ニュース

ランキングコメント

  • 「テッド」が1位をキープ!生田斗真主演「脳男」が初登場2位(2月9日-2月10日)(2013.02.12)

    『テッド』(東宝東和)が動員前週比112%という成績をあげ、1位をキープ。勢いは衰えるどころか、前週を超える成績で推移し、累計興収も24億円を突破した。公開後も映画公式HPへのアクセス数は増加しており、10代から20代の若い女性を中心に口コミでの広がりを見せている。今後、公開劇場の拡大も決定しているので、さらなる盛り上がりが期待される。
  • 「テッド」が再び1位に!トム・クルーズ主演「アウトロー」2位初登場!(2月2日-2月3日)(2013.02.04)

    『テッド』(東宝東和)が前週比90%という高推移な成績をあげ、1位に返り咲いた。3週目ながら累計動員も100万人を突破し、累計興収は20億円突破が目前となっている。
  • ストロベリーナイトが初登場1位、ライフ・オブ・パイは3位!(1月26日-1月27日)(2013.01.28)

    『ストロベリーナイト』(東宝)が初登場1位。全国311スクリーンで公開され、土日2日間の成績は、動員24万1095人、興収3億1793万5400円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「テッド」が初登場1位!山田洋次監督最新作「東京家族」は2位に初登場。(1月19日-1月20日)(2013.01.21)

    『テッド』(東宝東和)が初登場1位。18日(金)に公開され、土日2日間の成績は、全国253スクリーンで動員22万9581人、興収3億2615万1000円をあげる大ヒットスタート。
  • 「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」が初登場1位(1月12日-1月13日)(2013.01.15)

    『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』(東宝)が初登場1位。全国257スクリーンで公開され、土日2日間の成績は、動員35万7976人、興収4億5677万9000円をあげ、大ヒットスタート。
  • 「ワンピース」がV4!大奥がTOP10圏外から再浮上!(1月5日-1月6日)(2013.01.07)

    『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(東映)が4週連続で1位をキープ。累計動員450万人、興行収入54億円を突破し、興行収入発表となった2000年以降の東映作品としては最高を記録した「男たちの大和 YAMATO」(2005/12/17公開、最終興収50.9億円)を超え、1位に躍り出た。
  • 「ワンピース」がV3!「青の祓魔師」「トワイライト・サーガ」が初登場 (12月29日-12月30日)(2012.12.31)

    2012年最後のランキングは、『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(東映)の勢いがまだまだ止まらず、3週連続首位で締めくくった。2位『レ・ミゼラブル』(東宝東和)、3位『今日、恋をはじめます』(東宝)、4位『007 スカイフォール』(ソニー)と、1位から4位までは先週と変わらず。5位には、先週7位から2ランクアップの『映画 妖怪人間ベム』(東宝)。
  • 「ワンピース」がV2で早くも30億突破!「レ・ミゼラブル」は2位に初登場 (12月22日-12月23日)(2012.12.25)

    『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(東映)が2週連続首位を獲得。連休3日間の成績は、動員83万5720人、興収10億2181万350円。公開10日間の累計成績は、動員261万1284人、興収31億7636万7450円をあげ、早くも30億円を突破した。この大ヒットを受け、急遽、入場者プレゼントの‘コミック千巻’を200万冊増刷し、今後も更なる動員と最終興収70億円超えを目指す。
  • 「ワンピース」最新作が2012年公開の邦画作品ナンバーワンの大ヒットスタート!!(12月15日-12月16日)(2012.12.17)

    『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(東映)が初登場1位。全国300スクリーンの土日成績で、動員114万81人、興収13億7205万4050円をあげ、2012年公開の邦画作品最速の100万人突破を記録。
  • 「仮面ライダー」が初登場首位!「今日、恋」は3位にランクイン(12月8日-12月9日)(2012.12.10)

    ウィザードとフォーゼが共演する“MOVIE大戦”シリーズ4作目『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』(東映)が初登場1位。
  • 「007 スカイフォール」が初登場首位!「イナダン」は3位にランクイン(12月1日-12月2日)(2012.12.03)

    世界各国で次々に初登場週末成績首位に輝き、記録を更新し続けている「007」シリーズ第23弾『007 スカイフォール』(ソニー)が、ついに日本でも公開され、初登場首位を獲得。
  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が2週連続首位!4作品が初登場(11月24日-11月25日)(2012.11.26)

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(ティ・ジョイ/カラー)が、前週比50%ながらも、2位に倍以上の差をつけて2週目も首位を獲得。
  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が今年ナンバーワンの驚異的大ヒットを記録!!(11月17日-11月18日)(2012.11.19)

    ‘新劇場版’シリーズ4部作の第3弾『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(ティ・ジョイ/カラー)が全国224スクリーンで公開され、土日2日間で動員77万1764人、興収11億3100万4600円をあげ、初登場首位を獲得。7月に全国450スクリーンで公開された『BRAVE HEARTS 海猿』の初週土日成績を超え、本年度ナンバーワンのオープニング週末成績を記録した。
  • 「のぼうの城」が2週連続首位!!「悪の教典」が2位に初登場(11月10日-11月11日)(2012.11.12)

    『のぼうの城』(東宝/アスミック・エース)が2週連続首位を獲得し、累計興収10億円を突破。2位には『悪の教典』(東宝)が初登場。
  • 新作が多数TOP10入り!「のぼうの城」が初登場首位(11月3日-11月4日)(2012.11.05)

    『のぼうの城』(東宝/アスミック・エース)が初登場首位を獲得。和田竜のベストセラー小説を犬童一心監督と樋口真嗣監督が映画化。領民から‘のぼう様’と慕われる忍城の総大将・成田長親が、天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍に対し、たった500人の兵で抗戦した姿を描き、野村萬斎、佐藤浩市、成宮寛貴、榮倉奈々らが出演する。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  | 17 |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ