ニュース

映画祭・映画賞

  • SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で企画マーケット実施(2014.07.18)

    7月19日から27日まで開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014」は会期中の関連企画として、若手監督による公開企画プレゼンイベント「企画マーケット in SKIPシティ」を7月22日13時半からSKIPシティHDスタジオで開催する。(7月17日付 日刊興行通信より)
  • 「ふしぎな岬の物語」モントリオール世界映画祭出品(2014.07.09)

    10月11日から全国公開される吉永小百合、成島出監督共同企画作品「ふしぎな岬の物語」(東映配給)が、8月21日から9月1日までカナダで開催される「第38回モントリオール世界映画祭」のワールドコンペティション部門へ出品されることが決定した。(7月8日付 日刊興行通信より)
  • 第32回川喜多賞はPFF(ぴあフィルムフェスティバル)が受賞(2014.07.07)

    第32回(2014年度)川喜多賞が選考委員会により選考され、本年度は「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」の受賞が決定した。(7月6日付 日刊興行通信より)
  • 浅野「トロフィーの重みを感じます」

    浅野忠信「ふみちゃんがいなければ貰えなかった賞」!!「私の男」第36回モスクワ国際映画祭W受賞記者会見(2014.07.01)

    浅野忠信・二階堂ふみ主演映画「私の男」が、世界四大映画祭の一つ「第36回モスクワ国際映画祭」のコンペティション部門で見事、最優秀作品賞と最優秀男優賞の2冠を獲得し、浅野忠信、二階堂ふみ、熊切和嘉監督の受賞会見が6月30日(月)に行われた。浅野は「素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しいです。なかなか(世界的な賞で)トロフィーを握ることがなかったので、いい重みだなと感じています」と受賞の喜びを語った。
  • 「第7回したまちコメディ映画祭in台東」コラボ企画(2014.06.26)

    9月12日から16日まで開催される「第7回したまちコメディ映画祭in台東」は、雑誌「DVD&ブルーレイでーた」とのコラボ企画「第3回DVDスルー・コメディ大賞」を実施。2013年8月から2014年7月の間に、劇場公開されずにDVD、ブルーレイ化されたコメディ外国映画作品の中から“最も笑える映画”を投票で選び表彰する。(6月25日付 日刊興行通信より)
  • アヌシー国際アニメーション映画祭で日本作品3本が受賞(2014.06.20)

    6月9日から14日までフランスで開催されていた「アヌシー国際アニメーション映画祭」に長編5本、短編14本の日本作品が出品されていたが、その中の3作品「ジョバンニの島」、「ネピア“Tissue Animals”」、「WONDER」がそれぞれ賞を受賞した。(6月19日付 日刊興行通信より)
  • 「三大映画祭週間2014」が2年ぶりに開催(2014.06.19)

    今年で3回目となる「三大映画祭週間2014」が8月16日から9月5日までヒューマントラストシネマ渋谷で開催。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭の三大映画祭から選び抜かれた日本未公開の作品を集めて一挙に公開する。(6月18日付 日刊興行通信より)
  • 「22nd キンダー・フィルム・フェスティバル」8月13日から開催(2014.06.16)

    今年で22回目を迎える日本最大の子どもたちの世界映画祭「22nd キンダー・フィルム・フェスティバル」が8月13日から17日まで調布市グリーンホールで開催されることが決定し、オープニング作品として実写版「ピノキオ」(13年、ドイツ)が初上映される。(6月13日付 日刊興行通信より)
  • 「フランス映画祭」福岡、大阪、京都でも開催(2014.06.12)

    今年で22回目を迎える「フランス映画祭」は6月27日から30日まで東京(有楽町朝日ホール)で開催されるが、6月27日から7月11日まで福岡、大阪、京都での開催も決定している。(6月11日付 日刊興行通信より)
  • (左から)瀧沢氏、佐藤氏、奥ノ木氏、上田氏、新藤氏、八木氏

    今年からアニメーション部門を新設!「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014」開催発表会見(2014.06.06)

    7月19日(土)から7月27日(日)までの9日間、埼玉県川口市のSKIPシティで開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014」(主催:埼玉県/川口市/SKIPシティ国際映画祭実行委員会/特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会)の記者発表会が6月6日(金)に行われた。長編部門は84の国と地域から536作品の応募があり、その中から厳選された12本(海外9本、国内3本)を上映。また、短編部門も12作品が決まり、今年から新設されたアニメーション部門の14作品も上映される。
  • 第67回カンヌ国際映画祭、パルムドールに「ウィンター・スリープ」(2014.05.27)

    第67回カンヌ国際映画祭が現地時間5月25日に閉幕し、コンペティション部門の最高賞(パルムドール)にトルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作「ウィンター・スリープ(英題)」(ビターズ・エンド配給、2015年公開)が輝き、国際批評家連盟賞も受賞した。(5月26日付 日刊興行通信より)
  • 「したまちコメディ映画祭」カウントダウンイベントを開催(2014.05.26)

    9月12日から16日まで開催される「第7回したまちコメディ映画祭in台東」は“したコメサポーターズクラブ”が主催する入場料無料の“カウントダウンイベント”を今年も開催する。(5月25日付 日刊興行通信より)
  • 「青春残酷物語」デジタル修復版、カンヌでの上映報告(2014.05.19)

    「第67回カンヌ国際映画祭」クラシック部門で、大島渚監督作「青春残酷物語」のデジタル修復版が5月15日、オープニング上映された。1960年に製作された本作をフル4Kで修復し、今回がワールド・プレミア上映となった。上映前には、松竹(株)メディア事業部コンテンツ開発室室長の森口氏の挨拶に続き、大島作品を敬愛するゲストとして、映画プロデューサーのジェレミー・トーマス氏とジャ・ジャンクー監督が登壇した。(5月18日付 日刊興行通信より)
  • ジェフィ、トッキュウ1号、中山、佐野、ジュビロくん

    ゴン中山がライダーベルトを装着して登場!「劇場版 仮面ライダー鎧武」ゲスト発表会見(2014.05.07)

    毎年夏の恒例となっている仮面ライダーとスーパー戦隊の2本立て映画で「劇場版 仮面ライダー鎧武」に“ゴン中山”こと元サッカー日本代表の中山雅史が出演することが決まり、その発表会見が5月7日(水)に行われた。「仮面ライダー鎧武」では、主人公たちが各チームに分かれてサッカーで対決。また「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE」では映画本編ではなく、プロモーションでコラボレーションし、クラブと地元鉄道会社とトッキュウジャーで相互送客を目指す。
  • 「青春残酷物語」のデジタル修復版、カンヌ国際映画祭で上映(2014.05.07)

    1960年に製作された大島渚監督作「青春残酷物語」のデジタル修復版が、5月14日から開幕する「第67回カンヌ国際映画祭」の“クラシック部門”で上映されることが決定した。日本映画では昨年の「秋刀魚の味」に続く6本目の選出となる。(5月6日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  | 19 |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ