ニュース

  • 舘ひろし主演「終わった人」ヒロインに広末涼子(2017.7.19)

    大河ドラマ「毛利元就」やNHK連続ドラマ小説「ひらり」などヒット作の脚本を手掛けてきた内館牧子によるベストセラー小説「終わった人」が中田秀夫監督、舘ひろし主演で映画化され、東映配給により2018年に公開されるが、ヒロイン役として広末涼子の出演が決定した。(7月17日付 日刊興行通信より)
  • 「ポケモン」最新作が初登場1位!『銀魂』は2位スタート!新作5本がランクインし、夏休み興行本番突入!(7月15日-7月16日)(2017.7.18)

    今週の映画動員ランキングは、テレビアニメの初回放送から20年目を迎えた「ポケモン」シリーズ最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(東宝)が、土日2日間で動員43万6000人、興収5億1600万円をあげ、初登場1位を獲得。
  • 「イオンシネマ シアタス調布」にグランシアター導入(2017.7.18)

    イオンエンターテイメント(株)が9月29日にオープンする「イオンシネマ シアタス調布」(11スクリーン、約1650席)にグランシアターが導入される。「イオンシネマ岡山」に続き東日本初となり、フランス・キネット社製の最高級シート「ダイアモンド・クラス」を3番スクリーンにアジア圏で初めて全席に設置される。(7月13日付 日刊興行通信より)
  • 「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」新旧50本ラインナップ(2017.7.14)

    4周年を迎えたミニシアター「新宿シネマカリテ」が7月15日から8月18日までの5週間に亘り開催する映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」のラインナップが決定。 今年もジャンルや国境を越えた新作、旧作、未公開作などシークレット作品も含む50本を上映する。(7月12日付 日刊興行通信より)
  • 湊かなえ原作「望郷」映画化決定(2017.7.11)

    「告白」「少女」等のミステリー作家・湊かなえ原作「望郷」が貫地谷しほり、大東駿介主演で映画化され、エイベックス・デジタル配給により9月16日から新宿武蔵野館他全国で公開される。(7月9日付 日刊興行通信より)
  • 公開まであと1か月・・・完成が楽しみですね!

    完成報告のはずが・・・!?「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作報告会見(2017.7.11)

    昨年、「君の名は。」をスマッシュヒットへ導いた川村元気プロデューサーが、原作・岩井俊二(「Love Letter」「リップヴァンウィンクルの花嫁」)、脚本・大根仁(「モテキ」「バクマン。」)、総監督・新房昭之(「化物語」「魔法少女まどか☆マギカ」)を集結させ、岩井監督の傑作短編ドラマをアニメーション映画化した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の製作報告会見が7月11日(火)に行われた。母親の再婚を機に転校することとなり、夏休みのある日、クラスメイトとの“かけおち”を企てる主人公なずなの声を担当した広瀬すずをはじめ、菅田将暉、宮野真守、松たか子、そして岩井監督、川村プロデューサーが登壇した。
  • 「ターミネーター2」3Dバージョン世界最速公開(2017.7.10)

    ジェームズ・キャメロン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演作「ターミネーター2」が、最先端の3D技術で新たに「ターミネーター2 3D」(キノフィルムズ配給)として8月11日からTOHOシネマズ日劇他で全世界最速公開される。(7月6日付 日刊興行通信より)
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が2週連続1位を獲得!『メアリと魔女の花』は2位スタート(7月8日-7月9日)(2017.7.10)

    今週の映画動員ランキングは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(ディズニー)が、土日2日間で動員49万人、興収7億4000万円をあげ、2週連続の1位となった。
  • 「君と100回目の恋」中国で公開&リメイク決定(2017.7. 6)

    2月4日から公開され興収約5億円を記録した「君と100回目の恋」(アスミック・エース配給)が7月6日から中国で公開され、さらに中国でのリメイクも決定した。(7月4日付 日刊興行通信より)
  • 3部作のアニメーションで「曇天に笑う〈外伝〉」映画化(2017.7. 4)

    唐々煙による人気コミック「曇天に笑う〈外伝〉」が、松竹により全3部作の劇場アニメーションとして製作され、前篇「曇天に笑う〈外伝〉〜決別、犲の誓い〜」が12月2日から公開される。(7月2日付 日刊興行通信より)
  • 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」台湾でヒット(2017.7. 4)

    5月27日から新宿シネマカリテ他全国で順次公開中の「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(朝日新聞社、アティカス配給)が、6月16日から台湾全土26館で公開され、初日から3日間で353万台湾ドルを記録し、台北市内の週末興行ランキングでアジア映画としては1位、総合では6位にランクインした。(6月29日付 日刊興行通信より)
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作が初登場1位!ほか新作4本がランクイン(7月1日-7月2日)(2017.7. 3)

    今週の映画動員ランキングは、大人気シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(ディズニー)が、土日2日間で動員77万1500人、興収10億4800万円をあげ、堂々の1位を飾った。
  •  新次元の映像体験をお届け!

    ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に日本初導入!「ScreenX」初お披露目(2017.6.30)

    ユナイテッド・シネマ(株)は、同社が運営する「ユナイテッド・シネマアクアシティお台場」に日本初となる3面の映画上映システム「ScreenX」(175席)を7月1日(土)から導入するにあたり、6月30日(金)に内覧会を開催した。ユナイテッド・シネマ(株)の渡辺章仁代表取締役社長、CJ 4D PLEXのチェ・ビョンファン代表取締役社長、三菱地所リテールマネジメント(株)の羽渕徹 アクアシティお台場館長、ユナイテッド・シネマお台場の大塚達徳支配人がテープカットセレモニーを行った。
  • 「イオンシネマ常滑」キッズ向けシアターも備え、7月12日開業(2017.6.29)

    イオンモール(株)及びイオンエンターテインメント(株)は、愛知県常滑市のショッピングモール「イオンモール常滑」に増設されたシネマ棟に「イオンシネマ常滑」(9スクリーン、1089席)を7月12日に開業し、スクリーン(1)に遊具施設とスクリーンが一つになった国内初のキッズ向けシアター「げんきッズシアター」を設置する。(6月28日付 日刊興行通信より)
  • 「8年越しの花嫁 奇跡の実話」漫画家オーディション結果発表(2017.6.29)

    佐藤健、土屋太鳳W主演「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(松竹配給)の12月16日公開を記念し、コミカライズを担当する漫画家オーディションが行われ、グランプリにたむら純子さんが輝いた。今後は「コミカワ」での連載と、コミック(全1巻)の発売が決まっている。(6月27日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 6 |  7  |  8  |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ