ニュース

映画祭・映画賞

  • 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015」開幕(2015.07.21)

    今年で12回目を迎える「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015」が7月18日に開幕。オープニング上映では、本映画祭が初プロデュースし、地元川口市を舞台に“家族のありかた”を描いた「鉄の子」がワールド・プレミア上映され、田畑智子、裵ジョンミョン、スギちゃん、佐藤大志、舞優、福山功起監督が登壇した。(7月19日付 日刊興行通信より)
  • 野外映画祭&音楽フェス「湖畔の映画祭」8月開催(2015.07.13)

    湖畔の映画祭実行委員会は、富士五湖で最大の本栖湖キャンプ場で野外映画祭&音楽フェス「湖畔の映画祭」を8月1日・2日に開催。本映画祭は、インディペンデント映画の作り手たちと地元が力を合わせて開催。参加者は特設キャンプサイトでアウトドアを満喫しながら、映画や音楽が楽しめる。また、富士山周辺の環境を守るため、ゲスト、地元有志、参加者で本栖湖の清掃も実施予定。(7月12日付 日刊興行通信より)
  • 「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」開催(2015.07.09)

    セクシュアル・マイノリティをテーマにした作品を上映する「第24回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が、シネマート新宿(7月11日〜17日)、スパイラルホール(7月17日〜20日)で開催される。(7月8日付 日刊興行通信より)
  • 染谷将太、ライジング・スター賞を受賞(2015.07.08)

    6月26日からニューヨークで開催中の「第14回ニューヨーク・アジア映画祭」に出品されている「さよなら歌舞伎町」(東京テアトル配給)、「TOKYO TRIBE」(日活配給)において、染谷将太がこれからの活躍を期待される若手俳優に贈られるライジング・スター賞を7月4日(現地時間)に受賞し、リンカーンセンターでの授賞式に登壇した。(7月7日付 日刊興行通信より)
  • 第33回川喜多賞は黒沢清(2015.07.06)

    第33回(2015年度)川喜多賞が選考委員会により選考され、本年度は黒沢清氏の受賞が決定した。(7月5日付 日刊興行通信より)
  • 「さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜」第17回台北映画祭で観客賞(2015.07.06)

    6月26日から7月18日まで台湾で開催されている「第17回台北映画祭」の国際ニュータレント・コンペティション部門に出品されていた「さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜」(東映配給)が7月1日、日本映画としては初の観客賞を受賞した。(7月5日付 日刊興行通信より)
  • 「エール!」が「フランス映画祭2015」観客賞受賞(2015.07.01)

    6月26日から29日まで有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇で開催されていた「フランス映画祭2015」が盛況のうち幕を閉じ、観客賞にはオープニング作品として上映された「エール!」(クロックワークス、アルバトロス・フィルム配給)が輝いた。(6月30日付 日刊興行通信より)
  • 第37回モスクワ国際映画祭で「きみはいい子」がNETPAC賞受賞(2015.06.30)

    6月27日からテアトル新宿他全国で公開された「きみはいい子」(アークエンタテインメント配給)が、日本から唯一コンペティション部門に出品されていた「第37回モスクワ国際映画祭」でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を6月26日に受賞した。(6月29日付 日刊興行通信より)
  • 「あん」、「第1回バレッタ映画祭」2冠(2015.06.24)

    5月30日から全国公開中の「あん」(エレファントハウス配給)が「第1回バレッタ映画祭」メイン部門である長編コンペティションにおいて最優秀作品賞と、主演の樹木希林が最優秀女優賞を受賞した。(6月23日付 日刊興行通信より)
  • 「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」がアヌシー国際アニメーション映画祭で審査員賞(2015.06.23)

    5月9日から全国で公開中の原恵一監督作「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」(東京テアトル配給)が、フランスで6月15日から20日まで開催されていた「第39回アヌシー国際アニメーション映画祭」で長編部門審査員賞を受賞した。(6月22日付 日刊興行通信より)
  • 第18回上海国際映画祭で「深夜食堂」上映会盛況(2015.06.19)

    1月31日から全国80館で公開され、興収2・5億円を記録した「深夜食堂」(東映配給)が、開催中の「上海国際映画祭」の招待作品として上映され、6月15日の上映会では松岡錠司監督が舞台挨拶を行った。(6月18日付 日刊興行通信より)
  • 第18回上海国際映画祭「高倉健トリビュート上映会」盛況(2015.06.18)

    6月13日から21日まで開催されている「第18回上海国際映画祭」の特別企画「高倉健トリビュート上映会」のオープニングセレモニーが6月14日に行われ、降旗康男監督らが登壇。「鉄道員(ぽっぽや)」上映後には、ほとんどの観客がエンドロールが終わるまで席を立たず、拍手喝采が起こるという中国では異例の事態となり、幅広い世代から絶賛の感想が寄せられた。(6月17日付 日刊興行通信より)
  • 「アリエル王子と監視人」フィリピン・ワールドプレミア映画祭で上映(2015.06.15)

    日本・タイ合作「アリエル王子と監視人」(キリンジ配給)が、6月24日から7月7日までフィリピンのマニラで開催される「フィリピン・ワールドプレミア映画祭」に日本映画として初めて正式招待される。ASEAN地域で製作された作品を対象にした「ASEAN SKIES」部門での上映となり、各大陸間で最も優れた作品を選ぶ「インターコンチネンタル・コンペティション」のグランプリを狙う。(6月14日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭と上海国際映画祭が協力提携(2015.06.12)

    東京国際映画祭は、6月13日から21日まで開催される上海国際映画祭と5月に協力提携の覚書を締結した。アジアの主要映画祭として共に発展を目指し、上映作品やゲスト招聘などを中心に連携を取り合う。(6月11日付 日刊興行通信より)
  • SSFF&ASIA「FutureCity Yokohama Award」は「アーティスト110」(2015.06.09)

    6月14日まで開催中の「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015」は、6月6日に横浜会場のブリリア ショートショートシアターで、3年目となる「FutureCity Yokohama Award」ノミネート6作品の上映と表彰式を行い、韓国のアニメーション「アーティスト110」が受賞した。(6月8日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  | 12 |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ