ニュース

作品ニュース

  • 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」冒頭約10分をIMAX3D劇場で上映(2013.01.28)

    今年9月から全国公開される「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(パラマウント配給)の本編冒頭10分37秒が全国のIMAX3D劇場16スクリーンで上映される。(1月27日付 日刊興行通信より)
  • 「王になった男」韓国歴代第3位に(2012.12.17)

    2月16日から新宿バルト9、丸の内ルーブル他全国で公開される「王になった男」(CJEJ配給)の本国韓国での動員が、12月12日に1230万4000人を超え、韓国映画歴代第3位となった。韓国では9月13日から公開され、「バイオハザードV リトリビューション」などのハリウッド大作を抑えて1位となり、公開14週目の12月12日に「王の男」の動員1230万2831人を抜いた。これは1位の「泥棒たち」(動員1303万227人)、2位の「グエムル―漢江の怪物―」(動員1301万9740人)に次ぐ記録であり、時代劇としては1位の成績となった。(12月16日付 日刊興行通信より)
  • 「ワンピース」最速100万人超(2012.12.17)

    12月15日から全国300スクリーンで公開された「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」(東映配給)の土日成績が、動員100万人、興収13億円突破確実となり、2012年度の邦画作品最速の100万人突破となるヒットスタートをきった。(12月16日付 日刊興行通信より)
  • 「ドラゴンボールZ 神と神」主題歌をFLOWが担当(2012.12.13)

    3月30日から全国公開される「ドラゴンボールZ 神と神」(東映、FOX配給)の主題歌をFLOWが担当することになり、代名詞とも言える「CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA」をカバーする。(12月12日付 日刊興行通信より)
  • 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」日本版予告が解禁(2012.12.12)

    2013年9月から全国公開される「スター・トレック」の続編「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(パラマウント配給)の日本版オリジナル予告編映像が、12月14日から全国一部の劇場で上映される。(12月11日付 日刊興行通信より)
  • 「陽だまりの彼女」松本潤&上野樹里初共演で映画化(2012.12.06)

    「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」のキャッチコピーが話題を呼び、発行部数35万部を超える越谷オサムの「陽だまりの彼女」が三木孝浩監督、松本潤、上野樹里初共演で映画化され、アスミック・エース、東宝配給により2013年10月に全国東宝系で公開される。(12月5日付 日刊興行通信より)
  • 東京セレソンDXの舞台「くちづけ」を堤監督が映画化(2012.11.29)

    「日本で一番泣ける劇団」と熱狂的な支持を集めながら2012年末をもって解散を発表した東京セレソンデラックスの名作舞台「くちづけ」が宅間孝行原作・脚本、堤幸彦監督により映画化され、東映配給により2013年5月25日から新宿バルト9他で公開される。(11月28日付 日刊興行通信より)
  • 「スタードライバー THE MOVIE」主題歌に9nine(2012.11.29)

    2013年2月9日から全国公開される「スタードライバー THE MOVIE」(アニプレックス、松竹配給)の主題歌が、ガールズユニット・9nineが2月6日にリリースするニューシングル「colorful」に決定した。(11月28日付 日刊興行通信より)
  • 山田洋次監督の次回作「小さいおうち」に決定(2012.11.21)

    先日、文化勲章を受章し、来年の1月19日には最新作「東京家族」の公開を控えている山田洋次監督の次回作が、中島京子原作「小さいおうち」(松竹企画・製作)に決定した。(11月20日付 日刊興行通信より)
  • 「007 スカイフォール」ジャパンプレミア開催(2012.11.21)

    12月1日から全国公開されるシリーズ生誕50周年記念作品「007 スカイフォール」(SPE配給)のジャパンプレミアが11月19日、TOHOシネマズ日劇1で開催された。(11月20日付 日刊興行通信より)
  • レゴ映画の声優新たに決定(2012.11.20)

    2014年春休み公開予定のWB配給によるレゴ玩具を題材にしたオリジナル3DCGアニメーションの声優に、新たにウィル・フェレル、リーアム・ニーソン、ニック・オファーマン、アリソン・ブリーが決定した。既に発表されているクリス・プラット、モーガン・フリーマン、エリザベス・バンクス、ウィル・アーネットらと共演する。(11月19日付 日刊興行通信より)
  • 自動発券機KINEZOが「ヱヴァ」とタイアップ(2012.11.16)

    (株)ティ・ジョイは、運営する各地の劇場で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(ティ・ジョイ、カラー配給)の11月17日公開を記念し、「自動発券機KINEZO装飾計画」と称し、タイアップ企画を実施する。(11月15日付 日刊興行通信より)
  • 「引き出しの中のラブレター」舞台化(2012.11.15)

    2009年10月に公開された三城真一監督、常盤貴子主演作「引き出しの中のラブレター」(松竹配給)が、東京を中心に活動する演劇ユニット“東京マハロ”によって舞台化され、下北沢駅前劇場で11月17日から25日まで上演される。(11月14日付 日刊興行通信より)
  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開記念イベント(2012.11.13)

    11月17日から全国公開される「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(ティ・ジョイ、カラー配給)が公開を記念し、‘新宿ヱヴァ祭り’と題した世界最速上映イベントを実施する。 【概要】 ●「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」世界最速上映 ▽日時=11月17日深夜0時、 ▽場所=新宿バルト9 全スクリーン。 ●ヱヴァ・コラボマルシェ ▽日時=11月16日17時~29時、11月17日・18日8時~21時、 ▽場所=マルイアネックス1階周辺スペース(ヱヴァンゲリヲンコラボレーション商品の販売を行うブースを出店、鑑賞チケットがなくても購入可能)。 ●「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序1.11」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破2.22」の特別上映 ▽日時=11月17日深夜、 ▽場所=新宿バルト9。※チケットはローソンチケットで販売中。(11月12日付 日刊興行通信より)
  • 「009」限定トレカ配布(2012.11.13)

    10月27日から公開され、早くも動員10万人を突破した「009 RE:CYBORG」(Production I.G、ティ・ジョイ配給)は、11月10日より一部劇場で先着5万人に原作ビジュアルと各キャラクター声優のサインがプリントされた映画版ビジュアルを使用した限定トレーディングカードの無料配布を開始した。(11月12日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  | 19 |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ