ニュース

  • 「第92回アカデミー賞」は「パラサイト 半地下の家族」が作品賞はじめ最多4冠(2020.2.12)

    「第92回アカデミー賞」授賞式が2月9日(日本時間10日)にLAのドルビー・シアターで開催され、ポン・ジュノ監督作「パラサイト 半地下の家族」(ビターズ・エンド配給)が作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた。(2月10日付 日刊興行通信より)
  • おめでとうございます!

    「裸の映画が1位でいいの?」に拍手喝采!「第93回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式(2020.2.12)

    日本で最も歴史のある映画賞「第93回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月11日(火)に行われ、日本映画第1位に輝いた「火口のふたり」で主演女優賞を受賞した瀧内公美をはじめ各受賞者が登壇した。結婚を控えながら昔の恋人との再会で束の間の欲望に身を委ねていくヒロインを演じた瀧内は「お世話になった前事務所を退所して、これからどうしていこうかな?と思っていた時に、こういう作品をいただけて、現事務所の吉住社長にも『おもいっきりやるんだよ!』と背中を押していただきました」と同作へ挑戦した経緯を明かした。
  • 「TOHOシネマズ立川」9月10日開業(2020.2.11)

    TOHOシネマズ(株)は、東京都立川市の多摩モノレール「立飛駅」に直結する三井不動産(株)運営の「ららぽーと立川立飛」近接地に、「TOHOシネマズ立川(仮称)」(9スクリーン、約1600席)を9月10日にオープンする。(2月9日付 日刊興行通信より)
  • 『ヲタクに恋は難しい』が初登場1位を獲得!『犬鳴村』が2位、『騎士竜戦隊リュウソウジャー〜』が5位に初登場(2月8日-2月9日)(2020.2.10)

    今週の映画動員ランキングは、『ヲタクに恋は難しい』(東宝)が、土日2日間で動員16万9000人、興収2億2900万円をあげ初登場1位を獲得した。若い女性を中心に集客し、初日から3日間の累計では動員22万人、興収3億円を超える好スタートとなっている。
  • 「第33回東京国際映画祭」は10月31日から10日間開催(2020.2.10)

    「第33回東京国際映画祭」(TIFF)は、2020年10月31日から11月9日まで六本木ヒルズ、日比谷エリア他を会場に10日間に亘り開催され、併設マーケットの「TIFFCOM2020」は11月4日から6日までの3日間、ザ・プリンスパークタワー東京をメイン会場として開催されることが決定した。(2月6日付 日刊興行通信より)
  • 「2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン」決定(2020.2. 6)

    (株)キネマ旬報社が発表する「2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画第1位に「火口のふたり」、外国映画第1位に「ジョーカー」、文化映画第1位に「i‐新聞記者ドキュメント‐」が決定した。(2月4日付 日刊興行通信より)
  • 「kino cinema 天神」4月28日開業(2020.2. 5)

    (株)kino cinemaは、4月28日に福岡でオープンする商業施設「カイタックスクエアガーデン」の3階に、3番目となる新しい映画館「kino cinema 天神」(3スクリーン予定)を同日開業する。(2月3日付 日刊興行通信より)
  • リングの上でガッツポーズ!

    三吉彩花が華麗なハイキックで全日本プロレスを圧倒!「犬鳴村」公開直前スペシャル会見(2020.2. 5)

    九州に実在する日本最凶の心霊スポットを、ホラー映画の第一人者である清水崇監督が完全オリジナルストーリーで映画化した「犬鳴村」の公開直前スペシャル会見が2月5日(水)に行われ、清水監督、主演の三吉彩花をはじめ、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香が登壇。この日は、歴史ある帝国ホテルにプロレスのリングが登場し、“最凶映画”「犬鳴村」VS“最強集団”「全日本プロレス」と題し、“最恐”の称号を賭けたデッドヒートが繰り広げられ、場外乱闘したプロレスラーたちに三吉がハイキックを食らわせるなど迫力の試合を見せた。
  • 『AI崩壊』が初登場1位を獲得!『バッドボーイズ〜』が6位、『ナイブズ・アウト〜』が8位、『嘘八百〜』が9位に初登場(2月1日-2月2日)(2020.2. 3)

    今週の映画動員ランキングは、『AI崩壊』(ワーナー)が、土日2日間で動員16万5000人、興収2億300万円を上げ初登場1位を飾った。「22年目の告白−私が殺人犯です−」の入江悠監督による完全オリジナル脚本で、AIが人々の生活のすべてを管理する10年後の世界を舞台に、そのAIの暴走を描く近未来サスペンス。
  • 清原果耶主演で「宇宙でいちばんあかるい屋根」映画化(2020.2. 3)

    野中ともその小説を藤井道人監督が清原果耶の映画初主演で映画化する「宇宙でいちばんあかるい屋根」(角川配給)が今秋、全国公開される。(1月30日付 日刊興行通信より)
  • 2019年映画諸統計発表、興収2611億円で2000年以降で過去最高(2020.1.30)

    映連は1月28日、新年記者発表会を開催した。映連の岡田会長並びに松竹の迫本社長、東宝の島谷社長、東映の多田社長、KADOKAWAの井上副社長が登壇し、2019年(令和元年)度の映画諸統計、各社本年度見通し等を発表。昨年の年間動員は前年比115・2%の1億9491万人、興収は前年比117・4%の2611億80百万円と、2000年以降で過去最高の成績となった。(1月28日付 日刊興行通信より)
  • 松竹映画100周年記念 映画「キネマの神様」製作決定(2020.1.29)

    松竹映画100周年記念映画として、山田洋次監督が原田マハの人気小説を映画化する「キネマの神様」(松竹配給)の製作が決定し、W主演として二人一役を志村けんと菅田将暉が演じることが発表された。(1月27日付 日刊興行通信より)
  • プリキュアたちに囲まれて!

    平田広明が“おじキュア”を演じる!?「ヒーリングっど プリキュア」「映画プリキュアミラクルリープ」合同会見(2020.1.28)

    2月2日からABCテレビ・テレビ朝日系列で毎週日曜朝8時30分に放送される「ヒーリングっど プリキュア」と、3月20日から全国公開される「映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」の合同記者会見が1月28日(火)に行われた。最新作は“思いやりと絆”をテーマに、ヒーリングアニマルと共に地球を手当てする“癒しのプリキュア”が大活躍。会見にはメインキャストの悠木碧、依田菜津、河野ひよりと、映画で時を司るキャラクターを演じたゲスト声優の平田広明と子役の稲垣来泉が巨大時計の中から登場し、直近3世代のプリキュア13名も勢揃いした。
  • 『キャッツ』が初登場1位を獲得!『カイジ ファイナルゲーム』が2位、『アナと雪の女王2』は3位(1月25日-1月26日)(2020.1.27)

    今週の映画動員ランキングは、『キャッツ』(東宝東和)が、土日2日間で動員19万人、興収2億6200万円をあげ見事初登場1位を飾った。初日から3日間の累計では動員26万人、興収3億5000万円に達する好スタートを切った。1981年ロンドンの初演以来世界中で大ヒット、日本でも初演から35年、通算公演回数10000回を達成した、いわずと知れたミュージカルの金字塔を、「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督、さらに数々のミュージカルを成功に導いてきたアンドリュー・ロイド・ウェバーをはじめとする世界最高峰の製作陣により実写映画化。
  • 「第74回毎日映画コンクール」日本映画大賞に「蜜蜂と遠雷」(2020.1.24)

    毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催による「第74回毎日映画コンクール」の受賞作品と受賞者が決定し、日本映画大賞には石川慶監督作「蜜蜂と遠雷」が輝き、監督賞、スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)と合わせて3冠を獲得。阪本順治監督作「半世界」も女優助演賞(池脇千鶴)、脚本賞、録音賞で3冠に輝いた。(1月22日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | 7 |  8  |  9  |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ