ニュース

公開決定

  • 「アメイジング・スパイダーマン2」日本先行で来年4月25日公開(2013.06.20)

    昨年日本で最速公開されヒットした「アメイジング・スパイダーマン」の続編「アメイジング・スパイダーマン2」(SPE配給)が、2014年5月2日の全米公開日より1週間先駆けて4月25日からTOHOシネマズ日劇他全国で公開されることが決定した。(6月19日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭の過去出品作品、続々と上映(2013.06.14)

    10月17日から開催される「第26回東京国際映画祭」に向け、近年、東京国際映画祭に出品された作品の公開が6月から来年度にかけて20本予定されている。(6月13日付 日刊興行通信より)
  • やまさき十三が自身の原作「あさひるばん」を初監督(2013.06.06)

    「釣りバカ日誌」の原作者やまさき十三が自身の原作を71歳にして初監督する「あさひるばん」(松竹配給)が11月に全国公開される。(6月5日付 日刊興行通信より)
  • ソニー・ピクチャーズが「アングリーバード」映画化権獲得(2013.06.03)

    ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、スマートフォンのゲームキャラクター「アングリーバード」の映画化権を獲得し、2016年7月1日に3Dアニメーションとして世界公開することを発表した。(6月2日付 日刊興行通信より)
  • 「劇場版シュタインズ・ゲート負荷領域のデジャヴ」拡大公開決定(2013.05.09)

    4月20日から角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか全国18スクリーンで上映中の「劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ」(角川配給)はヒットを受け、5月11日から上映館数を20館拡大することを決定した。(5月8日付 日刊興行通信より)
  • 「レ・ミゼラブル」4月6日からIMAXで上映(2013.04.01)

    昨年12月21日から公開されている「レ・ミゼラブル」(東宝東和配給)が、全国のIMAX16劇場で4月6日から上映されることが決定した。(3月31日付 日刊興行通信より)
  • 「ペンギン夫婦の作りかた」3月8日から台湾でも上映(2013.03.07)

    昨年10月に全国のユナイテッド・シネマ他で公開された「ペンギン夫婦の作りかた」(プレシディオ配給)が3月8日から、台湾でも台北と高雄の3劇場で公開されることが決定した。(3月6日付 日刊興行通信より)
  • 「ドラゴンボールZ 神と神」日本映画初IMAX上映決定(2013.02.07)

    3月30日から全国公開される「ドラゴンボールZ 神と神」(東映配給)は日本映画初となるIMAX®デジタルシアターでの上映が決定した。(2月6日付 日刊興行通信より)
  • スタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」秋に公開を延期(2013.02.06)

    東宝は、今夏公開予定だった高畑勲監督作「かぐや姫の物語」の公開を秋に延期することを発表した。(2月5日付 日刊興行通信より)
  • 「キャリー」全米公開日がハロウィーンの時期に変更(2013.01.28)

    クロエ・グレース・モレッツ主演ホラー「キャリー」(SPE配給)の全米公開日がハロウィーン・シーズンの10月18日に変更されたことに伴い、日本での公開時期も2013年秋に変更された。(1月27日付 日刊興行通信より)
  • ワーナー・ブラザース、2013-2014ラインナップ発表(2013.01.24)

    ワーナー・ブラザース映画は、2013年以降のラインナップを発表。洋画は「クラウド アトラス」「華麗なるギャツビー」等24本、ローカルプロダクションは「藁の楯 わらのたて」等6本を予定している。(1月23日付 日刊興行通信より)
  • アスミック・エース、2013年ラインナップ発表(2012.12.26)

    アスミック・エース(株)は、2013年のラインナップを発表。来年は8本の配給を予定しており、内訳は洋画5本、邦画2本(共同配給)、アニメ1本となっている。(12月25日付 日刊興行通信より)
  • 「シネマ歌舞伎」一挙上映決定(2012.12.18)

    松竹は、2013年4月に新開場する歌舞伎座のこけら落とし記念として、2005年からスタートした「シネマ歌舞伎」を一挙上映。全国の映画館での「月イチ歌舞伎」、東劇での「全作品アンコール上映」を実施する。料金は各作品2000円(「鷺娘/日高川入相花王」「京鹿子娘二人道成寺」は各1000円)。(12月17日付 日刊興行通信より)
  • 東京セレソンDXの舞台「くちづけ」を堤監督が映画化(2012.11.29)

    「日本で一番泣ける劇団」と熱狂的な支持を集めながら2012年末をもって解散を発表した東京セレソンデラックスの名作舞台「くちづけ」が宅間孝行原作・脚本、堤幸彦監督により映画化され、東映配給により2013年5月25日から新宿バルト9他で公開される。(11月28日付 日刊興行通信より)
  • 「許されざる者」2013年9月13日公開(2012.11.09)

    1993年にアカデミー賞で作品賞他4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督・主演作「許されざる者」に感銘を受けた李相日監督が、アメリカ・西部劇の設定を日本の時代劇に移してリメイクする「許されざる者」(WB配給)の公開が2013年9月13日に決定した。(11月8日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | 7 |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ