ニュース

  •  監督は「グリーンブック」の法被を着て鏡割り!

    伊藤健太郎がハリウッドへの野望を明かす!?「グリーンブック」ピーター・ファレリー監督来日会見(2019.3. 5)

    「第91回アカデミー賞」で作品賞をはじめ、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞の3冠に輝いた「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督が初来日し、喜びも冷めやらぬ中、3月5日(火)に記者会見を行った。監督は「やっと受賞の実感が湧いてきているけど、まだショック状態のような感じ。これまでアカデミー賞向けの作品を作ってきたわけではないので、一生のうちでオスカーを獲得できるとは思ってもいなかったよ」と笑顔で明かし、「グリーンブック」が大好きだという俳優の伊藤健太郎もお祝いに駆けつけ、一緒に鏡割りを行った。
  • 『ドラえもん』最新作が初登場1位を獲得!アカデミー賞作品賞受賞の『グリーンブック』は3位スタート(3月2日-3月3日)(2019.3. 4)

    今週の映画動員ランキングは、『ドラえもん のび太の月面探査記』(東宝)が、土日2日間で動員58万6000人、興収6億9600万円をあげ、堂々の初登場1位を飾った。初日から3日間の累計では動員64万5000人、興収7億5700万円を突破する大ヒットスタートとなっている。
  • 今年のテーマは「化けろ!やりたいこと、全部やろう」

    樹木希林企画「エリカ38」も上映!「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」概要発表会見(2019.3. 4)

    4月18日から21日までの4日間に亘り那覇市の波の上うみそら公園をはじめ沖縄の各所で開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月4日(月)に行われ、ガレッジセールの2人と木佐彩子アナウンサーの司会のもと、特別招待作品として上映される「エリカ38」から浅田美代子、山崎静代(南海キャンディーズ)をはじめ、TV DIRECTOR’S MOVIEと地域発信型映画にキャスト・スタッフとして参加した松本穂香、石田明(NON STYLE)、たなか(前職ぼくのりりっくのぼうよみ)、そして吉本芸人らが登壇した。
  • STUDIO4℃が「海獣の子供」芦田愛菜主演で映像化(2019.3. 4)

    第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した「鉄コン筋クリート」を手掛けたSTUDIO4℃最新作「海獣の子供」(東宝映像事業部配給)が6月7日から全国公開される。(2月28日付 日刊興行通信より)
  • シックな装いが多かった受賞者の方々

    「万引き家族」が作品賞をはじめ最多8冠獲得!「第42回日本アカデミー賞」発表(2019.3. 4)

    「第42回日本アカデミー賞」授賞式が3月1日(金)に行われ、作品賞をはじめ最多8部門で「万引き家族」が最優秀賞を獲得した。是枝裕和監督は昨年6部門で最優秀賞を獲得した「三度目の殺人」に続き、脚本賞、監督賞と個人としても2つの最優秀賞に輝き、プレゼンターとして自分の名前を読み上げた瞬間は気まずそうな表情も浮かべたが、「希林さんの言葉を基に脚本を作り上げていったので、今回の受賞は希林さんと共に貰った賞だと思っています」と昨年逝去した樹木希林に感謝の言葉を述べ、作品賞受賞の際には「長い旅をこの作品と続けてきましたが、本当にいいラストを迎えられました」と笑顔を見せた。
  • 「午前十時の映画祭10―FINAL―」4月5日から開催(2019.2.28)

    川喜多記念映画文化財団と映画演劇文化協会は、「午前十時の映画祭10―FINAL―」をもって同企画を終了することを発表し、4月5日からTOHOシネマズ新宿をはじめ全国58劇場で約1年間に亘り全27本を上映する。(2月26日付 日刊興行通信より)
  • 「第91回アカデミー賞」作品賞は「グリーンブック」が受賞(2019.2.27)

    「第91回アカデミー賞」授賞式が2月24日(日本時間25日)にLAのドルビー・シアターで開催され、ピーター・ファレリー監督による「グリーンブック」(ギャガ配給、3月1日公開)が作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3冠を獲得した。(2月25日付 日刊興行通信より)
  • 北方謙三原作の映画化「影に抱かれて眠れ」加藤雅也主演で今秋公開(2019.2.26)

    講談社創業100周年記念出版作品である北方謙三原作「抱影」が、和泉聖治監督、中野英雄プロデュース、加藤雅也主演で「影に抱かれて眠れ」(BS‐TBS配給)として今秋公開される。(2月24日付 日刊興行通信より)
  • 『翔んで埼玉』が初登場1位を獲得!『アリータ〜』が2位、『僕の彼女は魔法使い』が3位でスタート(2月23日-2月24日)(2019.2.25)

    今週の映画動員ランキングは、新作3本がTOP3を占める結果となった。1位は土日2日間で動員19万1000人、興収2億5900万円をあげた『翔んで埼玉』(東映)が獲得。初日から3日間の累計では動員24万8000人、興収3億3100万円をあげるヒットスタートを切った。
  • 役所広司アジア・フィルム・アワードで特別賞を受賞(2019.2.22)

    アジア・フィルム・アワード・アカデミー(AFAA)は、3月17日に香港で開催する「第13回アジア・フィルム・アワード(AFA)」において、俳優の役所広司に「Excellence in Asian Cinema Award」を授与することを発表した。(2月20日付 日刊興行通信より)
  • 各作品×地域の皆さん、おめでとうございます!

    グランプリは連続テレビ小説「半分、青い。」×岐阜県!「第9回ロケーションジャパン大賞」授賞式(2019.2.21)

    国内の映画・ドラマの舞台やロケ地を応援する雑誌「ロケーションジャパン」は、この1年で最も地域を盛り上げた作品と人、ロケ受入れに尽力した都道府県・市町村を表彰する「第9回ロケーションジャパン大賞」の授賞式を2月21日(木)に開催。グランプリには、連続テレビ小説「半分、青い。」×岐阜県、準グランプリには映画「万引き家族」×千葉県いすみ市が選出され、各賞受賞の市区長村代表や作品関係者、全国のフィルムコミッション関係者が集まり、盛大に開催された。
  • 「第69回ベルリン国際映画祭」金熊賞はナダブ・ラピト監督作「シノニムズ」(2019.2.20)

    「第69回ベルリン国際映画祭」が2月17日(現地時間)に閉幕し、16日に行われた授賞式で最高賞の金熊賞にはイスラエルのナダブ・ラピト監督作「シノニムズ(英題)」が輝いた。(2月18日付 日刊興行通信より)
  • 「MOVIX伊勢崎」3月29日に移転&リニューアルオープン(2019.2.19)

    (株)松竹マルチプレックスシアターズ運営の「MOVIX伊勢崎」は、現住所での営業が2月28日までとなり、移転・改装のための休業期間を経て、伊勢崎市内のショッピング・モール「スマーク伊勢崎」3階で3月29日にリニューアルオープンする。(2月17日付 日刊興行通信より)
  • 『フォルトゥナの瞳』が初登場1位を獲得!『アクアマン』は2位をキープ、興収では2週連続で1位を上回る(2月16日-2月17日)(2019.2.18)

    今週の映画動員ランキングは、『フォルトゥナの瞳』(東宝)が、土日2日間で動員14万1000人、興収1億8800万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では、動員19万人、興収2億5000万円を突破した。
  • 「GEMSTONE」第1回企画審査員に樋口真嗣監督(2019.2.18)

    東宝(株)とAlphaBoat合同会社による動画メディアを活用した次世代のクリエイターを発掘するオーディション・プロジェクト「GEMSTONE」では、「ゴジラ」をテーマにした第1弾企画の審査員に樋口真嗣監督を迎えることを決定。(2月14日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10

バックナンバー

ページのトップへ