ニュース

映画祭・映画賞

  • 「第36回東京国際映画祭」が日比谷で開幕(2023.10.26)

    「第36回東京国際映画祭」が10月23日に開幕し、オープニングセレモニーが東京宝塚劇場で開催された。東京ミッドタウン日比谷のステップ広場から仲通りにかけて敷かれた165メートルのレッドカーペットには、クロージング作品の「ゴジラ−1.0」から山崎貴監督、神木隆之介、浜辺美波が最初に登場し、国内外から総勢205名のゲストが来場し、マスコミや観客総勢510名に迎えられた。(10月24日付 日刊興行通信より)
  • 「第1回丸の内映画祭」10月28日から開催(2023.10.25)

    三菱地所主催、東京国際映画祭共催による「第1回丸の内映画祭」が10月28日から30日まで丸ビルホールで開催される。今年の東京国際映画祭で審査委員長を務めるヴィム・ヴェンダース監督の特集を行い、ヴェンダース監督が敬愛する小津安二郎監督との関わりをドイツの研究者が解説するスペシャル講義も企画している。(10月23日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」で小津安二郎関連の特別映像上映(2023.10.19)

    10月23日に開幕する「第36回東京国際映画祭」は、小津安二郎生誕120年記念特集を行うが、その上映の際に先付という形で、ヴィム・ヴェンダース監督が小津監督の魅力を語るインタビュー映像「ヴェンダース、小津を語る」と、メッセージムービー「SHOULDERS OF GIANTS〜普遍」が上映されることが決定した。 (10月17日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」特別功労賞はチャン・イーモウ監督(2023.10.12)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」は特別功労賞をチャン・イーモウ監督に授与することを決定した。(10月10日付 日刊興行通信より)
  • 「第24回東京フィルメックス」ラインナップ発表(2023.10.09)

    11月19日から26日まで有楽町朝日ホール、ヒューマントラストシネマ有楽町で開催される「第24回東京フィルメックス」のラインナップが10月4日に発表された。オープニングは今年の「カンヌ国際映画祭」でメルヴェ・ディズダルが女優賞を受賞したヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作「アバウト・ドライ・グラッシーズ(英題)」、クロージングはウェイン・ワン監督が1989年に製作した作品のデジタル修復版に追加映像を組み込んだ「命は安く、トイレットペーパーは高い」に決定した。(10月5日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」黒澤明賞受賞者決定(2023.09.28)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」は、グー・シャオガン監督とモーリー・スリヤ監督を「黒澤明賞」の受賞者に決定した。(9月26日付 日刊興行通信より)
  • 父で俳優の奥田瑛二とのコラボ作品も準備中!?

    フェスティバル・ナビゲーターの安藤桃子監督も登壇!「第36回東京国際映画祭」ラインナップ発表会見(2023.09.27)

    10月23日(月)から11月1日(水)まで開催される「第36回東京国際映画祭」のラインナップ発表記者会見が9月27日(水)に行われた。今年は新型コロナ感染症の位置づけが5類に移行してから初の開催となることから更なる飛躍を目指し、上映作品数は前年より25%増の219本、海外ゲストも600人以上を招いて華やかに開催する。また、昨年までのフェスティバル・アンバサダーから名称を変更したフェスティバル・ナビゲーターには、安藤桃子監督が就任し、映画祭を盛り上げていく。
  • 「第36回東京国際映画祭」予告編上映開始&ガラ・セレクション部門全作品発表(2023.09.27)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」の予告編上映が9月22日から都内近郊の各劇場で始まり、フェスティバルソングとガラ・セレクション部門の全14作品も発表された。(9月25日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」主要特集企画続々決定(2023.09.22)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」の主要特集企画が続々と決定している。目玉企画は既報のとおり小津安二郎生誕120年記念企画であり、「Nippon Cinema Now部門」では近年多彩な作品を生み出している城定秀夫監督特集を行う。また、昨年まで「ジャパニーズ・アニメーション部門」として日本の作品のみを上映していたが、本年より「アニメーション部門」と名称を変更し、海外の話題作も上映する。(9月20日付 日刊興行通信より)
  • 「第80回ベネチア国際映画祭」金獅子賞は「哀れなるものたち」(2023.09.14)

    8月30日から開催されていた「第80回ベネチア国際映画祭」が9月9日に閉幕し、ヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーン主演のイギリス映画「哀れなるものたち」(ディズニー配給、2024年1月26日公開)が最高賞にあたる金獅子賞を受賞した。(9月12日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」のオープニング&クロージング作品決定(2023.09.04)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」のオープニング作品に「第76回カンヌ国際映画祭」で役所広司が最優秀男優賞を受賞したヴィム・ヴェンダース監督作「PERFECT DAYS」(ビターズ・エンド配給、12月22日公開)、クロージング作品に山崎貴監督・脚本・VFXによるゴジラ70周年記念作品「ゴジラ−1.0(マイナスワン)」(東宝配給、11月3日公開)が決定した。(9月1日付 日刊興行通信より)
  • 「第36回東京国際映画祭」ナビゲーターに安藤桃子監督(2023.08.21)

    10月23日から11月1日まで開催される「第36回東京国際映画祭」のポスターが完成し、ナビゲーターには安藤桃子監督が決定した。また、東京国際映画祭のミッション(理念)を新たに策定した。(8月18日付 日刊興行通信より)
  • 「大丸有SDGs映画祭2023」を9月4日から開催(2023.08.21)

    三菱地所(株)、農林中央金庫、(株)日本経済新聞社及び(株)日経BP等で構成する大丸有SDGsACT5実行委員会は、今年も大手町・丸の内・有楽町エリア(大丸有エリア)を起点に様々なSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を開催しており、そのシンボルイベントとして、SDGsに通じるテーマの映画作品を集めた「大丸有SDGs映画祭2023」を9月4日から21日まで開催する。(8月17日付 日刊興行通信より)
  • 「ベトナム映画祭2023」を8月19日から4都市で順次開催(2023.08.17)

    (株)ムービー・アクト・プロジェクトは、日越外交関係樹立50周年記念「ベトナム映画祭2023」を8月19日から新宿K‘s cinemaで開催し、その後、大阪、横浜、名古屋でも順次開催する。 (8月15日付 日刊興行通信より)
  • 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023」最優秀作品賞は「この苗が育つ頃に」(2023.07.26)

    7月15日から開催されていた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023」が7月23日のクロージング・セレモニーで閉幕し、国際コンペティションではレーゲル・アサド・カヤ監督によるシリア映画「この苗が育つ頃に」が最優秀作品賞(グランプリ)を受賞した。(7月25日付 日刊興行通信より)

« 前の15件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

バックナンバー

ページのトップへ