ニュース

映画祭・映画賞

  • 「第17回東京フィルメックス」最優秀作品賞は「よみがえりの樹」(2016.11.30)

    11月19日から有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催されていた「第17回東京フィルメックス」が11月27日に閉幕。11月26日には授賞式が行われ、最優秀作品賞には中国のチャン・ハンイ監督による「よみがえりの樹」が輝いた。(11月28日付 日刊興行通信より)
  • 大喜びのクリス・クラウス監督

    第29回東京国際映画祭が閉幕、ドイツのクリス・クラウス監督作「ブルーム・オヴ・イエスタディ」が東京グランプリとWOWOW賞を受賞!(2016.11.04)

    第29回東京国際映画祭が11月3日(木・祝)に閉幕し、クリス・クラウス監督がホロコーストという重い題材をユーモアと恋愛を交えて描いたドイツ、オーストリア映画「ブルーム・オヴ・イエスタディ」が東京グランプリとWOWO賞をW受賞した。クラウス監督は憧れのジャン=ジャック・ベネックス監督から賞を受け取り、「20歳の頃から、あなたの映画を観ていますと、拙いフランス語でお伝えしました。同じ舞台に立てるなんて夢が叶ったような気分です。この映画を撮ることは簡単ではありませんでしたが、今回の受賞でフランス、ドイツ、そして日本でも公開されることを期待しています!」と喜びを明かした。
  • 第8回京都ヒストリカ国際映画祭、11月2日から開催(2016.10.31)

    京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会は「第8回京都ヒストリカ国際映画祭」を11月2日から13日まで京都文化博物館で開催。オスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズが来日し、19世紀のアメリカ中西部を舞台にした監督・主演のロードムービー「ホームズマン」の日本初上映&トークショーを行う。(10月27日付 日刊興行通信より)
  • 浅野忠信、桜庭ななみ、行定勲監督がAPNアワードを受賞(2016.10.31)

    東京国際映画祭は、APN(アジアパシフィック プロデューサーズネットワーク)の本年次総会の開催地が東京であることから、連携して海外50名、国内50名のプロデューサーを迎え、セミナー、ピッチ、APNアワード授賞式等を実施。10月26日に六本木アカデミーヒルズで開催された授賞式には、アジア・太平洋の映画産業に最も貢献した映画人として、浅野忠信、桜庭ななみ、行定勲監督に賞を授与した。(10月27日付 日刊興行通信より)
  • 「第29回東京国際映画祭」 オープニングセレモニー開催(2016.10.28)

    「第29回東京国際映画祭」が10月25日に開幕し、六本木ヒルズアリーナでのレッドカーペットイベントに続き、EXシアター六本木でオープニングセレモニーが行われた。レッドカーペットには、今年のフェスティバル・ミューズを務める黒木華が最初に登場し、海外からはオープニング上映作品の「マダム・フローレンス!夢見るふたり」主演のメリル・ストリープ、「アジア三面鏡2016:リフレクションズ」のブリランテ・メンドーサ監督、ソト・クォーリーカー監督らが来日した。(10月26日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭でワールドプレミア

    日本×カンボジア×マレーシアのオムニバス映画完成!第29回東京国際映画祭「アジア三面鏡 2016:リフレクションズ」記者会見(2016.10.26)

    10月25日に開幕した「第29回東京国際映画祭」初となる映画製作プロジェクトの第1弾となる「アジア三面鏡 2016:リフレクションズ」の記者会見が10月26日(水)に行われた。オムニバス映画として3作品で構成されており、「SHINIUMA Dead Horse」からブリランテ・メンドーサ監督、ルー・ヴェローソ、「鳩 Pigeon」から行定勲監督、津川雅彦、シャリファ・アマニ、「Beyond The Bridge」からソト・クォーリーカー監督、加藤雅也、チュムヴァン・ソダチヴィーが登壇した。
  • 第29回東京国際映画祭、ARIGATO賞の受賞者決定(2016.10.26)

    10月25日から11月3日まで開催される「第29回東京国際映画祭」では、昨年新設した日本映画界への貢献が目覚ましい人々へ贈る「ARIGATO(ありがとう)賞」の受賞者を新海誠監督、高畑充希、妻夫木聡、ゴジラに決定。最終日のクロージングセレモニーで授与式を行う。(10月24日付 日刊興行通信より)
  • 東京国際映画祭“SAMURAI賞”にマーティン・スコセッシ監督&黒沢清監督(2016.10.17)

    第29回東京国際映画祭は、今年で3回目となる“SAMURAI賞”をマーティン・スコセッシ監督と黒沢清監督に授与することを決定し、11月3日のEXシアター六本木で行われるクロージングセレモニーで授賞式を実施する。(10月13日付 日刊興行通信より)
  • (左から)市山尚三氏、松岡環氏、林加奈子氏

    「第17回東京フィルメックス」開催、今年のオープニング作品はキム・ギドク監督最新作「THE NET 網に囚われた男」(2016.10.06)

    11月19日から27日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される「第17回東京フィルメックス」のラインナップ発表会が10月6日(木)に行われた。オープニング作品には「第73回ヴェネチア国際映画祭」で上映されたキム・ギドク監督最新作「THE NET 網に囚われた男」が決定。クロージング作品としては、ジョニー・トーが主宰する「鮮浪潮短編映画祭」の受賞監督3名を起用し、各々のパートを演出させた「大樹は風を招く」を上映する。
  • 左から安藤氏、岩井監督、椎名氏

    「リップヴァンウィンクルの花嫁」など上映!第29回東京国際映画祭 Japan Now 部門「監督特集 岩井俊二」会見(2016.10.04)

    10月25日から開幕する「第29回東京国際映画祭」の「Japan Now」部門で特集上映される岩井俊二監督が10月4日(火)に日本外国特派員協会で記者会見を行った。同部門のプログラミング・アドバイザーである安藤紘平氏は「岩井監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観た瞬間、日本人として誇らしく感じました。独特の美学で寓話的に今の若者の行動や思いを描く稀有な監督です」と紹介。岩井監督は「本当に呼んでいただき、ありがとうございます。光栄な機会ですし、5つの作品を上映してもらえるということで、嬉しく思っています」と挨拶した。
  • 「第13回ラテンビート映画祭」東京、大阪、横浜で順次開催(2016.10.04)

    (株)ティ・ジョイは、「第13回ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2016」を新宿バルト9(10月7日〜10日、14日〜16日)、梅田ブルク7(10月22日・23日)、横浜ブルク13(11月12日・13日)で開催。新企画として、コロンビアの権威ある文学賞を受賞したアンドレス・フェリペ・ソラーノの小説の朗読劇「ドラマティック・リーディング」を開催。この企画のために短編小説「WHITE FLAMINGO」を自ら戯曲化し、日本人俳優たちが朗読する。(10月2日付 日刊興行通信より)
  • 第29回東京国際映画祭「歌舞伎座スペシャルナイト」で古館伊知郎が活弁(2016.10.03)

    10月25日から開幕する「第29回東京国際映画祭」では、3年目を迎える「歌舞伎座スペシャルナイト」を10月27日に開催し、尾上菊之助による女方舞踊「鷺娘」の上演、「忠臣蔵 デジタル最長版」、「血煙高田の馬場」弁士と生演奏付き上映を行うが、古舘伊知郎が「血煙高田の馬場」の現代版弁士としてゲスト出演することが決定した。(9月29日付 日刊興行通信より)
  • 左から松居監督、蒼井、青木、細田監督

    「マダム・フローレンス!夢見るふたり」で開幕!「第29回東京国際映画祭」ラインナップ発表会(2016.09.26)

    10月25日(火)から11月3日(木・祝)まで開催される「第29回東京国際映画祭」のラインナップ発表会が9月26日(月)に行われた。コンペティション部門16作品をはじめ全上映作品が発表され、オープニング作品はメリル・ストリープ主演「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、クロージング作品は松山ケンイチ主演「聖の青春」に決定。ゲストとしてコンペティション部門に選出された「アズミ・ハルコは行方不明」から松居大悟監督、主演の蒼井優、「雪女」から出演の青木崇高、また、アニメーション特集「細田守の世界」から細田守監督が登壇した。
  • 第41回トロント国際映画祭でポニーキャニオンの2作品が観客賞受賞(2016.09.23)

    9月8日から18日まで開催されていた「第41回トロント国際映画祭」で、ポニーキャニオン買付の2作品「LA LA LAND(原題)」(ギャガ共同配給)が最高賞である観客賞に輝き、「FREE FIRE(原題)」がミッドナイト・マッドネス部門の観客賞を受賞した。(9月21日付 日刊興行通信より)
  • 第29回東京国際映画祭コンペティション出品の邦画2作品決定(2016.09.21)

    10月25日から開幕する「第29回東京国際映画祭」のコンペティション部門に松居大吾監督、蒼井優主演「アズミ・ハルコは行方不明」(ファントム・フィルム配給)と、杉野希妃監督・主演「雪女」(和エンタテインメント配給)の日本映画2作品の出品が決定した。(9月19日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  | 5 |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ