ニュース

  • 「イオンシネマ シアタス調布」今秋開業(2017.4.20)

    イオンエンターテイメント(株)は、東京調布市の京王線調布駅前に大型シネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」(11スクリーン、約1650席)を2017年秋、開業する。(4月18日付 日刊興行通信より)
  • 「ラ・ラ・ランド」興収40億円を突破(2017.4.19)

    2月24日から全国262館(309Sc)で公開中の「ラ・ラ・ランド」(ギャガ、ポニーキャニオン配給)は8週目を迎えたが、4月16日までの累計成績が動員297万0699人、興収40億5858万7100円となり、興収40億円を突破した。(4月17日付 日刊興行通信より)
  • あべのアポロシネマ他で「名探偵コナン から紅の恋歌」キーワードラリー実施(2017.4.18)

    (株)きんえいは、東急不動産SCマネジメント(株)及び(株)近鉄百貨店と共同で、大阪市阿倍野区の「きんえいアポロビル」「あべのルシアス」「あべのアポロシネマ」「あべのキューズモール」及び「あべのハルカス近鉄本店」において、「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」(東宝配給)の4月15日公開を記念し、かるたキーワードラリーを実施している。また、「あべのルシアス」では映画の世界観を表現した「『紅に染まる』バイクフォトスポット」を設置する。(4月16日付 日刊興行通信より)
  • 別所哲也代表と泣き顔で登場のLiLiCo

    短編に心動かされLiLiCoが涙で登場!「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2016」記者会見(2017.4.18)

    俳優の別所哲也が代表を務める米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルム フェスティバル&アジア2017」(SSFF&ASIA)の特別記者会見が4月18日(火)に行われた。19回目となる今年は6月1日から25日まで東京、横浜の全6会場で開催され、世界の140を超える国と地域から寄せられた約9000本の応募作品から選りすぐった約250本を9つの部門と特別プログラムで上映する(一部の有料イベントを除き、上映は無料)。
  • 第70回カンヌ国際映画祭コンペ部門に河瀬直美監督作「光」出品決定(2017.4.17)

    5月17日に開幕する「第70回カンヌ国際映画祭」のラインナップ発表が4月13日に行われ、河瀬直美監督、永瀬正敏主演作「光」(キノフィルムズ配給)がコンペティション部門に正式出品されることが決定した。(4月13日付 日刊興行通信より)
  • SSFF&ASIA2017でEXILE TRIBEとのコラボ企画短編6作品上映(2017.4.17)

    6月1日から25日まで表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿など東京5会場、横浜1会場で開催される米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2017」(SSFF&ASIA)のオープニングセレモニーで「EXILE TRIBE」とのコラボ企画「シネマファイターズ」の6作品をプレミア上映することが決定した。(4月13日付 日刊興行通信より)
  • 『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』GW恒例の東宝作品がワンツーフィニッシュ(4月15日-4月16日)(2017.4.17)

    今週の映画動員ランキングは、ゴールデンウィークにむけた大作映画が公開され、新作4作品がランクイン。今やゴールデンウィーク恒例となった東宝作品『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』がワンツーフィニッシュを果たした。
  • 吉高由里子主演「ユリゴコロ」新キャスト発表(2017.4.14)

    熊澤尚人監督が主演に吉高由里子を迎え、2012年「大藪春彦賞」受賞、「本屋大賞」ノミネートを果たした沼田まほかるのベストセラー小説を映画化する「ユリゴコロ」(東映、日活配給)の初日が9月23日に決定し、松山ケンイチ、松坂桃李ら新キャスト陣も発表された。(4月12日付 日刊興行通信より)
  • 吉田羊単独映画初主演「ラブ×ドック」製作決定(2017.4.11)

    放送作家としての活躍だけでなく、小説・エッセイの執筆や「ハンサム★スーツ」「新宿スワン」等映画の脚本も手掛ける鈴木おさむが初監督を務める完全オリジナル作品「ラブ×ドック」(アスミック・エース配給)が吉田羊の映画単独初主演で製作されることが決定した。(4月9日付 日刊興行通信より)
  • 『SING/シング』が4週連続1位を達成!新作2本『ゴースト・イン・ザ・シェル』『夜は短し歩けよ乙女』がランクイン(4月8日-4月9日)(2017.4.10)

    今週の映画動員ランキングは、新作2本がTOP10入りする中、『SING/シング』(東宝東和)が土日2日間で動員23万6000人、興収3億1000万円をあげて1位を獲得。
  • 「ココロヲ・動かす・映画館○」オープニングラインナップ(2017.4.10)

    4月15日から吉祥寺にオープンするシネマカフェ「ココロヲ・動かす・映画館○」(通称:ココマルシアター/3スクリーン)のオープニングラインアップが発表され、2014年に閉館した吉祥寺バウスシアターへのトリビュート特集上映など様々なプログラムが用意されている。(4月6日付 日刊興行通信より)
  • 愛されすぎて困ってますポーズ

    イケメンたちの前でも土屋太鳳はバリバリ体育会系女子!「兄に愛されすぎて困ってます」キックオフ会見(2017.4. 6)

    夜神里奈の発行部数85万部を誇る人気少女マンガを「黒崎くんの言いなりになんてならない」等の河合勇人監督が映画化した「兄に愛されすぎて困ってます」のキックオフ会見が4月6日(木)に行われ、非モテ女子の主人公・橘せとかを演じた土屋太鳳をはじめ、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が登壇した。昨年夏の撮影から約半年ぶりに再会したキャスト陣は、この日、抽選で選ばれたファンを前に、6月の公開までに全ての女子の欲を満たすべく、「兄こま」“欲求充足プロジェクト”のスタートを宣言した。
  • 「一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター」5月から全国の劇場で開催(2017.4. 5)

    (株)東急レクリエーションと(株)ホリプロは、「一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター」と題し、5月13日から6月9日まで一周忌を迎える演出家蜷川幸雄の追悼上映を全国の劇場で開催する。(4月3日付 日刊興行通信より)
  • 木村大作節は健在です!

    岡田准一は高倉健を継ぐ俳優!と降旗監督も大絶賛「追憶」完成披露会見(2017.4. 4)

    「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など数々の名作を生み出してきた監督・降旗康男と撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組み、主演に岡田准一を迎えたヒューマンサスペンス「追憶」の完成披露会見が4月4日(月)に行われ、岡田をはじめ、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆ら豪華出演陣が登壇した。岡田は「名監督と名カメラマンにどう向き合っていこうか悩みましたが、二人が紡いだ物語は人の心を映した、人の心に染み込んでいく作品になっています。この映画に参加できた喜びを今、噛み締めています」と感慨深げに挨拶した。
  • 「ドリパス」にマーベル・シネマティック・ユニバース作品登場(2017.4. 4)

    「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(WDS配給)の5月12日公開を記念し、ユーザーの申込によって上映が決まる“ドリパス”にマーベル・シネマティック・ユニバースの人気作8本が登場する。TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国3劇場で実施し、4月1日から28日18時までドリパスHPで申込を受け付けている。(4月2日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  | 4 |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ