ニュース

映画祭・映画賞

  • 第5回沖縄国際映画祭」メインポスター決定(2013.01.22)

    3月23日から30日まで開催される「第5回沖縄国際映画祭」のメインポスターが沖縄県内で公募され、76点もの図案・デザインの中から那覇市在住の金城拓氏の作品に決定した。(1月21日付 日刊興行通信より)
  • キネマ旬報ベスト・テン、日本映画1位は「かぞくのくに」(2013.01.17)

    キネマ旬報が発表する2012年度「第86回キネマ旬報ベスト・テン」が決定し、日本映画第1位に「かぞくのくに」、外国映画第1位に「ニーチェの馬」が選ばれた。(1月16日付 日刊興行通信より)
  • 第70回ゴールデン・グローブ賞「レ・ミゼラブル」が最多3冠(2013.01.15)

    第70回ゴールデン・グローブ賞受賞式が1月13日(日本時間14日)にロサンゼルスのザ・ビバリー・ヒルトンで開催された。コメディ/ミュージカル部門の作品賞には、「レ・ミゼラブル」(東宝東和配給)が輝き、同部門主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)、助演女優賞(アン・ハサウェイ)も受賞し、最多となる3冠を手にした。ドラマ部門の作品賞には「アルゴ」(WB配給)が輝き、ベン・アフレックが監督賞も受賞した。(1月14日付 日刊興行通信より)
  • 第85回アカデミー賞ノミネーション発表(2013.01.15)

    第85回アカデミー賞のノミネーションが1月10日に発表され、スティーブン・スピルバーグ監督作「リンカーン」(FOX配給、4月19日公開)が作品賞、監督賞をはじめ最多12部門にノミネートされた。(1月14日付 日刊興行通信より)
  • 「魔女と呼ばれた少女」バンクーバー映画批評家協会賞で3冠(2013.01.11)

    3月9日からシネマート新宿で公開される「魔女と呼ばれた少女」(彩プロ配給)が、1月7日(現地時間)にバンクーバー映画批評家協会賞のカナダ映画部門で作品賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞した。(1月10日付 日刊興行通信より)
  • 「チチを撮りに」がベルリン国際映画祭で上映(2012.12.20)

    2月16日から新宿武蔵野館(レイトショー)ほか全国で順次公開される「チチを撮りに」(デジタルSKIPステーション配給)が、2月7日から17日まで開催される「第63回ベルリン国際映画賞」ジェネレーション部門に正式招待された。(12月19日付 日刊興行通信より)
  • 「リンカーン」が最多7部門、ゴールデングローブ賞ノミネーション発表(2012.12.17)

    第70回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月13日(現地時間)に発表され、作品賞、監督賞をはじめとする最多7部門にスティーヴン・スピルバーグ監督作「リンカーン」(4月19日公開、FOX配給)がノミネートされた。次いで5部門には「アルゴ」(WB配給)、「ジャンゴ 繋がれざる者」(3月1日公開、SPE配給)、4部門には「レ・ミゼラブル」(12月21日公開)、「ゼロ・ダーク・サーティ」(2月15日公開、ギャガ配給)、「世界にひとつのプレイブック」(2月22日公開、ギャガ配給)がノミネートされた。授賞式は来年1月13日(現地時間)LAで行われる。(12月16日付 日刊興行通信より)
  • 亀山氏、蜷川監督、赤堀監督

    赤堀監督、蜷川監督、亀山プロデューサーが受賞!「新藤兼人賞・SARVH賞」授賞式(2012.12.07)

    日本映画製作者協会が授与する2012年度「新藤兼人賞」及び私的録画補償金管理協会が授与する「SARVH賞」の授賞式が12月7日(金)に行われ、「その夜の侍」の赤堀雅秋監督が「新藤兼人賞」金賞、「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が「新藤兼人賞」銀賞を受賞。また、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」や「テルマエ・ロマエ」、「BRAVE HEARTS 海猿」など今年の邦画ヒット作を手掛けたプロデューサーであり、フジテレビの映画事業局長も務める亀山千広氏が「SARVH賞」を受賞した。
  • 「ゼロ・ダーク・サーティ」NY映画批評家協会賞で3部門受賞(2012.12.06)

    2月15日からTOHOシネマズ有楽座ほか全国で公開されるキャサリン・ビグロー監督作「ゼロ・ダーク・サーティ」(ギャガ配給)が、12月3日(現地時間)に発表された「第78回ニューヨーク映画批評家協会賞」で最多タイとなる3部門(作品賞、監督賞、撮影賞)を受賞した。(12月5日付 日刊興行通信より)
  • 第57回「映画の日」中央式典開催(2012.12.03)

    第57回「映画の日」中央式典が12月1日、東京會舘で開催され、永年勤続功労章、特別功労章及び感謝状の表彰、第38回城戸賞並びに第30回ゴールデングロス賞の授与式、さらに今回から同式典に加わった第8回筑紫賞:ゴールデンタイトル・アワードの授与式が行われた。(12月2日付 日刊興行通信より)
  • 日大藝術学部学生による「新・女性映画祭」開催(2012.11.30)

    現役の日本大学藝術学部の学生(映画学科理論・評論コース3年)による企画「新・女性映画祭 こんなふうに私も生きたい」が12月15日から21日までオーディトリウム渋谷で開催される。(11月29日付 日刊興行通信より)
  • 「京都映画・映像企画市」昨年度優秀賞、LAで上映(2012.11.25)

    NPO法人映像産業振興機構(略称VIPO)が、京都府と共同で開催している「京都映画・映像企画市‐Kyoto Film Pitching‐」の昨年度優秀賞に選ばれ、制作されたパイロット版映像「EDO OF THE DEAD」(山本清史監督)が、「LA Eiga Fest 2012」のショートコンペティション部門に入賞し、上映されることが決定した。(11月22日付 日刊興行通信より)
  • ベルリン国際映画祭、参加企業募集(2012.11.25)

    公益財団法人ユニジャパンは、2013年2月7日から開催される「第63回ベルリン国際映画祭」のヨーロピアン・フィルム・マーケットへジャパン・ブースを出展し、その参加企業を募集している。(11月22日付 日刊興行通信より)
  • 「最強のふたり」筑紫賞受賞(2012.11.25)

    ロングラン上映中の「最強のふたり(原題「Untouchable」)」(ギャガ配給)が、「映画館に行こう!」実行委員会が運営する第8回「筑紫賞:ゴールデンタイトル・アワード」を受賞することが決定した。(11月22日付 日刊興行通信より)
  • 「第4回京都ヒストリカ国際映画祭」12月1日から開催(2012.11.22)

    東映(株)京都撮影所が京都太奏地区等で開催し、今年で4回目を迎える「京都ヒストリカ国際映画祭」が12月1日から9日まで行われる。(11月21日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  | 27 |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ