ニュース

映画祭・映画賞

  • 「第12回ラテンビート映画祭」新宿バルト9で開催(2015.10.07)

    10月8日から12日まで新宿バルト9で開催され、その後、梅田ブルク7、横浜ブルク13で順次開催される「第12回ラテンビート映画祭LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2015」の上映ラインナップ全17作品が決定した。(10月6日付 日刊興行通信より)
  • 第28回東京国際映画祭「日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨〜」開催(2015.10.05)

    10月22日から31日まで開催される「第28回東京国際映画祭」では、日本のホラー映画監督3人の代表作4本がオールナイト一挙特集上映する「日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨〜」を10月28日に開催する。(10月4日付 日刊興行通信より)
  • 第28回東京国際映画祭「JAPAN Now 監督特集〈原田眞人の世界〉」開催(2015.10.02)

    「第28回東京国際映画祭」で新たに設立された「JAPAN Now」部門は、「JAPAN Now 監督特集〈原田眞人の世界〉」を開催する。(10月1日付 日刊興行通信より)
  • コンペティション部門出品の邦画3作品監督&出演陣

    怖くて脚本が読めなかった!?竹内結子主演ホラーなど邦画3本がコンペティションに!「第28回東京国際映画祭」ラインナップ発表(2015.09.29)

    10月22日(木)から31日(土)まで開催される「第28回東京国際映画祭」のラインナップ発表会が9月29日(火)に行われた。コンペティション部門16作品をはじめ全上映作品が発表され、ゲストとしてコンペティション部門に選出された「残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−」から中村義洋監督、竹内結子、「さようなら」から深田晃司監督、ブライアリー・ロング、「FOUJITA」から小栗康平監督が登壇し、今年の総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサーと西尾由佳理アナウンサーと共に映画祭への期待などトークを繰り広げた。
  • 「第28回東京国際映画祭」コンペティション部門審査委員が決定(2015.09.28)

    10月22日から31日まで開催される「第28回東京国際映画祭」のコンペティション部門審査委員が決定。既に発表されている審査委員長のブライアン・シンガー氏(映画監督/脚本家/プロデューサー)に加え、審査委員はトラン・アン・ユン氏(映画監督)、ベント・ハーメル氏(映画監督/脚本家/プロデューサー)、ナンサン・シー氏(プロデューサー)、スサンネ・ビア氏(プロデューサー/脚本家/映画監督)、大森一樹氏(映画監督/脚本家)が務める。(9月27日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭「歌舞伎スペシャルナイト」今年も開催(2015.09.25)

    10月22日から開幕する「第28回東京国際映画祭」では、昨年新たな試みとして好評を博したイベント「歌舞伎座スペシャルナイト」を10月26日に開催し、歌舞伎俳優の片岡愛之助が舞踊を披露する。(9月24日付 日刊興行通信より)
  • 2年に1度の開催です

    短い作品からドキュメンタリーに親しんで欲しい!「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」会見(2015.09.10)

    10月8日(木)から15日(木)まで開催される「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」の東京記者会見が9月10日(木)に行われた。1989年から隔年で開催されてきた本映画祭は、今年で14回目を迎え、インターナショナル・コンペティション部門は116の国と地域から1196本の応募があり、15作品が決定。アジア千波万波部門も59の地域から678本の応募があり、18作品が決定した。なお、今年はブラジルと日本の外交樹立120周年となり、ラテンアメリカの特集などでブラジル映画が上映されることから、会見もブラジル大使館で行われた。
  • 「第40回トロント国際映画祭」に「あん」出品(2015.09.04)

    河瀬直美監督作「あん」(エレファントハウス配給)が、9月10日から20日まで開催される「第40回トロント国際映画祭」のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定。河瀬監督と主演の樹木希林が北米プレミア上映に合わせてトロント入りする。(9月3日付 日刊興行通信より)
  • 「第88回米国アカデミー賞」外国語映画部門日本代表に「百円の恋」(2015.09.04)

    一般社団法人日本映画製作者連盟は、「第88回米国アカデミー賞」外国語映画賞部門へ日本から出品する作品の選考会を9月2日に行い、申請された22作品の中から武正晴監督の「百円の恋」(申請会社:東映ビデオ(株))を選出した。(9月3日付 日刊興行通信より)
  • 「あいち国際女性映画祭2015」フィルム・コンペティションを創設(2015.08.28)

    9月1日から6日までウィルあいちをメイン会場に開催される「あいち国際女性映画祭2015」は20回記念としてフィルム・コンペティションを創設した。長編フィルム部門では、ノミネート6作品の中からグランプリ「金のコノハズク賞」に賞金50万円、準グランプリ「銀のコノハズク賞」に賞金20万円を贈呈。短編フィルム部門では、ノミネート10作品の中からグランプリ「金のカキツバタ賞」に賞金20万円、準グランプリ「銀のカキツバタ賞」に賞金10万円(2作品)、観客賞に賞金5万円を贈呈する。(8月27日付 日刊興行通信より)
  • 「あいち国際女性映画祭2015」開催(2015.08.27)

    公益財団法人あいち男女共同参画財団及びあいち国際女性映画祭2015運営委員会は「あいち国際女性映画祭2015」を9月1日から6日までウィルあいちをメイン会場に開催する。国内唯一の国際女性映画祭として今年で20回目を迎え、世界各国の女性監督による作品、女性に注目した作品を上映。20回記念企画として、映画製作が活発なアジア映画を積極的に上映するべく国際交流基金アジアセンターの助成による「アジア・ムービー インパクト」を創設し、アジア7カ国の9作品をラインナップ。また、2020年の東京オリンピックに向けた女性アスリート企画として、スポーツで活躍する女性を描いた2作品も上映する。(8月26日付 日刊興行通信より)
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 大阪2015」9月19日から開催(2015.08.24)

    米国アカデミー賞公認国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 大阪2015」が9月19日から23日までグランフロント大阪北館4階ナレッジキャピタル「ナレッジシアター」で開催される。(8月23日付 日刊興行通信より)
  • 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」第39回モントリオール世界映画祭に出品(2015.08.24)

    (株)東北新社が制作を手掛け、5月1日から全国公開された「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」(松竹配給)は、8月27日から開催される「第39回モントリオール世界映画祭」のワールド・グレイツ部門への出品が決定した。(8月23日付 日刊興行通信より)
  • 「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ) 2015」開催(2015.08.12)

    映画配給宣伝会社のスポッテッドプロダクションズが、監督×ミュージシャン×俳優たちが火花を散らす異色の映画祭として展開する「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ) 2015」が8月22日から新宿K‘s cinemaで開催される。(8月11日付 日刊興行通信より)
  • 「星ガ丘ワンダーランド」モントリオール世界映画祭に出品(2015.08.12)

    2016年公開予定の中村倫也主演、柳沢翔監督作「星ガ丘ワンダーランド」(ファントム・フィルム配給)が、8月27日から開催される「第39回モントリオール世界映画祭」のファースト・フィルム・ワールド・コンペティション長編部門に正式招待された。(8月11日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10 |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ