ニュース

映画祭・映画賞

  • コンペティション審査委員長を務めたエドワード・R・プレスマン氏

    第24回東京国際映画祭が閉幕、最高賞は仏映画「最高のふたり」に決定!(2011.10.31)

    第24回東京国際映画祭が30日に閉幕し、エリック・トレダノ監督&オリヴィエ・ナカシュ監督のフランス映画「最強のふたり」がサクラグランプリに輝いた。同作は、実話をベースに、事故で首から下が完全に麻痺してしまった富豪と、介護役に抜擢された黒人青年との交流を描き、最優秀男優賞(フランソワ・クリュゼ、オマール・シー)も受賞した。また、役所広司&小栗旬共演の「キツツキと雨」(沖田修一監督)は審査委員特別賞を受賞した。
  • 「東京国際映画祭 in 仙台」特別上映会盛況(2011.10.28)

    「東京国際映画祭 in 仙台」特別上映会がMOVIX仙台で10月25日に仙台地区在住の人々を招いて開催され、応募総数1781名のうち約700名の当選者が来場し、「ハルのふえ」「ステキな金縛り」「カイジ2~人生奪回ゲーム~」と「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の4作品を鑑賞した。(10月27日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭で「トルコ地震」義援金募金(2011.10.27)

    第24回東京国際映画祭では、10月23日にトルコ東部地域で発生した「トルコ地震」の被災者のため、10月25日から映画祭会場に募金箱を設置し、義援金募金を実施することを決定した。(10月26日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭で香川京子「FIAF賞」贈賞式(2011.10.26)

    第24回東京国際映画祭で行われている特集上映「香川京子と巨匠たち」において、FIAF賞(国際フィルムアーカイブ連盟賞)贈賞式が10月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。(10月25日付 日刊興行通信より)
  • 第24回東京国際映画祭が華やかに開幕(2011.10.24)

    第24回東京国際映画祭(TIFF)が10月22日に開幕し、けやき坂でのグリーンカーペットに続き、TOHOシネマズ六本木ヒルズでオープニングセレモニーが行われた。恒例の200メートルに及ぶグリーンカーペットには、ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子、岡田将生、榮倉奈々、役所広司、小栗旬、阿部寛、中井貴一、溝端淳平、黒木メイサ、山田孝之、ヴィム・ベンダース監督、ミラ・ジョヴォヴィッチら国内外のゲストの他、野田佳彦内閣総理大臣と枝野幸男経済産業大臣も登場。ゲスト402人、グリーンカーペットの一般観覧人数5000人、マスコミ数も640を越え、華やかに開幕した。(10月23日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際女性映画祭、10月23日から開催(2011.10.20)

    「第24回東京国際女性映画祭」が10月23日から26日までセルバンテス文化センター東京 オーディトリアムで開催される。(10月19日付 日刊興行通信より)
  • 「サウダーヂ」がリスボン&エストリル映画祭に出品決定(2011.10.19)

    10月22日から渋谷ユーロスペースで公開される富田克也監督作「サウダーヂ」(空族配給)が、11月開催のリスボン&エストリル映画祭のアウト・オブ・コンペティション(特別招待)部門で上映されることが決定した。(10月18日付 日刊興行通信より)
  • 「幸運の壺」FCCFF出品(2011.10.18)

    第3回沖縄国際映画祭に出品された小川通仁監督作「幸運の壺 Good Fortune」(よしもとアール・アンド・シー配給)が、10月12日から16日までニューヨークのマンハッタンで開催されていた「第3回フライヤーズクラブ・コメディ映画祭(FCCFF)」のインターナショナル長編部門に出品された。(10月17日付 日刊興行通信より)
  • 国際Dシネマ映画祭が閉幕、「キニアルワンダ」が長編グランプリ受賞(2011.10.18)

    10月8日から埼玉県川口市の彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール他で開催されていた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011」が10月16日に閉幕し、長編部門のグランプリにアルリック・ブラウン監督の「キニアルワンダ」、短編部門のグランプリに畑中大輔監督の「記憶のひとしずく」が輝いた。(10月17日付 日刊興行通信より)
  • 「東京アニメアワード」アニメーション オブ ザ イヤーは「借りぐらしのアリエッティ」(2011.10.13)

    「第10回東京アニメアワード表彰式」が10月10日、東京ビッグサイトで開催され、アニメーション オブ ザ イヤーには米林宏昌監督の「借りぐらしのアリエッティ」が輝いた。(10月12日付 日刊興行通信より)
  • 「国際Dシネマ映画祭」開幕(2011.10.11)

    今年で8回目を迎える「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011」が10月8日に開幕し、オープニング・セレモニーが開催された。(10月9日付 日刊興行通信より)
  • 京都ヒストリカ映画祭開催(2011.10.07)

    東映(株)京都撮影所が京都太奏地区で開催し、今年で3回目を迎える「京都ヒストリカ国際映画祭」が11月19日から12月1日まで開催される。(10月6日付 日刊興行通信より)
  • 製作中の「マイウェイ」釜山国際映画祭メインイベントとして参加(2011.10.06)

    2012年1月14日から全国公開される「マイウェイ 12、000キロの真実」(CJEJ、東映配給)が、10月6日から開催される「第16回釜山国際映画祭」において、製作途中の作品ながらメインイベントとして8日に公式記者会見が行われ、9日には一般客に向けた大規模オープントークイベントが行われる。(10月5日付 日刊興行通信より)
  • 「第1回浦和映画祭」開催決定(2011.10.03)

    ユナイテッド・シネマ(株)は、10月28日(前夜祭)から11月5日までの9日間、ユナイテッド・シネマ浦和で「第1回浦和映画祭」を開催。“映画を通じて世界の今を知る”をテーマに、世界各国のドキュメンタリー映画を中心に約20本を上映する。(11月2日付 日刊興行通信より)
  • 「電人ザボーガー」監督賞受賞(2011.10.03)

    10月15日から新宿バルト9他全国で公開される「電人ザボーガー」(キングレコード、ティ・ジョイ配給)の井口昇監督が、9月26日(日本時間27日)、アメリカ・テキサス州で開催されている「ファンタスティック・フェスト」のファンタスティック部門で監督賞を受賞した。(9月29日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  | 35 |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ