ゲストも600人以上を招いて華やかに開催する。また、昨年までのフェスティバル・アンバサダーから名称を変更したフェスティバル・ナビゲーターには、安藤桃子監督が就任し、映画祭を盛り上げていく。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

バックナンバー

ページのトップへ