ニュース

  • シネ・リーブル神戸に音響システム「odessa」導入(2022.10.24)

    東京テアトル(株)は、ヒューマントラストシネマ渋谷他、テアトルシネマグループの系列館で好評稼働中の音響システム「odessa」を、10月28日からシネ・リーブル神戸に導入する。(10月21日付 日刊興行通信より)
  • 「第14回京都ヒストリカ国際映画祭」10月29日から開催(2022.10.24)

    日本と世界の歴史映画・時代劇のための映画祭「第14回京都ヒストリカ国際映画祭」が10月29日から11月6日まで京都文化博物館で開催され、オンライン上映も動画配信サービス「MIRAIL」で行われる。(10月20日付 日刊興行通信より)
  • 渋谷TOEI(1)・渋谷TOEI(2)が12月4日に閉館(2022.10.24)

    東映(株)の直営館である「渋谷TOEI(1)・渋谷TOEI(2)」は、2022年12月4日の営業をもって閉館する。同館は、1953年11月18日に渋谷宮益坂下に渋谷東映・渋谷東映地下として新築開業して以来、69年に亘り親しまれてきた。(10月20日付 日刊興行通信より)
  • 「福田村事件(仮題)」釜山国際映画祭併設企画マーケットで受賞(2022.10.20)

    2023年晩夏に公開予定の森達也監督作「福田村事件(仮題)」(太秦配給)が「釜山国際映画祭」に併設の企画マーケット「Asian Project Market 2022」でニュートリライト賞を受賞した。(10月18日付 日刊興行通信より)
  • 「東京・中国映画週間」10月18日から開催(2022.10.19)

    NPO法人日中映画祭実行委員会は17回目となる「東京・中国映画週間」を東京国際映画祭の提携企画として10月18日から25日までTOHOシネマズ日本橋で開催する。(10月17日付 日刊興行通信より)
  • 『ONE PIECE FILM RED』が11週連続で1位!新作では2位に『カラダ探し』、4位に『耳をすませば』が初登場(2022年10月15日-10月16日)(2022.10.17)

    今週の動員ランキングは、『ONE PIECE FILM RED』(東映)が、土日2日間で動員16万8000人、興収2億3300万円をあげ、11週連続1位を記録した。累計成績は、動員1231万人、興収171億円を突破した。
  • 「イオンシネマとなみ(仮称)」2023年夏開業(2022.10.17)

    イオンモール(株)とイオンリテール(株)は、富山県砺波市の「イオンモールとなみ」を順次改装し、2023年夏にリニューアルオープンするのにあたり、同市初となる映画館として、イオンエンターテイメント(株)が運営するイオンシネマを開業する。(10月14日付 日刊興行通信より)
  • 「IMAX映画祭 in 日比谷」11月4日から開催(2022.10.17)

    「TOHOシネマズ日比谷」はIMAXレーザーを11月4日から導入することを記念し、「IMAX映画祭 in 日比谷」を同日から11月11日まで次のとおり開催する。(10月13日付 日刊興行通信より)
  • 東映、年間興収歴代新記録達成(2022.10.13)

    東映(株)は、本年1月1日から9月30日までに興収220億4645万3934円を記録し、早くも同社歴代1位の成績を達成した。(10月11日付 日刊興行通信より)
  • 「第35回東京国際映画祭」黒澤明賞&特別功労賞受賞者決定(2022.10.12)

    10月24日から11月2日まで開催される「第35回東京国際映画祭」で14年ぶりに復活する「黒澤明賞」の受賞者が、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督と深田晃司監督に決定した。さらに、特別功労賞は、黒澤明監督の「羅生門」にスクリプターとして参加し、以降の全黒澤映画で記録・編集・制作助手として参加した野上照代氏に贈られることも決定した。(10月10日付 日刊興行通信より)
  • 佐藤浩市&横浜流星W主演で 「春に散る」映画化(2022.10.12)

    ボクシングを通じて“生きる”を問い、朝日新聞連載時から話題をよんだ沢木耕太郎著「春に散る」が瀬々敬久監督、佐藤浩市&横浜流星W主演で映画化され、ギャガ配給により2023年に全国公開される。(10月10日付 日刊興行通信より)
  • 『ONE PIECE FILM RED』が10週連続の1位!新作は『呪い返し師 −塩子誕生』『七人の秘書 〜』など5作品がランクイン(2022年10月8日-10月9日)(2022.10.11)

    今週の動員ランキングは、『ONE PIECE FILM RED』(東映)が、土日2日間で動員16万7000人、興収2億3000万円をあげ、10週連続1位の座を守った。10月9日(月・祝)までの累計成績は、動員1208万人、興収167億7600万円を記録している。
  • 「映画館へ行こう!」キャンペーンキャラクターが誕生(2022.10.10)

    全興連は、「映画館へ行こう!」キャンペーンを10月6日から開始。本キャンペーンのキャラクター「シアッテ」が誕生し、映画館のスクリーンや「映画館へ行こう!」公式サイト他で上映・公開されるPR動画などに登場し、映画館の魅力を来年3月まで伝えていく。(10月7日付 日刊興行通信より)
  • 「TOHOシネマズ梅田」がプレミアムシアター導入(2022.10.10)

    「TOHOシネマズ梅田」は、11月11日からTOHOシネマズのハイエンドシアターである「プレミアムシアター」を導入。これに伴い、スクリーン1を10月17日から20日まで休館する。(10月6日付 日刊興行通信より)
  • 山田洋次監督作「こんにちは、母さん」製作&公開決定(2022.10. 6)

    松竹(株)は、山田洋次監督、吉永小百合&大泉洋主演作「こんにちは、母さん」を製作し、2023年9月1日に公開する。(10月4日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  | 5 |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ