ニュース

ランキングコメント

  • 三谷幸喜監督最新作『清須会議』が初登場1位!!『劇場版 BAD BOYS J』、『キャリー』、『ルームメイト』もランクイン!(11月9日-11月10日)(2013.11.11)

    三谷幸喜監督の最新作『清須会議』(東宝)が初登場1位を獲得。全国430スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員38万6994人、興収4億8371万6600円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「劇場版 SPEC−結− 漸ノ篇」が初登場1位!!4位に「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」(11月2日-11月3日)(2013.11.05)

    戸田恵梨香&加瀬亮主演ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」のシリーズ完結編となる劇場版2部作の前編『劇場版 SPEC−結− 漸ノ篇』(東宝)が初登場1位を獲得。
  • 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」が初登場1位!!新作4本が初登場!(10月26日-10月27日)(2013.10.28)

    『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』(ワーナー)が初登場1位を獲得。全国129スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員27万1279人、興収4億3600円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「陽だまりの彼女」が2週連続で1位!!「人類資金」が4位に初登場!(10月19日-10月20日)(2013.10.21)

    『陽だまりの彼女』(東宝/アスミック・エース)が2週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員15万729人、興収1億8543万5200円をあげた。
  • 「松本潤&上野樹里共演「陽だまりの彼女」が初登場1位!!「おしん」は5位にランクイン!(10月12日-10月13日)(2013.10.15)

    『陽だまりの彼女』(東宝/アスミック・エース)が初登場1位を獲得。全国304スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員20万8028人、興収2億7240万5650円をあげた。
  • 前週動員比をアップさせ「そして父になる」が2週連続1位!!松本人志監督第4作「R100」が初登場!(10月5日-10月6日)(2013.10.07)

    『そして父になる』(ギャガ)が2週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員23万2655人、興収2億9162万7300円をあげ、動員前週比92%と好推移を記録し、先行公開含む13日間で早くも累計興収13億円を突破した。
  • 「そして父になる」が初登場1位!!「謝罪の王様」など多彩な新作がランクイン!(9月28日-9月29日)(2013.09.30)

    第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて審査員賞を受賞した『そして父になる』(ギャガ)が初登場1位。全国309スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員25万3370人、興収3億1318万6500円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「怪盗グルーのミニオン危機一発」が初登場1位!!(9月21日-9月22日)(2013.09.24)

    『怪盗グルーのミニオン危機一発』(東宝東和)が初登場1位。全国626スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員25万7990人、興収3億3651万6100円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「風立ちぬ」を抜いて「劇場版 ATARU」が初登場1位!!(9月14日-9月15日)(2013.09.17)

    『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』(東宝)が初登場1位。全国304スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員28万9558人、興収3億5529万1000円をあげた。サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持った主人公が、迷宮入りしかけた難事件を解決していく、中居正広主演で放送された連続ドラマ「ATARU」の劇場版。北村一輝、栗山千明、玉森裕太といったドラマのレギュラー陣に加え、堀北真希、松雪泰子ら豪華ゲストも華を添えている。
  • 「風立ちぬ」が8週連続で1位!!「キャプテンハーロック」が初登場!(9月7日-9月8日)(2013.09.09)

    『風立ちぬ』(東宝)が8週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員34万6103人、興収4億5576万1200円をあげ、累計動員788万人、累計興収97億円を突破し、100億円超えを目前としている。前週動員比は113.6%と客足を伸ばし、先日発表された宮崎駿監督の引退宣言の反響があったことがうかがえる。
  • 「風立ちぬ」が7週連続で1位!!「マン・オブ・スティール」「あの花」がTOP3に初登場!(8月31日-9月1日)(2013.09.02)

    『風立ちぬ』(東宝)が7週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員30万4623人、興収3億3882万8750円をあげ、累計動員714万人、累計興収88億円を突破した。また『風立ちぬ』は第70回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、その会場にて宮崎駿監督は本作をもって引退すると発表された。これにより、今後の更なる成績の伸びが期待される。
  • 根強い人気!「風立ちぬ」が6週連続で1位!!「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「ガッチャマン」が初登場!(8月24日-8月25日)(2013.08.26)

    『風立ちぬ』(東宝)が6週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員23万7727人、興収3億2106万450円をあげ、公開37日間で累計動員640万人、累計興収80億円を突破した。また2位の『モンスターズ・ユニバーシティ』(ディズニー)も依然好成績をあげ、累計興収80億円を突破した。
  • 夏休み後半も好調!「風立ちぬ」が5週連続で1位!!ローランド・エメリッヒ監督最新作「ホワイトハウス・ダウン」は5位に初登場!(8月17日-8月18日)(2013.08.19)

    『風立ちぬ』(東宝)が5週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員35万2322人、興収4億7379万5100円をあげ、動員前週比92.8%と好成績をキープしている。公開30日間で累計動員580万人、累計興収72億円を突破した。3位の『映画 謎解きはディナーのあとで』(東宝)も好成績をあげ、累計興収20億円を突破した。
  • まだまだ強い!「風立ちぬ」が4週連続で1位!!ブラッド・ピット主演「ワールド・ウォーZ」は2位に初登場!(8月10日-8月11日)(2013.08.12)

    『風立ちぬ』(東宝)が4週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員38万3051人、興収5億1028万4050円をあげ、お盆休みの影響もあり動員前週比93%と好成績をキープしている。公開23日間で累計動員450万人、累計興収56億円を突破した。
  • 「風立ちぬ」が3週連続で1位!!「映画 謎解きはディナーのあとで」など強力な新作3作品も登場!!(8月2日-8月3日)(2013.08.05)

    強力な新作を抑えて『風立ちぬ』(東宝)が3週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員41万2173人、興収5億5559万6900円をあげ、公開16日間で累計動員350万人、累計興収43億円を突破した。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  | 15 |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ