ニュース

会見

  • 恋のおわり&恋のはじまりの2人のイケメンに囲まれて

    鈴木伸之からのネックレス“ハグつけ”に桐谷美玲がドキドキ!「リベンジgirl」クランクアップ会見(2017.11.09)

    「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」を大ヒットに導いた三木康一郎監督が、興収24.3億円を突破した「ヒロイン失格」で女優魂を見せた桐谷美玲を主演に迎えた「リベンジgirl」のクランクアップ会見が11月9日(木)に行われた。本作は世界的人気高級ジュエラー「ブルガリ」と史上初のコラボレーションを行っていることから、この日もブルガリ銀座タワーに主演の桐谷をはじめ、鈴木伸之、清原翔が登壇。桐谷は「性格ブス、性格ブス!と言われる役ですが、自分に無いものを出しながら一生懸命演じました!」と明るく挨拶した。
  • この他、山崎組常連さんも出演してます

    堺雅人が高畑充希の手を握りたかったのに・・・と後悔!「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見(2017.11.07)

    シリーズ3作品で総興収112億円のヒットを樹立した「ALWAYS 三丁目の夕日」の製作チームが再集結した「DESTINY 鎌倉ものがたり」の完成披露会見が11月7日(火)に行われ、主演の堺雅人をはじめ、ヒロインの高畑充希、共演の堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、そして山崎貴監督が登壇した。山崎組は初参加となる堺は「老若男女楽しめる作品。奇想天外な冒険ファンタジーという大作ではありますが、中心には夫婦の小さな関係や妻を恋しく思う気持ちが描かれているところが素敵で、そのギャップが面白いと思いました」と笑顔で明かした。
  • 松坂慶子を中心に日中の政府・映画関係者が登壇

    日中国交正常化45周年記念事業として様々な事業を展開!「日中映画交流の新たな展開」記者会見(2017.10.26)

    日中国交正常化45周年を記念し、「映画を通じた日中交流事業」に関する記者発表が10月26日(木)、東京国際映画祭開催中の六本木で行われた。国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭事務局)と共同で、本年12月に中国3都市で日本映画上映会、来年3月に日本3都市で中国映画祭を行い、それぞれの国の映画を通じた交流事業を執り行う。
  • デッカードは30年間何をしていたのでしょう?

    ハリソン・フォードが再びデッカードを演じる!「ブレードランナー 2049」来日記者会見(2017.10.23)

    1982年に公開されたリドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編として、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が新たにメガホンをとった「ブレードランナー 2049」の来日記者会見が10月23日(月)に行われ、ヴィルヌーヴ監督をはじめ、前作に引き続き“ブレードランナー”のデッカードを演じたハリソン・フォード、そしてシルヴィア・フークス、アナ・デ・アルマスが登壇した。ハリソンは「台風が去ってくれて良かったよ」と安堵して見せ、「最初の『ブレードランナー』も日本でとても反響が良かったことを覚えているので、また皆さんに楽しんでいただけることを祈っているよ」と挨拶した。
  • 心優しい國村の笑顔が好きなダルカンタラ監督

    國村隼の子どものような笑顔が好き!「KOKORO」ヴァンニャ・ダルカンタラ監督来日記者会見(2017.10.19)

    ベルギー、フランス、カナダ合作映画「KOKORO」のヴァンニャ・ダルカンタラ監督が来日し、10月19日にベルギー王国大使館で出演の國村隼と共に記者会見を行った。数々の作品で名バイプレイヤーとして活躍し、「哭声/コクソン」「追捕 MANHUNT(原題)」など相次いで海外作品にも起用されている國村だが、「映画の会見を大使館でやるというのは初めての経験なので、少し緊張しています」と挨拶し、ダルカンタラ監督は「この作品のホームタウンとも言える日本に作品を携えて帰還できたことを嬉しく思います。日本の皆さんに披露して、どういう反応がいただけるのかを楽しみにしています」と挨拶した。
  • 左から市山尚三プログラム・ディレクター、原一男監督、園子温監督、林加奈子ディレクター

    特別招待作品に選出された原一男監督&園子温監督も登壇!「第18回東京フィルメックス」ラインナップ発表会見(2017.10.05)

    11月18日から26日まで有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される「第18回東京フィルメックス」のラインナップ発表会見が10月5日(木)に行われ、特別招待作品「ニッポン国VS泉南石綿村」の監督であり、今年のコンペティション部門審査委員長を務める原一男監督と、「東京ヴァンパイアホテル 映画版」が上映される園子温監督も登壇。なお、オープニング作品はシルヴィア・チャン監督・主演最新作で釜山国際映画祭のクロージング作品にも選出されている「相愛相親」に決定し、クロージング作品は昨年7月に逝去したイランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督の野心的遺作「24フレーム」に決定した。
  • 左から安藤プログラミングアドバイザー、河瀬監督、久松フェスティバルディレクター

    第30回東京国際映画祭 Japan Now 部門で「光」を上映!河瀬直美監督記者会見(2017.10.03)

    10月25日から開幕する「第30回東京国際映画祭」の「Japan Now」部門で、「光」が上映される河瀬直美監督が10月3日(火)に日本外国特派員協会で記者会見を行った。安藤紘平プログラミングアドバイザーは「これまでの監督特集に代わって『銀幕のミューズたち』と題し、今の日本映画を代表する安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおい、4人の女優にスポットを当て、そのターニングポイントとなった作品や代表作を上映します。また、今の日本映画のBEST7と言える7作品の内の1本である河瀬監督の『光』は、消えていくことの美学や映画表現の本質を描いていると言えます」と紹介した。
  • 「ゴジラ」の大ファンです!

    「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」VFX担当者が来日!プレゼンテーション&スペシャルトークショー開催(2017.09.27)

    「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世記(ライジング)」に続く最終章「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」でVFXスーパーバイザーを務めたWETAデジタルのダン・レモン氏が来日。9月26日(火)にプレゼンテーションを実施し、「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督、同じく「シン・ゴジラ」でVFXスーパーバイザー&編集を担当した佐藤敦紀氏を迎えてスペシャルトークショーも開催した。
  • 右から瀬々監督、森口、佐々木、山田、大九監督、原監督

    原恵一監督は“怒り”を原動力に作品を作っていた?!「第30回東京国際映画祭」ラインナップ発表会(2017.09.26)

    10月25日(水)から11月3日(金・祝)まで開催される「第30回東京国際映画祭」のラインナップ発表会が9月26日(火)に行われた。コンペティション部門15作品をはじめ全上映作品が発表され、オープニング作品は山田涼介主演「鋼の錬金術師」、オープニングスペシャルはチェン・カイコー監督による日中合作「空海―KU-KAI―」、クロージング作品は元米国副大統領アル・ゴア氏が出演する「不都合な真実2:放置された地球」に決定。ゲストとしてコンペティション部門に選出された「最低。」から瀬々敬久監督、出演の森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、「勝手にふるえてろ」から大九明子監督、アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」から原恵一監督も登壇した。
  • 美しく美味しそうな料理が沢山出てきます!

    二宮和也はオスカーじゃなく、ミシュランの星が欲しい?!「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」完成報告会見(2017.09.25)

    「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督が、主演に二宮和也を迎え、伝説のTV番組「料理の鉄人」を手掛けた田中経一による小説「麒麟の舌を持つ男」を映画化した「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」の完成報告会見が9月25日(月)に行われ、二宮をはじめ、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、そして滝田監督が登壇した。二宮は「すごく時間の使い方や撮影方法が贅沢な映画で、次の日の撮影のことを考えて、自分なりに思ったことを提案できる現場は初めてでした。本当に空気の流れがいい現場で、その空気感を感じられる、心があったかくなる映画を体感していただきたい」と熱く語った。
  • ノーラン監督のサプライズに感激!

    C・ノーラン監督の大ファン、岩田剛典がサイン本贈られ感激!「ダンケルク」来日記者会見(2017.08.24)

    「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話を基に史上最大の救出作戦とされる「ダイナモ作戦」を描いた「ダンケルク」の来日記者会見が8月24日(木)に行われた。ノーラン監督の大ファンという岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)も駆け付け、「実話に基づく話ということで、ノーランっぽくない感じかなと思って観たら、始まって5秒くらいで戦場に連れて行かれて、あたかも自分がそこに居るような、VR体験のような感じでした。ずっとチクタク、チクタク鳴っているのも印象的で、最後に・・・あっ!ネタバレになっちゃいますね」と一気に熱い想いを語り出し、監督を驚かせていた。
  • 実在の人物を初めて描きました

    阪本順治監督がチェ・ゲバラと共に戦った日系人の姿を描く日本・キューバ合作「エルネスト」日本記者クラブ会見(2017.08.23)

    キューバ革命の英雄であるエルネスト・チェ・ゲバラの“意志”を継いだ実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を日本・キューバ合作で描いた「エルネスト」の阪本順治監督が日本記者クラブでの試写会を前に8月23日(水)、記者会見を行った。阪本監督は本作の主人公に据えたフレディ前村ウルタードについて「ゲリラとして戦っていた戦士というよりも、名も無き医学生が、どういうキャンパスライフを経て、ゲバラと共に戦うことになったのか、恋愛も含めて学生生活を中心に描こうと思いました」と明かした。
  • 「じんじん〜其の二〜」サミット&会見実施(2017.08.22)

    9月2日から全国で順次公開される「じんじん〜其の二〜」(パイプライン配給)は、前作「じんじん」のロケ地・剣淵町(北海道)と本作のロケ地・秦野市(神奈川県)の両首長を迎え、映画を通じた地域の魅力発見やまちづくりについて意見交換する「じんじんサミット」と共同記者会見、じんじんの木記念植樹を、8月17日に足利公園で行った。(8月20日付 日刊興行通信より)
  • 国連UNHCR難民映画祭2017

    アキ・カウリスマキ監督最新作など13作品無料上映!「国連UNHCR難民映画祭2017」記者会見(2017.08.02)

    9月30日の東京・スパイラルホールを皮切りに、11月まで札幌、名古屋、大阪、福岡、広島の全国6都市で開催される「国連UNHCR難民映画祭2017」の記者会見が8月1日(火)に行われた。12回目となる今年は、多くの映画祭で受賞歴のあるアキ・カウリスマキ監督の日本初上映作品「希望のかなた」や、シリアを逃れ難民となった7人の子どもたちを4Kカメラで撮影し、プレ上映会も会見後に行われた「シリアに生まれて」など多彩な13作品をラインナップしている。さらに、監督や著名人、実際に難民問題解決に取り組む人々を招いたトークイベントも開催する。
  • 公開まであと1か月・・・完成が楽しみですね!

    完成報告のはずが・・・!?「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作報告会見(2017.07.11)

    昨年、「君の名は。」をスマッシュヒットへ導いた川村元気プロデューサーが、原作・岩井俊二(「Love Letter」「リップヴァンウィンクルの花嫁」)、脚本・大根仁(「モテキ」「バクマン。」)、総監督・新房昭之(「化物語」「魔法少女まどか☆マギカ」)を集結させ、岩井監督の傑作短編ドラマをアニメーション映画化した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の製作報告会見が7月11日(火)に行われた。母親の再婚を機に転校することとなり、夏休みのある日、クラスメイトとの“かけおち”を企てる主人公なずなの声を担当した広瀬すずをはじめ、菅田将暉、宮野真守、松たか子、そして岩井監督、川村プロデューサーが登壇した。

« 前の15件 |  1  |  2  | 3 |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  | 次の15件 »

バックナンバー

ページのトップへ