ニュース

興行状況

  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」早くも100万人突破(2012.11.22)

    11月17日から全国224スクリーンで公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(ティ・ジョイ、カラー配給)が、11月20日までの公開4日間で動員110万3343人、興収15億8112万1800円を記録した。(11月21日付 日刊興行通信より)
  • 新宿バルト日計記録樹立(2012.11.19)

    (株)ティ・ジョイとTOHOシネマズ(株)が共同経営するシネコン「新宿バルト9」は、11月17日に日計動員1万5290人、興収2567万5800円(税込)をあげ、日計動員・興収の両方で新記録を樹立した。当日は初日を迎えた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の世界最速上映が0時から全9スクリーンで行われ、既に早朝6時の段階で、動員4087人、興収711万5900円を記録。さらに当日終了時点で、同作のみで動員1万671人、興収1852万3400円となり、その他、同じく初日を迎えた「任侠ヘルパー」や、引き続き好調な「悪の教典」「北のカナリアたち」など、他作品の高稼働も相まって、新記録樹立となった。(11月18日付 日刊興行通信より)
  • 「007 スカイフォール」25カ国で1位に(2012.10.31)

    12月1日からTOHOシネマズ日劇ほか全国で公開される「007 スカイフォール」(SPE配給)が、10月26日からイギリスをはじめ、世界25カ国、6540スクリーンで公開され、その全ての国で週末成績1位となり、ほとんどの国で前2作のオープニング成績を超えた。(10月30日付 日刊興行通信より)
  • 「最強のふたり」興収10億円を突破(2012.10.17)

    9月1日から公開中の「最強のふたり」(ギャガ配給)が、10月14日までの累計成績で動員82万3361人、興収10億1044万3200円を記録した。(10月16日付 日刊興行通信より)
  • 「バイオハザードV:リトリビューション」興収30億円突破(2012.10.10)

    9月14日から全国779スクリーンで公開され、ヒットスタートを切った「バイオハザードV:リトリビューション」(SPE配給)が公開21日目となる10月5日に興収30億円を突破した。(10月9日付 日刊興行通信より)
  • 「ヘルタースケルター」興収20億円突破(2012.08.29)

    7月14日から丸の内ピカデリー他全国114館で公開されている「ヘルタースケルター」(アスミック・エース配給)が、8月27日までの公開45日間で動員153万5820人、興収20億525万4380円を記録した。(8月28日付 日刊興行通信より)
  • 「マダガスカル3」早くも興収10億円突破(2012.08.16)

    8月1日から新宿ピカデリーほか全国で公開中の「マダガスカル3」(パラマウント配給)が、8月14日に興収10億円を突破した。(8月15日付 日刊興行通信より)
  • 「ヘルタースケルター」動員100万人突破(2012.08.03)

    7月14日から丸の内ピカデリー他全国で公開されている「ヘルタースケルター」(アスミック・エース配給)は3週目も順調で、8月1日までの公開19日間で動員103万7337人、興収13億4341万1160円となった。(8月2日付 日刊興行通信より)
  • 「マダガスカル3」全米でシリーズ最高の2億ドル突破(2012.07.19)

    8月1日から新宿ピカデリー他全国で公開される3Dアニメーション「マダガスカル3」(パラマウント配給)が、全米での公開35日間でシリーズ最高興収となる2億ドルを突破した。(7月18日付 日刊興行通信より)
  • 東宝が上半期10億円以上作品を発表(2012.07.18)

    東宝が2011年11月から2012年6月まで配給した作品で興収10億円を突破した作品は16本あり、「テルマエ・ロマエ」の58.2億円がトップだった。(7月17日付 日刊興行通信より)
  • 「アメイジング・スパイダーマン」動員100万人突破(2012.07.11)

    6月30日からTOHOシネマズ他全国で公開され、公開週末成績が今年公開の洋画ナンバーワンヒットとなった「アメイジング・スパイダーマン」(SPE配給)が、2週目の7月8日までの累計成績で動員111万124人、興収16億4319万6100円をあげ、早くも動員100万人を突破した。(7月10日付 日刊興行通信より)
  • 「アメイジング・スパイダーマン」早くも興収10億円突破(2012.07.05)

    6月30日からTOHOシネマズ他全国1092スクリーンの史上最大規模で公開された「アメイジング・スパイダーマン」(SPE配給)が、7月3日までに早くも興収10億円を突破した。(7月4日付 日刊興行通信より)
  • 「スノ-ホワイト」動員100万人突破(2012.07.04)

    6月15日からTOHOシネマズ日劇他全国で公開中の「スノーホワイト」(東宝東和配給)が、7月1日までの公開17日間累計で、動員101万2759人、興収12億2919万3550円を記録し、動員100万人を突破。興収15億円突破も目前となった。(7月3日付 日刊興行通信より)
  • 「メン・イン・ブラック3」」ヒットにつき続映(2012.06.26)

    TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開中の「メン・イン・ブラック3」(東宝東和配給)が、6月25日までに動員192万6028人、興収28億6452万7200円を記録し、30億円突破も確実視されるヒットとなっていることから、当初公開終了予定であった6月29日以降も続映されることが決定した。(6月25日付 日刊興行通信より)
  • 「メン・イン・ブラック3」興収25億円を突破(2012.06.20)

    TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開中の「メン・イン・ブラック3」(東宝東和配給)が、6月19日までの累計で動員178万7020人、興収26億5621万3000円を記録した。(6月19日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 11 |  12  |  13  |  14  |  15  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ