ニュース

イベント・タイアップ

  • 東京テアトル創立70周年記念、4月からHTC渋谷で名作上映(2016.03.24)

    東京テアトル(株)は創立70周年を記念し、世界で称賛を浴びる監督の作品や世界で絶賛された作品を「マスターセレクション」として、ヒューマントラストシネマ渋谷で4月1日から上映する。ロードショー(19本)、レイトショー(5本)をラインナップし、観客から上映リクエストを募る「マスター・リクエスト」(モーニングショー)を実施。また、上映期間中にはプレゼントキャンペーン「マスタービンゴ」も企画している。(3月23日付 日刊興行通信より)
  • 「第8回東宝シンデレラオーディション」開催(2016.03.02)

    東宝(株)と東宝芸能(株)は「第8回東宝シンデレラオーディション In collaboration with 集英社」の開催を発表。(3月1日付 日刊興行通信より)
  • 「午前十時の映画祭7 デジタルで甦る永遠の名作」4月2日から開催(2016.02.19)

    一般社団法人映画演劇文化協会は、「午前十時の映画祭7 デジタルで甦る永遠の名作」を4月2日からTOHOシネマズ日本橋他全国55劇場で開催することを発表した。2010年2月に開幕した「午前十時の映画祭」は、今年1月に累計動員300万人を突破。前期(5回目)より動員が137%にアップし、ファンからの継続要望も途切れないことから、7回目の開催が決定。外国映画新規セレクト19本、日本映画新規セレクト4本、再上映作品6本の計29本がラインナップされ、高画質4K作品も多数揃った。(2月18日付 日刊興行通信より)
  • MoMA ニューヨーク近代美術館 映画コレクション「アメリカ映画の光と影 グリフィスからウォーホルまで」開催(2016.02.19)

    文化庁、アテネ・フランセ文化センター、一般社団法人コミュニティシネマセンターは「MoMA ニューヨーク近代美術館 映画コレクション『アメリカ映画の光と影 グリフィスからウォーホルまで』」を2月23日から27日までアテネ・フランセ文化センターで開催する。(2月18日付 日刊興行通信より)
  • 「牙狼10周年記念 魔界ノ宴―GARO FES.―」開催(2016.02.15)

    「牙狼10周年記念 魔界ノ宴―GARO FES.―」が2月11日に舞浜アンフィシアターで開催され、雨宮慶太総監督をはじめ、キャストとスタッフ陣が集結し、新プロジェクトの発表も行われた。(2月14日付 日刊興行通信より)
  • オールナイト・イベント「コアチョコ映画祭」1月16日開催(2015.12.29)

    (有)ハードコアチョコレートは1月16日にオールナイト映画祭イベント“コアチョコ映画祭”「HARDCORE CHOCOLATE GRINDHOUSE‘16」をテアトル新宿で開催する。MCにプチ鹿島、ゲストに芸人のレイザーラモンRGとファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE)を迎え、スペシャルトークショーの他、特価でのハードコアチョコレートTシャツやグッズの販売、プレゼント抽選会も実施。また、参加者全員に限定オリジナルデザインタオルをプレゼント。(12月28日付 日刊興行通信より)
  • マノエル・ド・オリヴェイラ監督追悼特集上映第1弾開催(2015.12.28)

    コミュニティシネマセンターは昨年4月に亡くなるまで世界最高齢現役映画監督として知られたマノエル・ド・オリヴェイラ監督の追悼特集上映第1弾を1月23日から、渋谷ユーロスペースで開催する。(12月27日付 日刊興行通信より)
  • 「歌舞伎座スペシャルナイト」満席の盛況(2015.10.28)

    第28回東京国際映画祭プレゼンツ「歌舞伎座スペシャルナイト」が、今年も10月26日に銀座・歌舞伎座で行われ、満席の盛況となった。(10月27日付 日刊興行通信より)
  • 映画館で楽しむオールナイトハロウィンイベント開催(2015.10.15)

    映画レビューサービス「Filmarks」を運営する(株)つみきと、(株)ティ・ジョイは、映画館で楽しむオールナイトハロウィンイベント「Filmarks presents『Halloween Cinema Night2015』」を10月30日に新宿バルト9で開催する。(10月14日付 日刊興行通信より)
  • 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の砂像が鳥取砂丘に誕生(2015.09.15)

    12月18日から全国公開される「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(WDS配給)を記念し、鳥取砂丘に“砂のスター・ウォーズ”が誕生し、10月8日11時からお披露目式が行われる。(9月14日付 日刊興行通信より)
  • 「ガンバの世界展」9月16日から開催(2015.09.15)

    「GAMBA ガンバと仲間たち」(東映配給)の10月10日公開を記念し、モケジョ(模型女子)の第一人者がジオラマで再現した「ガンバの世界展」が、9月16日から23日まで東京タワーのフットタウン2階特設コーナーで開催される。(9月14日付 日刊興行通信より)
  • 留学生のアンバサダーも一緒に

    世界に向けて、日本コンテンツの魅力を発信「コ・フェスタ2015プロジェクト概要説明会」発表記者会見(2015.09.10)

    特定非営利活動法人映像産業振興機構(略称:VIPO)が開催する、経済産業省受託事業「コ・フェスタ2015」の活動内容発表記者会見が9月10日(木)に行われ、経済産業省 商務情報政策局文化情報関連産業課(メディア・コンテンツ課) 課長補佐中本緑吾氏、VIPO統括部長兼第2第3事業部部長森下美香氏、VIPO第2事業部チーフプロデューサー長澤裕子氏、13名の留学生アンバサダーが登壇した。
  • YEBISU GARDEN CINEMA特別企画上映実施(2015.09.10)

    9月でオープンから半年を迎えたYEBISU GARDEN CINEMAは、この秋18周年を迎えるアトレ恵比寿との初コラボレーションとなる特別企画上映「シネマ オートクチュール」を実施する。(9月9日付 日刊興行通信より)
  • 「松竹120周年祭」10月10日から東劇で開催(2015.09.04)

    松竹(株)は、今年創業120周年を迎えることから「松竹120周年祭」と銘打って、同社の伝統と革新の映画史を振り返る特集上映を10月10日から11月27日まで東劇で開催する。今回は、小津安二郎監督、木下惠介監督、溝口健二監督、大島渚監督らの傑作を最先端のデジタル技術でよみがえらせた修復版を一挙上映。日本初披露となる「残菊物語」、「晩春」の他、近年世界各国の映画祭で上映し反響を呼んだデジタル修復作品9タイトルを凱旋上映する。もう一つの目玉は、「男はつらいよ」、「釣りバカ日誌」シリーズのセレクト上映で、両シリーズの人気作を各7作品上映する。(9月3日付 日刊興行通信より)
  • D23EXPO2015で「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」連日盛況(2015.08.21)

    8月14日から16日まで米アナハイム・コンベンションセンターで開催されたディズニーファンイベント「D23EXPO2015」において、12月18日公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(WDS配給)の関係者が連日登場し、会場を盛り上げた。(8月20日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  | 3 |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ