ニュース

ランキングコメント

  • 「ハリー・ポッター」V2達成。興収は早くも40億円間近!新作は「忍たま」が4位、「ロック」が5位。(7/23-7/24)(2011.07.26)

    トップ3は前週と変わらず、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(ワーナー)がダントツの成績で2週連続首位を獲得。全国910スクリーンの土日2日間成績は動員46万2082人、興収6億8382万9400円。
  • 「ハリー・ポッター」最終章が初登場首位。興収は早くも17億円突破!!「ポケモン」は2位、「コクリコ坂」は3位。(7/16-7/17)(2011.07.20)

    7月15日(金)から全世界公開された『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(ワーナー)が土日2日間成績動員88万697人、興収13億185万1850円を記録し、本年度ナンバーワン成績で初登場首位を獲得した。
  • 「SUPER8」がV3達成!新作は 「アイ・アム・ナンバー4」が“ナンバー4”スタート(7/9-7/10)(2011.07.12)

    『SUPER8/スーパーエイト』(パラマウント)が3週連続で首位を獲得。依然好調に推移し、土日成績は動員10万7060人、興収1億4238万3500円。公開17日間の累計成績は動員100万7153人、興収12億5170万5900円となった。
  • 「SUPER8」が2週連続首位獲得! 新作は4作品が初登場(7/2-7/3)(2011.07.05)

    TOP3は前週と変わらず、『SUPER8/スーパーエイト』(パラマウント)が2週連続で首位を獲得。2週目も好調に推移し、土日成績は動員15万3876人、興収2億441万6000円。公開10日間の累計成績は動員74万8748人となった。
  • 5週連続首位の 「パイレーツ4」を抑え、「SUPER8」が首位、「アンダルシア」が2位に初登場!(6/25-6/26)(2011.06.27)

    『SUPER8/スーパーエイト』(パラマウント)が、5週連続No.1だった「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」を抑えて初登場首位を獲得。全国520スクリーン(字幕316本、吹替204本)で金曜公開され、土日2日間で動員23万5839人、興収3億785万8350円をあげた。
  • 「パイレーツ4」がV5!興収は71億円突破!新作は「スカイライン-征服-」が8位(6/18-6/19)(2011.06.21)

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(ディズニー)が5週連続で首位を獲得し、累計成績は動員464万6414人、興収71億305万4850円をあげた。全世界興収は9億ドルを突破し、現時点で歴代11位にランクインしている。
  • 「パイレーツ4」V4達成で興収は60億円突破!新作 は「スーパー戦隊」「X-MEN」「星守る犬」「さや侍」がランクイン(6/11-6/12)(2011.06.14)

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(ディズニー)が土日成績で前週比95%と依然好調で、4週連続で首位を獲得。累計興収は動員400万人、興収60億円を突破した。
  • 「パイレーツ4」V3で興収は50億円突破!「パラキス」は2位、 「もしドラ」は3位に初登場(6/4-6/5)(2011.06.07)

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(ディズニー)が3週連続で首位を獲得し、累計興収は動員330万人、興収50億円を突破。
  • 「パイレーツ4」V2達成!興収は早く も36億円突破。新作は3作 品がランクイン(5/28-5/29)(2011.05.30)

    『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(ディズニー)が2週連続で首位をキープ。全国800スクリーンの土日成績は動員70万9209人、興収11億1308万9750円。週末の悪天候にも関わらず、家族づれを中心に集客し3Dの動員がアップしたことから、土日2日間興収の前週比は92%と2週目も好調で、公開10日間累計で早くも動員235万4111人、興収36億670万4050円をあげた。
  • 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」が初登場首位!世界各国でもNo.1獲得(5/21-5/22)(2011.05.24)

    5月20日(金)より世界同時公開されたジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(ディズニー)が初登場首位を獲得。全国800スクリーンで公開され、公開3日間で動員98万6455人、興収15億1843万3400円(土日2日間成績は動員77万3184人、興収12億902万4500円)をあげ、2011年公開作品の中でNo.1のオープニングを記録した。
  • ナタリー・ポートマン主演「ブラック・スワン」が初登場首位!(5/14-5/15)(2011.05.17)

    5月11日(水)から全国316スクリーンで公開された『ブラック・スワン』(FOX)が土日2日間で動員20万9614人、興収2億6800万4900円をあげ、初登場首位を獲得。初日は平日にも関わらず興収1億円を突破するヒットスタートをきり、公開5日間の累計は既に動員40万人、興収5億円となっている。
  • 小栗旬×長澤まさみ共演「岳 -ガク-」が初登場首位!リーアム・ニーソン主演「アンノウン」は8位(5/7-5/8)(2011.05.10)

    石塚真一のベストセラーコミックを小栗旬&長澤まさみ共演で映画化した『岳 -ガク-』(東宝)が初登場首位を獲得。山をこよなく愛し、山岳救助ボランティアとして人名救助に奔走する青年と登山者たちとの温かい交流を軸に、山の厳しさをリアルに描きだす本格山岳映画。
  • 「コナン」が首位奪還!初登場は「八日目の蝉」が5位、「豆富小僧」が7位(4/30-5/1)(2011.05.02)

    5月最初の週末ランキングはゴールデンウィーク真っ只中かつ日曜日が映画サービスデーと重なったこともあり、ほとんどの作品が前週より成績を伸ばした。土日動員前週比120%と好調に推移した『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』(東宝)が首位を奪還。3週目を迎えた累計成績は動員155万9642人、興収18億2443万8200円となっている。
  • 「GANTZ PERFECT ANSWER」が初登場首位!「阪急電車」7位、「まほろ駅前」10位(4/23-4/24)(2011.04.27)

    『GANTZ PERFECT ANSWER』(東宝)が初登場首位を獲得。週刊ヤングジャンプに連載中の奥浩哉原作人気SFコミックを嵐の二宮和也&松山ケンイチ共演により実写映画化した2部作の後編。
  • 「コナン」が首位!「クレしん」2位、「ガリバー」3位、「エンジェル」7位(4/16-4/17)(2011.04.19)

    新作4本がTOP10内にランクイン。首位を獲得したのは、今年で15周年を迎える劇場版「名探偵コナン」シリーズ最新作『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』(東宝)。東京都知事宛ての脅迫状によってもたらされた地下鉄爆破事件と雪原での死体発見事件という2つの謎に、コナンが巧みな推理で挑む。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  | 23 |  24  |  25  |  26  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ