ニュース

ランキングコメント

  • 「64−ロクヨン−後編」が初登場1位!「ズートピア」が2位!(6月11日-6月12日)(2016.06.13)

    横山秀夫原作の警察小説「64(ロクヨン)」を瀬々敬久監督が佐藤浩市主演で映画化した2部作の後編『64−ロクヨン−後編』(東宝)が321スクリーンで公開され、土日2日間で動員28万2693人、興収3億5409万0400円をあげ、初登場1位を獲得。
  • 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」が初登場1位!「ズートピア」が2位(6月4日-6月5日)(2016.06.06)

    有川浩原作の恋愛小説をEXILE兼三代目J Soul Brothersのパフォーマーである岩田剛典と高畑充希主演で映画化した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(松竹)が307スクリーンで公開され、土日2日間で動員26万4270人、興収3億4204万0700円をあげ、初登場1位を獲得。ある日、マンションの前で行き倒れていた青年・樹と出会ったOLのさやかは、半年間の期限付きで一緒に暮らすことになる。共演は阿部丈二、今井華、大和田伸也、宮崎美子。監督は「のぞきめ」の三木康一郎。
  • 「ズートピア」が4週連続で1位!「オオカミ少女と黒王子」が2位に初登場(5月28日-5月29日)(2016.05.30)

    『ズートピア』(ディズニー)が、土日2日間で動員32万4549人、興収4億3867万1300円をあげ、4週連続1位を獲得。累計動員は412万人、累計興収は53億円を突破した。
  • 「ズートピア」が3週連続で1位!「殿、利息でござる!」が2位(5月21日-5月22日)(2016.05.23)

    『ズートピア』(ディズニー)が、土日2日間で動員37万5137人、興収5億407万3100円をあげ、3週連続1位を獲得。累計動員は350万人、累計興収は45億円を突破した。
  • 「ズートピア」が2週連続で1位!「殿、利息でござる!」が2位に初登場(5月14日-5月15日)(2016.05.16)

    『ズートピア』(ディズニー)が、土日2日間で動員35万1049人、興収4億5893万800円をあげ、2週連続1位を獲得。累計動員は300万人目前となっている。
  • 「ズートピア」が1位、「名探偵コナン 純黒の悪夢」が2位(5月7日-5月8日)(2016.05.09)

    『ズートピア』(ディズニー)が、土日2日間で動員28万8041人、興収3億8677万5600円をあげ、3週目にして1位を獲得。累計興収は30億円目前。『名探偵コナン 純黒の悪夢〈ナイトメア〉』(東宝)は2位となったが、土日2日間で動員20万9805人、興収2億7889万8600円をあげ、累計興収はシリーズ初の50億円を突破した。
  • 「名探偵コナン 純黒の悪夢」が3週連続1位、「ズートピア」が2位をキープ(4月30日-5月1日)(2016.05.02)

    『名探偵コナン 純黒の悪夢〈ナイトメア〉』(東宝)が、土日2日間で動員49万261人、興収5億6225万2800円をあげ、3週連続1位を獲得。動員前週比94%、累計興収は36億円を突破。
  • 「名探偵コナン 純黒の悪夢」が2週連続1位、「ズートピア」が2位(4月23日-4月24日)(2016.04.25)

    『名探偵コナン 純黒の悪夢〈ナイトメア〉』(東宝)が、土日2日間で動員52万2023人、興収6億7920万6300円をあげ、2週連続1位を獲得。累計興収は25億円を突破した。
  • 「名探偵コナン 純黒の悪夢」が初登場1位、「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」が2位(4月16日-4月17日)(2016.04.18)

    人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢〈ナイトメア〉』(東宝)が348スクリーンで公開され、土日2日間で動員93万3781人、興収12億915万8900円をあげ、初登場1位を獲得。ドイツ、カナダ、ロンドンと世界各国で黒ずくめの組織による暗殺事件が発生し、原作でも謎の部分が多い黒ずくめの組織の内部が明らかになる。20thアニバーサリーゲストとして天海祐希が出演。また、主題歌をB’zが担当している。
  • 「映画 暗殺教室 −卒業編−」が3週連続1位、「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が2位(4月9日-4月10日)(2016.04.11)

    『映画 暗殺教室 −卒業編−』(東宝)が、土日2日間で動員16万7429人、興収2億108万5000円をあげ、3週連続1位を獲得。累計動員は260万人目前となっている。
  • 「映画 暗殺教室 −卒業編−」が2週連続1位、「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が2位(4月2日-4月3日)(2016.04.04)

    『映画 暗殺教室 −卒業編−』(東宝)が、土日2日間で動員33万5418人、興収3億9347万1200円をあげ、2週連続1位を獲得。累計動員は早くも200万人を突破した。
  • 「映画 暗殺教室 −卒業編−」が初登場1位、「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が2位(3月26日-3月27日)(2016.03.28)

    「少年ジャンプ」連載の人気漫画を実写映画化し、昨年3月に公開されヒットした「映画 暗殺教室」の続編『映画 暗殺教室 −卒業編−』(東宝)が319スクリーンで公開され、土日2日間で動員54万4641人、興収6億3919万3900円をあげ、初登場1位を獲得。
  • 「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が3週連続1位、「僕だけがいない街」が2位に初登場!(3月19日-3月20日)(2016.03.22)

    『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(東宝)が、土日2日間で動員34万7137人、興収3億9992万9400円をあげ、3週連続1位を獲得。累計興収は祝日の21日までで20億円を突破した。
  • 「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が2週連続1位、「アーロと少年」が2位!(3月12日-3月13日)(2016.03.14)

    『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(東宝)が、土日2日間で動員41万5173人、興収4億8542万3800円をあげ、2週連続1位を獲得。累計動員は107万人を突破。
  • 「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が初登場1位、「黒崎くんの言いなりになんてならない」が2位に!(3月5日-3月6日)(2016.03.07)

    「ドラえもん」の長編映画36作目『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(東宝)が、374スクリーンで公開され、土日2日間で動員54万4816人、興収6億3703万5600円をあげ、初登場1位を獲得。1989年に公開された「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を新たに蘇らせ、7万年前の原始時代を舞台に繰り広げられる大冒険を描く。作品評価も高く、シリーズ最高記録樹立の期待も高まっている。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 6 |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ