ニュース

会見

  • キャスト陣が浴衣姿で勢ぞろい

    「夢売るふたり」浴衣姿で大ヒット&縁結び祈願(2012.08.27)

    火事ですべてを失い、自分たちの店を持つという夢のために、必要なお金を得ようと夫婦で結婚詐欺を行う、衝撃のラブストーリー「夢売るふたり」の大ヒット&縁結び祈願が神田明神で8月27日(月)に行われ、主演の松たか子と阿部サダヲをはじめ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、西川美和監督が浴衣姿で登場した。
  • 「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン」来年開催!(2012.08.24)

    2013年に13回目を迎える「ビバリーヒルズ映画祭(以下、BHFF)」を通じ、日本の若手映画監督をアメリカ市場へと送り込むべく、新たに日本部門として「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン(以下、BHFFジャパン)」が新設されることが決定し、8月24日、BHFFジャパンCEOを務める大和田廣樹(株)ドリームキッド代表取締役社長、BHFFジャパン・チェアマンのフレデリコ・ラペンダ、BHFFファウンダー/フェスティバル・ディレクターのニノ・シモーヌが記者会見を行った。
  • 藤原竜也と豊田監督

    「I’M FLASH!」の豊田監督&藤原竜也が外国人記者の質問に堂々回答(2012.08.21)

    「青い春」「ナイン・ソウルズ」「空中庭園」などの豊田利晃監督が“宗教”をテーマにした新作「I’M FLASH!」の記者会見が8月20日(月)に行われ、豊田監督と主演の藤原竜也が登壇した。この日は外国人記者クラブ主催により英語字幕付きの上映と会見が行われ、時折笑いに包まれる会場の中で、両者が作品に対する熱い思いを語った。
  • 阿部寛と村上ショージ、名コンビぶりが炸裂

    阿部寛、主演映画「カラスの親指」の完成披露会見で、村上ショージを一刀両断!(2012.08.16)

    直木賞作家・道尾秀介の本格ミステリー初の映画化「カラスの親指」の完成披露会見が8月16日(木)に行われ、主人公のサギを生業とする凸凹コンビ、タケとテツを演じた阿部寛と村上ショージ、原作者の道尾秀介が登壇。村上は阿部に対し「撮影中、『この人むっちゃかっこいいなぁ』『こういう人とコンビ組んだら楽しんだろうなぁ』と思っていました」と明かし、「これからもずっとタケ&テツとして歩んでいきたい」と何度もコンビ結成を懇願するも、阿部は「自信ないです」「お断りします」とあっさりと交わし、劇中同様に息のあったコンビぶりを見せた。
  • 舘ひろし「アイドル目指します!」

    舘ひろしが関ジャニ∞・村上にスリッパで叩かれまくる!「エイトレンジャー」完成会見(2012.07.08)

    人気グループ・関ジャニ∞が6月8日、初の主演映画となる『エイトレンジャー』の完成会見に共演の舘ひろし、堤幸彦監督と共に出席。メンバーからは、伝説のヒーローを演じた舘に対し、「スリッパで叩きまくった」(村上信五)、「これでもかっていうくらいイジリ倒した」(大倉忠義)など、撮影中の仰天エピソードが語られた。
  • 日米人気キャラが勢揃い!

    有楽町にスパイダーマン、仮面ライダーフォーゼが登場!「夏は映画だ!キャンペーン」イベント開催(2012.06.30)

    「映画館に行こう!」実行委員会による「夏は映画だ!キャンペーン」のキックオフイベントが6月30日(土)に有楽町マリオン大時計下広場で行われ、スパイダーマンや仮面ライダーフォーゼなど、日米映画会社の垣根を飛び越えて集結した人気キャラクターたちが、キャンペーンの公式パンフレットを道行く人々に配布し、イベントを盛り上げた。
  • 神山健治監督

    日本のアニメはハリウッド超大作にも匹敵する!「009 RE:CYBORG」神山監督がプレゼン(2012.06.27)

    石ノ森章太郎原作のSF漫画「サイボーグ009」、この未完の大作を「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズ、「東のエデン」の神山健治監督が2013年の現代を舞台に生まれ変わらせ、オリジナルストーリーでアニメーション映画化した「009 RE:CYBORG」のプレゼンテーションが6月27日(水)に行われた。かつて世界を数々の危機から救った9人の00ナンバーサイボーグたちは、その役目を終え、各々の国へと戻っていたが、世界で勃発した同時多発爆破事件をきっかけに、生みの親であるギルモア博士によって集められる。
  • 佐々木興業(株) 佐々木伸一代表取締役社長

    シネマサンシャイン平和島に日本初音響システム「imm 3D sound」導入!(2012.06.27)

    6月30日からシネマサンシャイン平和島に導入する日本初となる音響システム「imm 3D sound」シアターの内覧会が6月27日に行われた。同劇場を運営する佐々木興業(株)の佐々木伸一代代表取締役社長は「『imm 3D sound』は、天井にまでサラウンドスピーカーを配した世界最強の音響システムです。その他にもウォール・トゥー・ウォールのスクリーン、新規導入しましたストレスなくご鑑賞いただける軽量の3Dメガネ、ソフトレザーシート等、まさにプレミアムにふさわしい鑑賞体験をしていただける劇場ができたと自負しております」と自信をみせた。
  • 見崎さんの後には・・・

    ホラー映画の現場で怪奇現象!とはならなかった?「アナザー Another」完成報告会見(2012.06.27)

    「十角館の殺人」「暗黒館の殺人」などの「館」シリーズや、「緋色の囁き」「黄昏の囁き」など「囁き」シリーズを生み出してきたミステリー作家・綾辻行人が2009年に発表した学園ホラーの映画化「アナザー Another」の完成報告会見が6月27日(水)にニコファーレで行われた。古澤健監督、山崎賢人、橋本愛らキャスト陣と共に、物語の鍵を握る眼帯をした謎の美少女・見崎鳴も登場すると、その背後にはホラー映画の先輩“貞子”も姿を現した。
  • (左から)アチョンド代表、ドンゼッリ監督、フェネール監督

    20回目のアニバーサリー「フランス映画祭」開催!女性監督の活躍に注目!(2012.06.21)

    6月21日(木)から24日(日)まで有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇で開催される「20th アニバーサリー フランス映画祭」の記者会見とオープニングセレモニーが、初日である6月21日(木)にメイン会場である有楽町朝日ホールで行われた。今回は映画祭の名称にもあるとおり、20回目の記念すべき年。オープニング作品には、昨年フランスで第1位の興行成績を記録した感動作『最強のふたり』が上映され、長編11本、短編1プログラム(6本)の話題作が連日上映される。
  • おおかみこどもと細田監督

    全国350スクリーンで公開決定!海外でも34の国と地域で公開「おおかみこどもの雨と雪」完成報告会見(2012.06.18)

    「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」の完成報告会見が6月18日(月)に行われ、細田監督と、奥田誠治エグゼクティブプロデューサーが登壇。昨年12月の製作発表では、声優キャストが発表されていなかったが、豪華キャスト陣が決定。結婚、出産、子育てを通じて女性として成長する主人公の花に宮崎あおい、数奇な運命を受け入れ、花と子供たちを優しく見守る“おおかみおとこ”に大沢たかお、この他、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原文太らが参加している。
  • (左から) 前田敦子、森山未來、高良健吾、山下敦弘監督

    森山未來、三畳一間で酒とタバコに入り浸り!「苦役列車」完成会見(2012.06.18)

    映画『苦役列車』の完成披露会見が6月14日に行なわれ、主演の森山未來をはじめ、高良健吾、前田敦子(AKB48)、山下敦弘監督が出席。森山は撮影中、役作りのために、新宿にある三畳一間(風呂ナシ・トイレ共同)の民宿に泊まり、酒とタバコに入り浸る日々を過ごしたことを明かした。
  • 同日夜にはワールドプレミアにも出席!

    世界最速公開に先がけ「アメイジング・スパイダーマン」のキャスト・スタッフが来日!(2012.06.13)

    2012年6月30日より全国公開、さらに6月23日、24日には世界最速となる3D先行上映が決定している「アメイジング・スパイダーマン」の来日記者会見が6月13日に行なわれた。1月にも同作品PRのため来日した主演のアンドリュー・ガーフィールドとヒロインのエマ・ストーンが、敵役を演じたリース・イーヴァンズ、マーク・ウェブ監督、プロデューサーのマット・トルマック、アヴィ・アラドと共に再び来日。アンドリューは「コンニチワ」と日本語で挨拶し、エマも「世界中どこよりも早く公開されるということで、ぜひ映画を楽しんで欲しい!」とPRした。
  • 劇場版ならではの迫力とスケールに、監督・キャスト陣も自信満々!

    夏の風物詩!2大ヒーロー祭「仮面ライダーフォーゼ」「特命戦隊ゴーバスターズ」製作会見(2012.06.11)

    夏の風物詩とも言える「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の劇場版シリーズ最新作「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙 キターッ!」「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」の製作会見が6月11日に行われ、主要キャストが一堂に会した。
  • 監督「ピース!」若いですね

    大物の予感!?期待の若手監督&新人女優による「バルーンリレー」公開直前会見(2012.06.07)

    「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012」の記者発表会に続いて、デジタルシネマ製作支援プログラム〈D‐MAP〉の第3弾作品「バルーンリレー」の公開直前会見が6月7日(木)に行われた。本作は、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザとユナイテッド・シネマが協業で推進するデジタルシネマ製作支援プログラム〈D‐MAP〉による作品で、2008年の「ソロコンテスト」、2009年の「ネムリバ」に続く劇場公開作品となる。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  | 24 |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ