ニュース

  • 「ペット」動員300万人、興収35億円突破(2016.9. 7)

    8月11日から公開中の「ペット」(東宝東和配給)は公開4週目も好調で、土日2日間で動員15万4854人、興収1億9920万1000円をあげ、9月4日までの累計成績は動員300万9708人、興収36億6612万1600円と、公開25日間で動員300万人、興収35億円を突破した。(9月5日付 日刊興行通信より)
  • 一堂、敬礼!

    リオ五輪銀メダリスト!ケンブリッジ飛鳥選手が登場「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」製作発表会(2016.9. 6)

    日本SFアニメ史の始祖にして不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」を完全リメイクしたTVアニメシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2199」から3年後を描いた「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の製作発表が9月5日(月)に行われ、西崎彰司製作総指揮、羽原信義監督、シリーズ構成・脚本の福井晴敏氏、声優を務める小野大輔(古代進役)、桑島法子(森雪役)、コラボレーション企画を実施する(株)ドームの赤倉吉典取役兼執行役員CMO、スペシャルゲストとして陸上短距離のケンブリッジ飛鳥選手、モデルのKellyが登壇した。
  • 「爆音映画祭2016特集タイ|イサーン」9月27日から開催(2016.9. 6)

    「爆音映画祭2016特集タイ|イサーン」が9月27日から10月1日までShibuya WWW、Shibuya WWWXで開催され、タイのイサーン地方でロケーション撮影した富田克也監督の最新作「バンコクナイツ」(空族配給)が東京プレミア上映される。(9月4日付 日刊興行通信より)
  • キネコと一緒に

    今年は11月2日から二子玉川で開催決定!「キネコ国際映画祭2016&TIFF」記者発表会(2016.9. 5)

    昨年より「キンダー・フィルム・フェスティバル」から名称を変更し、「夢を育てる世界の映画を子どもたちへ」をコンセプトに今年で24回目を迎える「キネコ国際映画祭2016&TIFF」の記者発表会が9月5日(月)に行われ、ジェネラル・ディレクターを務める女優の戸田恵子、プログラミング・ディレクターを務める司会者・タレントの中山秀征、そして今年からスペシャル・サポーターとして参加する俳優の高橋克典らが登壇した。
  • 「君の名は。」が2週連続1位!「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」が初登場6位(9月3日-9月4日)(2016.9. 5)

    先週素晴らしいオープニングを飾った『君の名は。』(東宝)が、土日2日間で動員86万7000人、興収11億6000万円というオープニングを上回る驚異的な数字をあげて2週連続1位を獲得。公開10日間で動員290万人、興収38億円を突破した。
  • 角川シネマ新宿で「ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭」開催(2016.9. 5)

    21年ぶりのザ・ビートルズの新作映画「THE BAETLES EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」(角川配給)の9月22日公開を記念し、9月3日から角川シネマ新宿で「ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭」が開催される。(9月1日付 日刊興行通信より)
  • 「バイオハザード:ザ・ファイナル」東京コミコンに出品(2016.9. 1)

    12月23日から日本で世界最速公開される「バイオハザード:ザ・ファイナル」(SPE配給)が、12月2日から4日まで幕張メッセで初開催される「東京コミックコンベンション2016」(東京コミコン)にメイン作品として出品されることが決定した。(8月30日付 日刊興行通信より)
  • 「あいち国際女性映画祭2016」9月7日から開催(2016.9. 1)

    公益財団法人あいち男女共同参画財団及びあいち国際女性映画祭2016運営委員会は「あいち国際女性映画祭2016」を9月7日から11日までウィルあいちをメイン会場に開催する。(8月30日付 日刊興行通信より)
  • 鈴木プロデューサーとマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監

    宮崎駿監督も「見事だ!」と太鼓判!「レッドタートル ある島の物語」完成披露会見(2016.9. 1)

    スタジオジブリ初の海外製作作品となる最新作「レッドタートル ある島の物語」の完成披露会見が9月1日(木)に行われ、来日したマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが登壇した。本作は、マイケル監督が2000年に発表した8分間の短編「Father and Daughter」(邦題「岸辺のふたり」)を観た鈴木プロデューサーが大変感銘を受けたということで、「長編を作ってもらったらどうなるだろう?」と制作を打診、構想10年、制作8年を経て完成したアニメーション。
  • 瀬々敬久監督の最新企画作がアジアン・プロジェクト・マーケットの最終選考作品に決定(2016.8.30)

    瀬々敬久監督の最新企画作「菊とギロチン―女相撲とアナキスト―」が「第21回釜山国際映画祭」内で行われる「第19回アジアン・プロジェクト・マーケット(APM)」の最終選考作品に8月23日決定した。(8月28日付 日刊興行通信より)
  • 「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2016」過去最高の動員(2016.8.29)

    7月16日から8月19日までの5週間開催された「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2016」(カリコレ2016)が、動員1万3616人、興収1805万7300円と過去最高を記録し、6週間開催であった昨年対比で123%と躍進した。(8月25日付 日刊興行通信より)
  • 「君の名は。」が初登場1位!「後妻業の女」が4位(8月27日-8月28日)(2016.8.29)

    男女の心の機微を美しい風景描写で描き、国内外で注目を集める新海誠監督の「言の葉の庭」から3年ぶりとなるオリジナルアニメ『君の名は。』(東宝)が土日2日間で動員68万8000人、興収9億3000万円という素晴らしいオープニング成績で初登場1位を獲得。
  • 「BLEACH」福士蒼汰主演で実写映画化決定(2016.8.26)

    2001年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている久保帯人原作の人気コミック「BLEACH」が福士蒼汰主演で実写化され、ワーナー・ブラザース配給により2018年に全国公開される。 (8月24日付 日刊興行通信より)
  • 「ファインディング・ドリー」バリアフリー上映実施(2016.8.25)

    7月16日から公開中の「ファインディング・ドリー」(WDS配給)は、夏休みに入ってからも幅広い観客を動員し、8月21日までの累計成績で動員496万1653人、興収60億4405万2900円と興収60億円を突破。この度、ディズニー映画としては初の試みとなるバリアフリー上映を9月に実施することを決定した。(8月23日付 日刊興行通信より)
  • 「ペット」動員150万人、興収20億円を突破(2016.8.24)

    8月11日から全国363スクリーンで公開中の「ペット」(東宝東和配給)は、公開11日間で動員188万3759人、興収23億1262万0700円をあげ、2週連続で動員ランキング1位を獲得。昨年公開の「ミニオンズ」(興収52億円)よりも2日間早い動員150万人、興収20億円を突破した。(8月22日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | 8 |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ