ニュース

  • バトー、荒巻、少佐、オウレイ博士

    ビートたけしも「実写版として最初に成功した作品」と熱弁!「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見(2017.3.16)

    日本発のSF作品の金字塔「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見が3月16日(木)に行われ、スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が登壇。士郎正宗による原作誕生の国である日本での最速会見であり、世界中に熱狂的なファンがいる作品ということもあって、記者たちですし詰め状態の会場は熱気に包まれ、ビートたけしのブラックジョークに盛り上がりを見せた。
  • 「ラ・ラ・ランド」興収20億円を突破(2017.3.15)

    2月24日から全国262館(309Sc)で公開中の「ラ・ラ・ランド」(ギャガ、ポニーキャニオン配給)は、3月12日までの累計成績が動員173万5160人、興収23億7155万7700円となり、興収20億円を突破した。(3月13日付 日刊興行通信より)
  • イオンシネマ徳島、4月27日開業(2017.3.15)

    イオンエンターテイメント(株)は、大型商業施設「イオンモール徳島」に四国初となる「MX4D」「DTS:X」などの最新鋭の音響・映像システムを備えたシネマコンプレックス「イオンシネマ徳島」(9スクリーン、1346席)を4月27日に開業する。(3月13日付 日刊興行通信より)
  • 角田光代原作「月と雷」初音映莉子&高良健吾主演で映画化(2017.3.14)

    直木賞作家・角田光代による「月と雷」の映画化が決定し、スールキートス配給で10月にテアトル新宿他全国で公開される。(3月12日付 日刊興行通信より)
  • 「丸の内ピカデリー爆音映画祭」3月25日から開催(2017.3.14)

    (株)松竹マルチプレックスシアターズ、(株)ローソンHMVエンタテイメント、(株)メイジャーは、3月25日から4月7日まで「丸の内ピカデリー爆音映画祭」を丸の内ピカデリー3で開催する。(3月12日付 日刊興行通信より)
  • キノフィルムズ2017-18ラインナップ発表(2017.3.13)

    キノフィルムズは2017年から2018年にかけてのラインナップ発表会を3月9日に初開催し、オダギリジョー主演作「エルネスト」の阪本順治監督、第2弾の公開も決定した「パディントン」シリーズのデヴィッド・ハイマン プロデューサーがゲストとして登壇した。(3月9日付 日刊興行通信より)
  • 『モアナと伝説の海』が初登場1位!『チア☆ダン』は4位、『ウルトラマンオーブ』は7位に初登場(3月11日-3月12日)(2017.3.13)

    今週の映画動員ランキングは、ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『モアナと伝説の海』(ディズニー)が、土日2日間で動員46万6000人、興収5億8900万円、公開初日から3日間で動員56万9000人、興収7億1500万円をあげ、初登場1位を飾った。
  • 有川浩原作「旅猫リポート」を福士蒼汰主演で映画化(2017.3.10)

    シリーズ累計40万部を突破する有川浩のベストセラー小説「旅猫リポート」が三木康一郎監督、福士蒼汰主演で実写映画化されることが決定し、松竹配給により2018年全国公開される。(3月8日付 日刊興行通信より)
  • 東映、柚月裕子原作「孤狼の血」を映画化(2017.3.10)

    東映は、柚月裕子原作のベストセラー小説「孤狼の血」を映画化することを発表。暴対法成立以前の広島・呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに、捜査する警察、暴力団組織間の激しい抗争が描かれる。(3月8日付 日刊興行通信より)
  • 入江悠監督作「ビジランテ」12月公開(2017.3. 9)

    「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」以来となるオリジナル脚本で入江悠監督がメガホンをとった「ビジランテ」(東京テアトル配給)が、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太のトリプル主演で2017年12月、テアトル新宿他全国で公開される。(3月7日付 日刊興行通信より)
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」グランプリは「トータスの旅」(2017.3. 8)

    3月2日から開催されていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」のクロージングセレモニーと授賞式が3月5日、合宿の宿ひまわり体育館で行われ、オフシアター・コンペティション部門のグランプリに永山正史監督作「トータスの旅」が輝いた。(3月6日付 日刊興行通信より)
  • 新宿バルト9、開業10周年記念特別イベント開催(2017.3. 6)

    新宿バルト9は開業10周年を記念し、特別イベント「庵野秀明の、極私的TV特撮ヒーロー(主題歌等)史集」を3月17日19時から開催する。(3月2日付 日刊興行通信より)
  • 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が初登場1位!『アサシン クリード』は初登場4位(3月4日-3月5日)(2017.3. 6)

    今週の映画動員ランキングは、映画第1作目が公開された1980年から37作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズの最新作『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(東宝)が、土日2日間で動員59万人、興収6億9200万円をあげ初登場1位を飾った。
  • 受賞者の皆さん、おめでとうございます!

    「シン・ゴジラ」が作品賞をはじめ最多7冠獲得!「第40回日本アカデミー賞」発表(2017.3. 6)

    「第40回日本アカデミー賞」授賞式が3月3日(金)に行われ、作品賞、監督賞をはじめ最多7部門で庵野秀明総監督、樋口真嗣監督による「シン・ゴジラ」が最優秀賞を獲得した。庵野監督が仕事のため授賞式を欠席したことから、心もとない表情で監督賞を受賞した樋口監督は「映画を作る先輩たちからのバトンを受け、本気でゴジラに向き合った結果として、賞をいただけて本当に嬉しい」と喜び、続く作品賞の獲得で7冠を達成したことを受け、「みんな怒ってませんか?」と何故か会場の雰囲気をうかがいつつ「過酷な状況で映画を作り続けている人たちに、最後にはこんな日が来るんだよ、だから頑張ろう!と伝えたい」とメッセージを送った。
  • WB高橋社長、DCネルソン社長、DC発行人リー氏

    「ワンダーウーマン」「ジャスティス・リーグ」など大作公開を控えるDCがプレゼンテーションを日本で初開催!(2017.3. 2)

    昨年、大ヒットを記録した「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」や「スーサイド・スクワッド」などを世に送り出し、映画のみならずドラマやテレビアニメ、ゲームや商品、ファッションに至るまで幅広くコンテンツを展開するDCエンターテイメントのプレゼンテーションが3月2日(木)に行われた。この日のために来日したダイアン・ネルソン社長と発行人のジム・リー氏が、個性豊かなDCキャラクターの魅力やDC作品の壮大な世界観を最新映像などと共に紹介した。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | 9 |  10  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ