ニュース

会見

  • 受賞おめでとうございます!

    これからの社会への願いを込めた作品「PLAN 75」日本外国特派員協会会見(2022.06.08)

    「第75回カンヌ国際映画祭」ある視点部門でカメラドール特別表彰を授与された早川千絵監督作「PLAN 75」の記者会見が日本外国特派員協会で6月7日(火)に行われ、早川監督、水野詠子プロデューサー、出演者のステファニー・アリアンが登壇した。まず、カンヌでの受賞を受けて監督は、「日本、フランス、フィリピン、カタールの合作なので、カンヌでみんなが顔を合わせて上映に立ち会えたということが、何より嬉しかったです」と、コロナ禍での撮影だったこともあり、やっと関係者一同が会し、喜びもひとしおだった様子。
  • 閉ざされた島でミステリーが展開!

    ディーンが岩田の可愛さに母性本能をくすぐられた!「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」完成報告会(2022.05.12)

    世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン・フジオカ演じる誉獅子雄と、岩田剛典演じる若宮潤一が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決していく人気ドラマの映画化「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の完成報告会が5月12日(木)に行われ、ディーン&岩田をはじめとするキャスト9名と西谷弘監督が登壇した。ディーンは「映画館で観た時の圧倒的没入感と、豪華キャストによる一人一人魅力的なキャラクターが生み出す重層的な物語に浸っていただきたい」と熱く挨拶した。
  • シュワッチ!

    樋口真嗣監督が「ネタバレ前に一刻も早く観て」と訴え!「シン・ウルトラマン」完成報告会(2022.05.02)

    ウルトラマン55周年記念作品として、庵野秀明企画・脚本、樋口真嗣監督のタッグで公開される空想特撮映画「シン・ウルトラマン」の完成報告会が5月2日(月)に行われ、主人公の【ウルトラマンになる男・神永新二】を演じた斎藤工をはじめ、長澤まさみ、西島秀俊、樋口真嗣監督が登壇した。今日、初めて完成した作品を観たという斎藤は「3年前に撮影しましたが、ポストプロダクションの偉大さを感じました。仕上げに取り掛かった多くのスタッフに敬意を表したいです」と想像を超える作品となったことを明かした。
  • “好きを極める場”の創出」をコンセプトに開業 「東急歌舞伎町タワー」記者発表会(2022.04.28)

    東急(株)及び(株)東急レクリエーションは、2023年春に開業予定の「東急歌舞伎町タワー」記者発表会を4月26日に開催した。本施設は、ホテル及び映画館・劇場・ライブホールなどのエンタテインメント施設などからなる地上48階・地下5階・塔屋1階、約225メートルという国内最大級の超高層複合施設となる。(4月26日付 日刊興行通信より)
  • 豪華キャストが勢揃い

    山田涼介も念願だった!「鋼の錬金術師 完結編」2部作製作報告イベント(2022.04.21)

    全世界累計8000万部を超える荒川弘によるダークファンタジー漫画を基に、主人公エドとアルの兄弟の物語の最終章を2部作で公開する「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」の製作報告イベントが4月21日(木)に行われ、山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカら12名のキャストと曽利文彦監督が登壇した。主人公のエドワード・エルリックを演じる山田は「念願の完結編を沢山の方々に観ていただきたいです。前作から4年間、『鋼の錬金術師』への思いは途切れることがありませんでした」と達成感に満ちた表情を見せた。
  • 東京オリンピックの表と裏、光と影を映し出します。

    「SIDE:A」と「SIDE:B」の2作連続公開決定!「東京2020オリンピック」製作報告会見(2022.03.24)

    1964年以来となる東京での開催となった夏季オリンピックの表舞台に立つアスリートたちを中心にオリンピック関係者たちを描いた「東京2020オリンピック SIDE:A」の公開日が6月3日、大会関係者、一般市民、ボランティア、医療従事者らの非アスリートたちを描いた「東京2020オリンピック SIDE:B」の公開日が6月24日に決定し、総監督を務めた河�P直美監督が製作報告会見を3月24日(木)に行った。河�P監督は「市川崑監督があの美しい映像美で作り上げられた作品の跡を継いで、2本作らせていただくことになりました」と挨拶した。
  • 6つ子には見えそうにないけど大丈夫!!

    Snow Man が日本中を笑いの渦で包む!「映画 おそ松さん」未完成報告会(2022.03.09)

    赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作にしたTVアニメを、英勉監督が大人気アイドルグループ“Snow Man”主演で実写化する「映画 おそ松さん」の未完成報告会が3月9日(水)に行われ、Snow Manのメンバー9人と、共演の高橋ひかる、前川泰之、桜田ひよりが登壇した。公開が2週間後に迫っているものの、未だ編集作業中ということだが、「本読みだけで人生で一番笑った!」(岩本)、「映画館から笑顔で帰れる作品になっていると思う」(深澤)、「撮影で大変だったのは笑いを堪えること」(ラウール)などSnow Manの面々が作品の楽しさをアピールした。
  • 東映2022年ラインナップ発表、手塚社長は「創立以来最高興収目指す」(2022.02.08)

    東映(株)は、2022年ラインナップ発表を2月3日に行い、各作品プロデューサーが登壇し、それぞれ作品の魅力や作品への思いを明かした。また、紀伊宗之プロデューサーからは、清水崇監督の「村シリーズ」とは角度を変えたホラー映画「恐怖の新シリーズ」を製作することも発表された。(2月4日付 日刊興行通信より)
  • どんな作品が出来上がるのでしょうか?

    堤幸彦×本広克行×佐藤祐市がタッグを組む「SUPER SAPIENSS」プロジェクト発表会(2022.01.20)

    「TRICK」の堤幸彦監督、「踊る大捜査線」の本広克行監督、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督による新たなコンテンツ制作プロジェクト「SUPER SAPIENSS」の発表会が1月19日(水)に行われた。昨年、豊橋映画祭のスペシャルトークで一堂に会した3監督が、「自分たちは本当に作りたいものを作れているのか?」という問いかけから、ファンと一緒に作る超インディペンデントプロジェクトとして、設定、切り口、キャラクターなど原作を一から生み出し、映像化に至る全プロセスを一気通貫で挑む。また、FiNANCiEの「トークン発行」と「共創コミュニティ」を活用した「エンタメDAO」にもチャレンジする。
  • “扉”から出てきた上白石&森と一緒に

    「映画館で観たいと思える作品に!」新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」製作発表会見(2021.12.16)

    2016年の「君の名は。」、2019年の「天気の子」に続く新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」の製作発表会見が12月15日(水)に行われ、新海監督と共に歴代ヒロインの上白石萌音、森七菜も駆けつけた。新海監督はベールに包まれている新作のキーワードを、(1)日本各地を巡るロードムービー、(2)扉を開くのではなく、閉じていく物語、(3)映画館に足を運ぶ理由となる作品、と3点挙げ、一足先にVコンテ(動画の絵コンテ)を観たという上白石と森は作品への期待感などについて語った。
  • 今回は誰が犯人かな?

    原田知世&田中圭が再びの夫婦で連続殺人事件の謎に迫る!「あなたの番です 劇場版」完成報告会(2021.11.23)

    2019年4月から9月まで日本テレビ系列で放送され、2クールに渡る怒涛の衝撃展開で話題を呼んだ連続ドラマの映画化「あなたの番です 劇場版」の完成報告会が“いい夫婦の日”である11月22日(月)に行われ、W主演の原田知世、田中圭をはじめ、西野七瀬、横浜流星ら総勢12名のキャストと佐久間紀佳監督が登壇した。ネタバレ厳禁ということで、キャストそれぞれが慎重に言葉を選ぶ中、皆川猿時は「犯人言いましょうか?」と煽り、スタッフの顔色を伺いつつのギリギリトークを繰り広げた。
  • 今日の仲さんはシンプルバージョン!?

    仲里依紗の裸にエプロン姿を生田斗真も大絶賛!「土竜の唄 FINAL」完成報告会(2021.11.11)

    シリーズ累計発行部数950万突破の大ヒットコミックスを映画化したシリーズ第3弾「土竜の唄 FINAL」の完成報告会が11月11日(木)に行われ、主演の生田斗真をはじめ、鈴木亮平、菜々緒、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一、三池崇史監督が登壇した。シリーズを通して身体を張った演技を見せてきた生田は「FINALとして最高傑作が出来ました!まじでコレが最後だかんね。多分ね。自信を持ってお届けします!」と息巻き、三池監督も「パワーをぐーっと充電してもらえる作品なので是非、劇場に足を運んでください!」と挨拶した。
  • 4人に一波乱があるようです。

    内野聖陽の渾身のラブラブ写真にダメ出し!?「劇場版 きのう何食べた?」完成報告会(2021.10.06)

    累計発行部数815万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画を、連続ドラマ化に続き映画化した「劇場版 きのう何食べた?」の完成報告会が10月6日(水)に行われ、W主演を務める西島秀俊、内野聖陽をはじめ、山本耕史、磯村勇斗、松村北斗(SixTONES)、中江和仁監督が登壇した。西島は「撮影以来、こうやって皆でまた集まれて嬉しい」と笑顔を見せ、内野も「ひっそりとゲイのカップルをやっていたつもりが、こんな華やかな映画になって感無量です。ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです」と挨拶した。
  • 会見タイトルは「仮面ライダー対ショッカー」等にオマージュ

    仮面ライダーに池松壮亮、ヒロインに浜辺美波が決定!「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見(2021.09.30)

    総監督を務めた最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が興収102.3億円を記録した庵野秀明が、「仮面ライダー」放送50周年記念作品として脚本・監督を務める映画「シン・仮面ライダー」と、10月1日(金)から12月19日(日)まで開催される世界初の展覧会「庵野秀明展」の合同記者会見が9月30日(木)、展覧会の会場となる国立新美術館で行われた。庵野監督と共に、本郷猛/仮面ライダーを演じる池松壮亮と、ヒロインの緑川ルリ子を演じる浜辺美波が登壇し、プロモーション映像A及びBと仮面ライダーのマシン「サイクロン号」も初披露された。
  • 本当にこれでダニエル版ボンドとはお別れなんですね。

    「十分にボンド役やり切った!」ダニエル・クレイグら「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のバーチャルイベントに登場(2021.09.28)

    前作「007/スペクター」から6年の時を経て遂に公開されるシリーズ25作目「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のバーチャルイベントが9月27日(月)に行われ、ロンドンからスペシャルゲストとして、主演のダニエル・クレイグをはじめ、ラミ・マレック、レア・セドゥ、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が参加し、東京の会場には“日本芸能界における熱烈な007ファン”代表として片岡愛之助と前田敦子が駆けつけた。

« 前の15件 |  1  | 2 |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ