ニュース

会見

  • 森下氏、小山氏、樹木希林、奈良橋氏

    カンヌ国際映画祭を皮切りに日本のコンテンツを世界に発信する「ジャパンデイ プロジェクト」事業発表会見(2015.05.07)

    映画・アニメ・漫画・TV番組・音楽などジャンルの垣根を越えて日本のコンテンツを世界に発信し、日本コンテンツ業界に海外へのビジネス展開の場を提供する「ジャパンデイ プロジェクト」が発足、その事業発表記者会見が5月7日(木)に行われた。本プロジェクトのブランディングマネージャーである森下美香氏、プロデューサーを務める小山薫堂氏、カンヌ国際映画祭期間中にジャパン・パビリオンでセミナーを開催する奈良橋陽子氏、そして同映画祭出品が決定した「あん」主演の樹木希林が登壇し、事業内容や展望を明かした。
  • 「海難1890」トルコのユルドゥズ宮殿で会見(2015.05.06)

    12月に全国公開される「海難1890」(東映配給)の製作発表記者会見が4月28日、トルコ共和国のユルドゥズ宮殿で行われ、横井裕駐在トルコ日本大使をはじめ、田中光敏監督、忽那汐里、ケナン・エジェ、その他トルコ俳優3名が出席した。(5月1日付 日刊興行通信より)
  • R2‐D2もピポピポ登場

    ニュー・ヒロインのデイジー・リドリー来日!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」KICK OFF MEETING(2015.04.30)

    J.J.エイブラムスが新たに監督を務める「スター・ウォーズ」シリーズ新サーガの第1作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のKICK OFF MEETINGが4月30日(木)に行われ、ルーカス・フィルムの共同会長であり、本作の製作を務めるキャスリーン・ケネディとニュー・ヒロインを演じるデイジー・リドリーが登壇した。デイジーは初来日ながら日本は大好きな国だったということで、「ニホンニコラレテウレシイデス」と日本語で挨拶。既に京都や原宿を観光し、日本を満喫しているようだ。
  • アンバサダーのLiLiCo&代表の別所哲也

    LiLiCoがシャワーを浴びながら考えていることは・・・!?「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2015」メディア懇親会(2015.04.23)

    俳優の別所哲也が代表を務める米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015」(略称:SSFF&ASIA)のメディア懇親会が4月21日(火)に行われた。17回目を迎える今年は、日本記念日協会により「ショートフィルムの日」に認定されている6月4日から6月15日まで、東京と横浜を中心に開催。世界110以上の国と地域から集まった約5000本の作品の中から、選りすぐりの約200本を一挙上映する(一部の有料イベントを除き、上映は無料)。
  •  ヘレン・ケラーに感銘を受けました

    檻に閉じ込められたような人生ではなく、きちんとした人生を送りたい!!「奇跡のひと マリーとマルグリット」来日記者会見(2015.04.21)

    19世紀末フランスに実在した三重苦の少女マリー・ウルタンと、彼女を教育した修道女マルグリットの実話を映画化した「奇跡のひと マリーとマルグリット」の来日会見が4月21日(火)に行われ、主演のアリアーナ・リヴォアールと、映像コンテンツのバリアフリー制作を行うパラブラ(株)の松田高加子氏が登壇した。自身も聴覚にハンディキャップを抱えるアリアーナは「私は、自分にとっての言語でありアイデンティティである手話でコミュニケーションをとっています。この映画を紹介するために頑張りたいと思います。」と手話で挨拶をした。
  • ネタバレは禁止!

    前田敦子の首をかしげる角度に注目!「イニシエーション・ラブ」完成報告会見(2015.04.20)

    ラスト2行で青春ラブストーリーが驚愕のミステリーへと変貌することから、映像化は不可能と言われてきた乾くるみの累計150万部を超えるベストセラー小説を、堤幸彦監督が映画化した「イニシエーション・ラブ」の完成報告会見が4月20日(月)に行われ、松田翔太、前田敦子、木村文乃、堤幸彦監督が登壇。主演の松田は「台本を読んで、もう本当にダマされました。何度か読み返しましたね。最初は呆気にとられて、全て見透かされているような気持ちになりました。監督の前で言うのも何ですが、本当に面白くて、(主演できて)嬉しい限りです!」と挨拶した。
  • セントラルロードに人気キャラクター集合!

    「新・セントラルロード/新宿東宝ビル」完成記念式典(2015.04.16)

    歌舞伎町のメインゲート「セントラルロード」の新装開通及び複合商業施設「新宿東宝ビル」グランドオープンを祝して4月16日(木)、「新・セントラルロード/新宿東宝ビル」完成記念式典が行われた。誰もが安心安全に楽しめる街に再生しようと官民一体が取り組む「歌舞伎町ルネッサンス」の一環である、歌舞伎町のメインゲート「セントラルロード」の新装開通と、ゴジラヘッドがシンボルの複合商業施設「新宿東宝」が4月17日にグランドオープンする。
  • なんと!馬車です

    優雅に馬車で登場!水谷豊が「相棒」とは違う右京を演じる「王妃の館」完成披露イベント(2015.04.16)

    原作者の直木賞作家・浅田次郎が「映像化は不可能」と語ってきた同名小説を水谷豊主演で映画化した「王妃の館」の完成披露イベントが4月16日(木)に行われた。日本語で“王妃の館”を意味するパリの一流ホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”を舞台としていることから、この日は同ホテルを模した会場に主演の水谷はじめキャスト陣がドレスアップし、“幸運の象徴”でもある馬車に乗って登場。田中麗奈、吹石一恵、安達祐実という美女3名をエスコートした水谷は「3人の女性といっぺんに結婚したような気持ち」と照れながらも「ようこそお越し下さいました!」と挨拶した。
  • 映画が完成し、夢のようです

    天上からたくさんの仲間が見守ってくれて出来た作品「ゆずり葉の頃」完成報告会見(2015.04.16)

    長年、夫の岡本喜八監督作品をプロデューサーとして支えてきた岡本みね子が、岡本監督逝去から10年たち、脚本家をめざしていた頃の旧姓、中みね子として76歳で監督に挑戦した「ゆずり葉の頃」の完成報告会見が、4月16日(木)に行われ、主演の八千草薫をはじめ、仲代達矢、風間トオル、音楽担当の山下洋輔氏、劇中画を担当した宮廻正明氏、中みね子監督が登壇。脚本も務めた中監督は「この映画は、谷口師匠、喜八監督と天上からたくさんの仲間が見守ってくれてできた作品です」と挨拶した。
  • 新しい形の時代劇に期待!!

    東映が人気YouTubeクリエイターを支援!!「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」発表記者会見(2015.04.07)

    グーグル(株)が運営するYouTubeが東映(株)とのパートナーシップのもと実施する、日本国内のYouTubeクリエイター支援プログラム「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」の発表記者会見が4月7日(火)に行われ、東映(株)の竹村寧人氏(京都撮影所長)、高橋剣氏(京都撮影所製作部次長)、グーグル(株)の水野有平氏(YouTubeパートナーシップ日本代表)、デビッド・マクドナルド氏(アジア太平洋YouTubeコンテンツオペレーションズ総括部長)、映画監督の李闘士男氏、そして日本国内で人気のYouTubeクリエイターたちが登壇した。
  • ブラナー監督&リリー・ジェームズ&木下優樹菜

    木下優樹菜のプロポーズ・エピソードにリリー・ジェームズもうっとり!「シンデレラ」来日記者会見(2015.04.07)

    ディズニー・スタジオが総力を結集し、ガラスの靴やカボチャの馬車に代表されるロマンティックなイメージはそのままに、シンデレラの勇気と優しさから生まれる“奇跡の愛”を綴った「シンデレラ」のケネス・ブラナー監督とヒロインのリリー・ジェームズが来日し、記者会見を4月7日(火)に行った。5年前にシンデレラ城の前でプロポーズされた逸話を持つ木下優樹菜もブルーの美しいドレス姿で登場し、「小っちゃかった頃からシンデレラが大好きなので、魔法にかけられたようで胸がいっぱいです」と感動の面持ちで2人と対面した。
  • パワー全開の74歳にタジタジの爆笑問題

    「ゼロの未来」を引っさげテリー・ギリアム監督が来日!爆笑問題とまさに爆笑の三番勝負の結末は?!(2015.03.27)

    「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」に続く近未来映画「ゼロの未来」を手掛けたテリー・ギリアム監督が5年ぶりに来日。3月27日(金)にYEBISU GARDEN CINEMAで、監督の大ファンと公言する爆笑問題の2人も交えてイベントを開催した。「Dr.パルナサスの鏡」以来3度目の再会を果たした3人だが、「この2人はノリが似てる」と田中裕二が言うとおり、終始、太田光とギリアム監督はふざけ合ってばかり。田中が「やめなさい!」と制止するのも聞かずに太田は「監督は相変わらず金の儲け方を知らないし、内容がわかりにくい。どうやって宣伝したらいいのか・・・」と揶揄して先制パンチを食らわせた。
  • 日本食の文化と魅力伝えます

    日本食・食文化の魅力発信プロジェクト!特別ショートフィルム「しゃぶしゃぶスピリット」完成披露会見(2015.03.25)

    アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」が農林水産省とタイアップし、日本食・食文化の魅力を国内外に発信することを目的とした特別ショートフィルム「しゃぶしゃぶスピリット」の完成披露会見が3月25日(水)に行われた。和食文化の魅力を、短い時間にエンタテインメント性が凝縮されたショートフィルムで表現することをコンセプトとしており、Yuki Saito監督は「一つの鍋をみんなでつつき、肉もレア、ミディアム、タレもポン酢や胡麻だれと、いろんな展開が描ける“しゃぶしゃぶ”は面白い素材だと思いました」と明かした。
  • 子どもたちの「ただいま」を聞きたいですね

    戦後70年企画!鈴木京香が7人の息子の母親を演じる「おかあさんの木」クランクアップ報告会見(2015.03.17)

    東映が戦後70年企画として、昭和52年から小学校5年生の教科書に掲載されてきた児童文学者・大川悦生による不朽の名作を、磯村一路監督、鈴木京香主演で映画化する「おかあさんの木」のクランクアップ報告会見が3月17日(火)に行われた。7人の息子たちの母として、激動の時代を生きる主人公・田村ミツを演じた鈴木は、3月10日にクランクアップを迎えたことを報告し、「スタッフ、キャストと共に本当に優しい、素敵な物語を完成させることができました。一人でも多くの方に観て欲しいと思います」と挨拶した。
  • アジア最大級のフィルム・マーケット「香港フィルマート2015」開催説明会(2015.03.13)

    香港貿易発展局主催による「香港フィルマート2015」の説明会が3月12日に行われた。カンヌ国際映画祭のマーケットに次ぎ、アジア最大級のフィルム・マーケットである「香港フィルマート」は、エンターテインメント業界のための見本市で、昨年3月に開催された第18回では、32の国と地域から772社が出展し、50以上の国と地域から6753人が訪れた。世界的なプロデューサー、配給会社、投資家、関係者が、プロモーション、業界のキーパーソンとの人脈作り、そして商談のために活用している。今年も3月23日から26日まで香港コンベンション&エキシビション・センターで開催され、日本からは90社が出展する。(3月12日付 日刊興行通信より)

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10 |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ