ニュース

作品ニュース

  • 「キカイダー REBOOT」新ビジュアルを解禁(2014.02.21)

    5月24日から全国公開される伝説のヒーロー“キカイダー”41年ぶりの映画「キカイダー REBOOT」(東映配給)が、デザインも一新されたキカイダーと、宿敵ハカイダーの新ビジュアルを解禁した。(2月20日付 日刊興行通信より)
  • 「スーパーマン/バットマン(仮題)」キャスト決定(2014.02.13)

    ザック・スナイダー監督最新作「スーパーマン/バットマン(仮題)」(WB配給)でジェシー・アイゼンバーグがスーパーマン最大の宿敵レックス・ルーサーに扮し、ジェレミー・アイアンズがバットマンことブルース・ウェインの執事アルフレッドを務めることが決定した。(2月12日付 日刊興行通信より)
  • 「ロボコップ」ロンドンでワールドプレミア開催(2014.02.11)

    3月14日から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国で公開される「ロボコップ」(SPE配給)のワールドプレミアが、2月5日(現地時間)ロンドン、レスタースクエアのIMAXシアターで開催された。(2月10日付 日刊興行通信より)
  • 吉田大八監督、宮沢りえ主演で「紙の月」映画化(2014.01.28)

    「八日目の蝉」等で知られる直木賞作家・角田光代による「紙の月」が、吉田大八監督、宮沢りえ主演で映画化され、松竹配給により2015年に全国公開されることが決定した。(1月27日付 日刊興行通信より)
  • 「アメイジング・スパイダーマン2」限定前売券即完売(2014.01.27)

    4月25日からTOHOシネマズ日劇他全国で公開される「アメイジング・スパイダーマン2」(SPE配給)の特典付き前売券が、公開日にちなみ425枚限定で1月24日の朝9時からTOHOシネマズ六本木ヒルズで発売され、開始から45分で完売した。(1月26日付 日刊興行通信より)
  • 唐沢寿明主演でアクション映画「イン・ザ・ヒーロー」製作(2014.01.24)

    少年たちが夢中になってきた“ヒーロー”を生み出すキーパーソンである“スーツアクター”の本当の姿を描き出す「イン・ザ・ヒーロー」(東映配給)が主演に唐沢寿明を迎えて製作され、今秋全国公開される。(1月23日付 日刊興行通信より)
  • 「ラッシュ/プライドと友情」ロン・ハワード監督らが来日(2014.01.16)

    2月1日・2日に先行上映され、2月7日から全国公開される「ラッシュ/プライドと友情」(ギャガ配給)は1月30日のジャパン・プレミアに併せ、ロン・ハワード監督、主演のクリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュールの来日が決定し、1月28日に記者会見が行われる。(1月15日付 日刊興行通信より)
  • アスミック・エース、2014年のラインナップ発表(2014.01.10)

    アスミック・エース(株)は、2014年のラインナップ11本を発表。洋画は全米の映画賞を席巻している3作品「大統領の執事の涙」、「8月の家族たち」、「her(原題)」など。邦画は西島秀俊が「美しき野獣」のキム・ソンス監督と組んだアクション・サスペンス「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」や、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞監督である河瀬直美の最新作「2つ目の窓」、「しあわせのパン」のスタッフが贈る北海道企画第2弾「ぶどうのなみだ」など。また、ドキュメンタリーとして、2014年FIFAワールドカップ予選に挑むサモアの弱小チームを追った「ネクスト・ゴール・ウィンズ(原題)」もラインナップされている。(1月9日付 日刊興行通信より)
  • ワーナー・ブラザース、2014~2015年のラインナップ発表(2014.01.10)

    ワーナー・ブラザース映画は、2014年以降のラインナップを発表した。2014年は、「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第2章「ホビット 竜に奪われた王国」や、桜坂洋の同名小説をトム・クルーズ主演で映画化した「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など14本。2015年は、「ホビット ゆきて帰りし物語」や「バットマンVSスーパーマン」など12本が待機。また、ローカルプロダクション作品として、「黒執事」、「MONSTERZ モンスターズ」、「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」など7本が公開される。(1月9日付 日刊興行通信より)
  • 「エージェント:ライアン」の字幕監修を池上彰氏が担当(2013.12.12)

    2014年2月14日に先行公開され、翌15日から全国公開されるCIA捜査官ジャック・ライアン シリーズをリブートとした「エージェント:ライアン」(パラマウント配給)の字幕監修を、ジャーナリストの池上彰氏が務めることが決定した。(12月11日付 日刊興行通信より)
  • 「エイトレンジャー」第2弾の公開決定(2013.11.15)

    昨年7月に155スクリーンという公開規模ながら興収11・6億円をあげ、DVD/ブルーレイの販売も10万本を突破した堤幸彦監督、関ジャニ∞主演作「エイトレンジャー」の第2弾が東宝により映画化されることが決定した。(11月14日付 日刊興行通信より)
  • 松竹「くじけないで」、皇后陛下がご鑑賞(2013.11.14)

    11月16日から全国公開される「くじけないで」(松竹配給)の試写会が11月12日に丸の内ピカデリーで行われ、まど・みちおの詩の翻訳を手掛けられるなど、以前から詩に親しまれている皇后陛下が行啓になり、主演の八千草薫、武田鉄矢、深川栄洋監督と共に鑑賞された。(11月13日付 日刊興行通信より)
  • 「佐野元春『Film No Damage』」ライブスタイル上映を実施(2013.11.12)

    9月に全国公開された「佐野元春『Film No Damage』」(ソニー“Livespire”配給)は、「上映中のスタンディング、歓声、拍手など通常のライブでOKなことは全てOK」という“ライブスタイル上映”を、11月と12月に東京と関西の2劇場で開催する。(11月11日付 日刊興行通信より)
  • 桜庭一樹原作「赤×ピンク」実写映画化(2013.11.05)

    直木賞作家・桜庭一樹の小説を実写化する「赤×ピンク」(角川配給)が2014年2月22日から角川シネマ新宿他全国で順次公開される。(11月3日付 日刊興行通信より)
  • 「そして父になる」ティーチインに福山雅治登場(2013.11.01)

    公開中の「そして父になる」(ギャガ配給)が、10月28日に新宿ピカデリーでティーチインを実施し、主演の福山雅治、是枝裕和監督が登壇。福山の登場は告知無しのサプライズで、約580人の観客からは大歓声があがり、初日舞台挨拶を彷彿とさせる盛り上がりとなった。(10月31日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  | 14 |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ